29.10.11

2011 Rd.17 F1 インドGP 予選

indgp_q_11_sv.jpg

2011 F1世界選手権第17戦インドGP。
初開催の予選でポールポジションを獲得したのは、すでにチャンピオンを決めているS.ベッテル。

2番手タイムはL.ハミルトン。
ただし、フリー走行でのペナルティで3グリッド降格が決まっているのが悔しいところ。

3番手がウェバーだったので、繰り上がりでレッドブルが結果的にはフロントロウ独占。
ウェバーのチャンピオンシップ2位をサポートするとベッテルは言っているので、ベッテル1位、ウェバー2位で、レース終盤になった時にチームオーダーが出るのか気になるところ。
ただ、ウェバーは今シーズンスタートで出遅れる事が多いので、そうすんなりともいかないような気もする。

4番手アロンソ、5番手バトン。
6番手にはQ3最後にクラッシュでセッションを終えたマッサ。

ロズベルグが7番手で、以下、Q3でタイムを出していない3人はスーティル、ブエミ、アルグエルスアリの順。
ここまでが予選トップ10。

小林可夢偉は残念ながらQ1で脱落18番手。

母国レースのカーティケヤンは22番手。

初開催だけに予想出来ない部分も多いインドGP。
予選タイムは多くのチームが予想していたものよりだいぶ速かったようだし、決勝での戦略なども想定通りにはいかないかもしれない。

ブッダ・インターナショナル・サーキット、レイアウトもなかなか面白く、オーバーテイクも期待出来そうなので、明日のレースが今から楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1668

コメントする