30.01.12

NCCR 2012 大阪モーターショー Vol.3

nccr_osaka_ms_2012_10.jpg

またまた昨日一昨日の続き。
"NCCR(Nippon ClassicCar Rally) 2012 大阪モーターショー"で見たクルマ。

ちょっと奥まったところに鎮座してたのは、ランボルギーニ・アヴェンタドール。
去年発表されたランボルギーニの最新型。
当然ながら、実物見るのは初めて。

写真で見てた印象で、オモチャっぽいとか、ゲームに出てきそうとか思ってたけれど、実物を目の当たりにして、そんな雰囲気は確かにあるものの、それを補って余りある、ただならぬ迫力。
艶消しの黒いボディカラーと相まって、ホントにステルス戦闘機のような風貌。

もっと間近で見たかった。

nccr_osaka_ms_2012_11.jpg

こちらもそういえば実物をまだ見た事が無かったアバルト695 トリブート フェラーリ。

アヴェンタドールに比べれば、だいぶ小さいけれど、これはこれでなかなかの迫力。
でも、周りにいたクルマが凄すぎた・・・。

世界限定1696台、日本への割当は150台だったハズなので、やっぱり希少なクルマ。
跳ね馬は付いてないけれど、エンブレムにフェラーリのロゴは入ってる。

ワインディングや、小さめのサーキット走ったら面白いんだろうなぁ、これ。

1,120kgの車重に180馬力/25.5kgmのエンジン積んだFF。
じゃじゃ馬なんだろうなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1762

コメントする