27.08.11

2011 Rd.12 F1 ベルギーGP 予選

belgp_11_q_sv.jpg

2011 F1世界選手権第12戦ベルギーGP。
スパ・フランコルシャンを舞台に行われた予選。

今日のスパは、もういかにもスパな雨が降ったり止んだりの難しいコンディション。

予選直前に雨が降り始め、Q1では徐々に乾いていきつつセッション終盤にまた雨。
Q2も雨が降ったり止んだりな中、残り7分というところでスーティルがクラッシュで赤旗中断。
再開されたセッションでは路面はどんどん乾いていき、後にアタックすればするほど好タイムをマーク出来るというような状況。
Q3になって、ようやくタイヤもインターミディエイトからドライに変わって、乾いていく路面の中どんどんタイムも更新。

そんな本当にタイムアタックのタイミング次第でタイムが大きく変わる難しい予選を制したのはS.ベッテル。
今季9回目のポール獲得。

2番手はフロントウィングを路面に擦り付けるようなハードブレーキングで、ギリギリのアタックを見せたハミルトン。
3番手にウェバー。

4番手はアロンソより前のポジションを獲得、マッサ。
5番手ロズベルグ、6番手は予選今シーズン最高位でアルグエルスアリ。
7番手はハイドフェルドに代わってルノーをドライブするB.セナで、こちらも自己最高グリッド。
8番手アロンソ、9番手ペレス、10番手ペトロフという予選トップ10。

小林可夢偉はQ2で脱落し12番手。

フリー走行の好タイムから、今回は活躍が期待されたシューマッハは予選Q1開始早々クラッシュ。
どうもトラブルでタイヤが外れたっぽいけれど、久しぶりにスパで活躍するシューマッハを見たかっただけにかなり残念。
・・・でも、決勝で雨絡みになったら、後ろから追い上げていくシューマッハを見るのも面白いかも。

ただ、今のところ明日の決勝の天気予報は晴れ。
スパ・フランコルシャンだけに、そんな晴れの予報なんて全くあてにならない感はあるけれど、小林可夢偉はドライコンディションに焦点を合わせたセッティングとの事なので、そうなったらまたここでも後方から順位を上げていくレースを期待出来るハズ。

決勝レースは明日日曜日、日本時間で21時から。
今から天気も気になるけれど、スパだけに明日も面白いレースになりそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1602

コメントする