29.01.12

NCCR 2012 大阪モーターショー Vol.2

nccr_osaka_ms_2012_04.jpg

大阪モーターショーの目の前の駐車場で、ゴール後の展示がされていた"NCCR 2012 大阪モーターショー"。
昨日の続き。

展示されていたクルマ、とにかくフェラーリが沢山。

まずはスペチアーレ4台。

奥から、288 GTO、F40、F50、ENZO。

それぞれは1台ずつは見た事あったけど、4台まとめては初めて。
クラシックカーラリーだけど、ちゃんと見せ方を考えて置いてくれているようで、結構嬉しい。

nccr_osaka_ms_2012_05.jpg

反対側からENZO。

最初に見た時にはそんなに格好良いと思わなかったけれど、今じゃかなり良いと思えるENZO。
もっと色々な角度から見たかったけれど、中には入れなかったので、柵越し。

フェラーリは沢山あったけど、ENZO、F50、F40はさすがに1台ずつしかなかったかなー。
さすがスペチアーレ。

ENZOももうデビューから10年。
そろそろ次期型も気になる頃。

nccr_osaka_ms_2012_06.jpg

ここで初めて実物にお目にかかる458 イタリア。
FFが発表されたので、最新型ではなくなってしまったけれど、周りのモデルに比べるとやっぱり新しい世代のフェラーリだなと感じさせるデザイン。

物凄くシャープで、なのにうねっとして面構成はグラマラス。
やっぱり写真で見るより、実物の方が全然良い。

458はこの赤いのと、奥に見える黒いボディカラーのモデルで2台。
さすがにFFは来てなかった。

nccr_osaka_ms_2012_07.jpg

458の先代モデル430が3台。
それも、3台ともスクーデリア。

普通のF430も良いけど、430 スクーデリアは迫力があって格好良い。

白い430スクーデリアは初めて見るかも。
白いボディに2本のストライプはサーキットが似合いそうな雰囲気。

nccr_osaka_ms_2012_08.jpg

550マラネロ。
それに、奥にはズラッと360。

V12をフロントに収めるFR。
長いフロントがいかにもハイパワーFRといった感じで、クラシカル。

後継の599も古典的なデザインを持ったクルマだけど、550は550でまた違った雰囲気。

nccr_osaka_ms_2012_09.jpg

街中でも、イベントでも、あんまり見かける事がない456。
2+2の4座、V12をフロントに積むFR。
フェラーリの中では大人しいイメージのGTで、その後の612スカリエッティにつながるモデル。

赤いボディカラーの色味が少し暗めなのは、やっぱり落ち着いた4座モデルだからかな。

久しぶりに、お腹いっぱいになりそうなぐらいフェラーリを堪能した。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1761

コメント[2]

いやぁー、これは良かったですね!
これだけで東京モーターショーは完敗だ・・・。

こういうサービス?イベントもやってくれると車好きはうれしいかぎりで盛り上がりますよね。
それにマニア以外の人がスーパーカーを見る機会はあまり無いと思うので子供から年寄りまで夢を見れる車が展示されるのは良いことですねー。

>porco さん

クラシックカーラリーのイベントでしたが、新旧フェラーリがズラッと並んでいました。
一応、モーターショーと併催でしたが、見ている人はやっぱりモーターショー本体より盛り上がっていた感じですねぇ。

会場前のスペースで、無料で見ることができる場所ですし、こんなに沢山のスーパーカーを気軽に見れる場に展示してくれるのは嬉しい限りです。
こういうのを見て、クルマが好きな子供なんかが増えてくれると良いですね。

コメントする