09.02.12

Red Bull RB8

redbull_rb8_01.jpg

2年連続チャンピオンチームのレッドブルが2012年に用意する新型、RB8。
エイドリアン・ニューウェイが手掛けるクルマだけに、何か他のチームと違う驚きがあるかなと思いきや、レッドブルもやっぱり段差ノーズ。
マクラーレンのように低いノーズを採用しない限り、この段差はどうしても仕方無いのかも。

ただ、単なる段差に終わらせていないのがやっぱりニューウェイで、段差の部分にエアインテークが開いている。

このエアインテーク、色々憶測を呼んでいるけれど、ニューウェイはドライバーのクーリング用という説明。
・・・そんなハズ無い、たぶん。

それ以外は去年型RB7の正常進化といった印象。
一番気になるリアが今のところあまりハッキリわからないのは仕方無いけれど、基本的にはこれまでのレッドブルのクルマの進化の延長線上にありそう。

ベッテルは去年よりも他のチームとの差が詰まると言っているらしいけれど、どうなんだろう?
やっぱり今年も本命には違いない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1775

コメントする