31.07.11

2011 Rd.11 F1 ハンガリーGP

hungp_11_fin_jb.jpg

2011 F1世界選手権第11戦ハンガリーGP。
小雨の降る中スタートした決勝レース。
路面は徐々に乾いていき、最後までドライかと思いきや、終盤雨が落ちてきたりもする難しいコンディション。
そんな雨がらみのレースにやたらと強いのがジェンソン・バトン。
自身200戦目のメモリアルレース、そして自身初優勝の地で、今シーズン2勝目。

2位にはベッテル、3位にはアロンソが表彰台。

タイヤ戦略が噛み合なかったハミルトン、ウェバーが4位、5位。
6位マッサ、7位ディ・レスタ、8位ブエミ、9位ロズベルグ、10位アルグエルスアリで、ここまでが入賞。

ディ・レスタは自己最高位フィニッシュ。
小林可夢偉は一時7位を走行していたものの、終盤にスーパーソフトタイヤでピットインを引っ張り過ぎたのが失敗、次々と抜かれて結局11位フィニッシュ。
中段グループの争いも熾烈。

雨のおかげもあって、抜けないハンガリーでも色々なところでバトルが見られ、なかなか見所十分だったハンガリーGP。
DRSがあってもやっぱり抜きにくいようで、遅いクルマを先頭にしての渋滞も見られたりしたのは今シーズンではちょっと珍しい光景だった。

本当にこんなコンディションになるとキッチリ勝ってしまうバトン。
ドライビングもそうだけど、戦略もしっかり機能するのは滑りやすい路面でのタイヤの使い方も上手いんだろうなぁ。

これでF1はしばらくの夏休み。
次戦ベルギーGPは1ヶ月ほど後の8月28日決勝。
次のグランプリは待ち遠しいレースになりそうだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1575

コメントする