09.07.11

2011 Rd.9 F1 イギリスGP 予選

brigp_11_q_mw.jpg

2011 F1世界選手権第9戦イギリスGP予選。
今年のシルバーストンはここまでずっと雨がらみ。

予選セッションでもQ1、Q3で通り雨。
大波乱とはいかないまでも、難しいコンディションで、やっぱり波乱の展開。

Q3では最後に雨が降ったため、後半は皆アタックを諦めてしまったけれど、1回のアタックで1分30秒399をマークしたウェバーがポールポジションを獲得。
2番手もベッテルで、レッドブルが1-2。

3番手にはアロンソで、ウェバーからは0.117秒差とかなり僅差。

レッドブルが得意とするはずのシルバーストンでフェラーリがここまで詰め寄れたのは、やっぱりエキゾーストブローが規制された影響がかなりありそう。

4番手にはマッサで、2列目はフェラーリ。

5番手バトン、6番手にはディ・レスタが母国レースで好グリッド。
7番手マルドナドも今回速さを見せていて、その後ろ、8番手が小林可夢偉。
9番手、10番手は雨で2回めのアタックを断念したロズベルグとハミルトンで、ここまでが予選トップ10。

今回苦戦するだろうと思ってたフェラーリが、2-3番手とかなり良いグリッドを獲得。
エキゾーストブロー規制の影響もあるだろうけれど、フェラーリも速くなってきてるのかな。
レースでもレッドブルに迫り、なんとか今シーズン初優勝を期待。

小林可夢偉も今シーズンベストグリッドの8番手。
後ろからハミルトンが飛んできそうなのが怖いけれど、相性が良さそうなここシルバーストンで、こちらも今シーズンベストの結果を期待。

決勝レースは明日。
雨、降るかなぁ・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1553

コメントする