18.10.11

Photo : 2011 F1 Japanese Grand Prix - FP3 - vol.2

suzuka_f1_2011_sp_sv_01.jpg

昨日の続きで、2011 F1日本GPの写真。
もう少し土曜日のフリー走行から。

小林可夢偉に並ぶ、もう1人の鈴鹿の主役はやっぱりベッテル。

最速マシン、RB7を駆り、颯爽と鈴鹿を駆け抜ける姿はホントに見惚れてしまうぐらい。

このフリー走行でのタイムは3番手。

suzuka_f1_2011_sp_mw_01.jpg

レッドブルもう1台はM.ウェバー。

ピレリタイヤの扱いに苦労して、今シーズンは未勝利。
どうもベッテルに置いてかれてる感がある。

このセッションでは5番手タイム。

ちょっとカーナンバー2が似合うようになってきてしまったかも。

suzuka_f1_2011_sp_ms_01.jpg

やっぱり鈴鹿は得意なのか、このセッションでも7番手で、なかなか良い走りをしていたM.シューマッハ。

ロズベルグを上回ってもいたし、悪くない感じ。

メルセデスGP、ドライバーのヘルメットの色とオンボードカメラの塗り分けの色が揃っていて、判別しやすいのが結構良い。

鈴鹿では震災の事もあって、特別な日の丸仕様のヘルメットも多かったし、そういうところでドライバーを見分けやすいのは有り難かったかも。

suzuka_f1_2011_sp_nr_01.jpg

こっちがロズベルグ。
黄色いオンボードカメラに、黄色いヘルメット。
よく見ると、グローブもちゃんと色が揃ってるみたい。

このセッションではシューマッハに続く8番手タイム。

鈴鹿ではシューマッハよりちょっと印象薄かったかも。

suzuka_f1_2011_sp_as_01.jpg

このフリー走行では10番手タイムだった、A.スーティル。
フォース・インディア。

結構な枚数獲ってるんだけど、この土曜日のフリー走行で速かったマクラーレンの2人、バトンとハミルトンを完全に取り損ねてた・・・。

やっぱり狙ったドライバーを思い通りに撮るのは結構難しい・・・。

とりあえずフリー走行はここまで。
次は予選の時の写真を整理中。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1657

コメント[2]

レッドブルかっこいいですね。
狙ったドライバーを撮るのって本当に難しいですよね。
あっという間に通りすぎちゃいますしね。

No.368のthink147さんのコメントへの返信

>think147 さん

狙ったドライバーを思い通りに撮るのはやっぱり難しいですね。
やっぱり、ドライバーを確認してから撮ろうとしても遅いので、出来る限り予測で、そして、来たらもうどんどん撮る感じでした。

そして、撮れた写真を整理していると、やっぱり撮ってるドライバーが偏ってます。
ドライバー全員ちゃんと撮りたいなと思っていたのですが・・・。

コメントする