08.12.11

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.8 Ferrari 312T Niki Lauda

ferrari_312t_hachette.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
8号は、1975年、フェラーリが11年ぶりにチャンピオンの座を取り戻した、ニキ・ラウダの312T。

排気量3Lの"3"、水平対向12気筒の"12"から312。
Tは横置きギアボックスを表す"Trasversale"の"T"

今見ると独特な高いインダクションポッド、平たい車体が特徴的。

今回もモデルの出来はなかなか良い感じ。
塗装の感じも悪くないし、リアエンドのゴチャゴチャした感じも良い。
126 CKの時同様、前後ウィングの感じもなかなか。

次号はまた比較的最近に戻って、2005年のF2005。
フェラーリの歴史の中ではイマイチなクルマな印象のF2005。
それもカーナンバー"2"のバリチェロのモデルだけに若干微妙だけど、まぁ、しっかりコレクションはしたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1709

コメントする