08.07.11

2011 Rd.9 F1 イギリスGP 金曜フリー走行

silverstone_circuit.jpg

2011 F1世界選手権第9戦イギリスGP、金曜日フリー走行。
最初のセッションからイギリスらしく、雨が降ったり止んだりの難しいコンディション。

1回目の走行ではレッドブルのウェバーがトップタイム。
2回めの走行は雨が強く、1回目よりもタイムは伸びなかったけれど、マッサがトップタイム。

今回からエキゾーストブローが規制され、減速時も排ガスを利用して得ていたダウンフォースが大幅に削減されているハズなんだけど、それでも相変わらずレッドブルは速そう。
ベッテルが全くタイム出せていないのがちょっと気にはなるけれど。

それに対して、タイムを見る限りだとルノーあたりは大きく影響を受けているかも。
ペトロフもハイドフェルドもあまり速いところを見れていない。

まぁ、でも、こんなコンディションなので、タイムはほとんどあてにならなさそう。
走ったタイミングでの路面状況次第でベストタイムが全然変わってしまうような状況。

1回目のフリー走行では大きなクラッシュでクルマを壊してしまった小林可夢偉も、2回目までにしっかり直して、その2回目のセッションでは3番手タイムなので大きな問題は無いかな。

新しいピットエリアが出来、スタート位置が変わったので見ていてちょこっと違和感ある今回のイギリスGP。
明日は3回目のフリー走行と予選。
天気がどうにも不安定だけど、予選はどうなるのかな?
ドライの路面でマゴッツからの高速S字を駆け抜けるF1マシンをしっかり見たいような気もするけれど。

雨の予選になったらまたちょっと荒れた展開になりそうだなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1552

コメントする