24.01.12

TOYOTA 86 : 大阪モーターショー

osakamotorshow_toyota_86_1.jpg

東京モーターショー同様、今回の大阪モーターショーでも主役はやっぱりトヨタの86。

ちょっと小高いターンテーブルの上に展示され、ゆっくりと回転してる86の周りには結構な人だかりが出来ていた。

大阪にやって来るまでにも色々なところで紹介されてるし、もう結構見慣れてきた感もあるオレンジ色のFRスポーツクーペ。
スバルの水平対抗エンジンを積むフロントは、なかなか低く抑えられていてスポーツカーらしい雰囲気。

エンブレムのところからボンネットに向けての凹凸は要らなかったんじゃないかと思うけれど、まぁ、比較的スッキリまとまってる。

osakamotorshow_toyota_86_2.jpg

横から見ると、FRスポーツらしいロングノーズ・ショートデッキ。
古典的なデザインだけど、FRのスポーツカーって、結局その形が格好良いと思う。

リアフェンダーをグッと盛り上がってるように見せてるのもFRらしい処理。

もうちょっとトレッドが広ければ、張り出して見えてまた格好良いんだろうけれど、クルマの大きさを考えると仕方ないところ。

サイドビューもあまりゴチャゴチャさせなかったのは好印象。

osakamotorshow_toyota_86_3.jpg

後ろから見てみると、トヨタが86で目指したのは小さなアストンマーチンだったりするのかなという感じがする。

全体的なボリュームとか、ダックテールっぽい処理とか、テールランプの形とか。

まぁとにかく、今の時代に、それもトヨタが、このクラスのスポーツカーをキッチリと作ってきたということはちゃんと評価したい。

でも、200万円を切る価格のグレードはバンパー未塗装、エアコンレスのカスタマイズベース。
標準グレードは240万円というから、案外高いクルマなのかも。

売れるかなー。
個人的には売れてほしいけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1756

コメントする