26.11.11

2011 Rd.19 F1 ブラジルGP 金曜フリー走行

interlagos.jpg

2011 F1世界選手権第19戦ブラジルGP。
いよいよ今年最後のレース。
時差が大きいので、見るのは眠気との戦いになってしまうけれど、まずは金曜日のフリー走行。

土曜日曜と雨の可能性もあるからか、来シーズンに備えてのテストで距離を稼ぎたいからか、各チームいつになく精力的な走り込み。
フリー走行で40周とか、他ではなかなか見なかった数字。

相変わらず速そうなのはレッドブルとマクラーレン。

1回目はウェバーがトップタイム。
2回目はハミルトンがトップタイム。

フェラーリがちょっと苦しそうなコメントを出しているみたいだけど、2回目のセッションではアロンソ4番手、マッサ6番手の間、5番手にメルセデスのシューマッハが食い込んで、場合によってはフェラーリとメルセデスがいい勝負になってしまいそう。

今回は新しいスペックのソフトタイヤも投入されていて、そのタイヤがどんな仕事をしてくれるのかも気になるところ。

ザウバーの小林可夢偉は1回目15番手、2回目14番手とちょっと苦しいタイム。
今回はトロ・ロッソの2人よりも上位でフィニッシュするのが絶対条件。
苦しい戦いになりそうだけど、コンストラクターズ7位を守りきってほしいところ。

この後は土曜日のフリー走行。
そして日付が変わってから予選。

最後のポール争い。
ベッテルが年間ポールポジション数の記録を更新出来るかどうかも楽しみなところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1697

コメントする