24.03.12

2012 Rd.2 F1マレーシアGP 金曜フリー走行

sepang_international_circuit.jpg

2012年F1世界選手権第2戦マレーシアGP。
最初のセッションは金曜日のフリー走行。
今日のセパンは心配された雨も無く、ドライコンディション。

そんな初日最速はL.ハミルトン。
午前、午後ともにトップタイムをマーク。
午前中にはバトンにトラブルがあったものの、相変わらずマクラーレンが速い。

開幕戦ではポールからスタートしながら、バトンに優勝さらわれたハミルトン。
速いのはわかっているけれど、熱帯セパンで巧くタイヤをマネジメントし、その速さを勝利につなげる事が出来るかどうか。

次いで速そうなのが、1回目にはロズベルグ3番手、シューマッハ4番手、2回目はシューマッハが2番手、ロズベルグが4番手というタイムを記録しているメルセデス。
このチーム、フリー走行でのタイムの割に予選、決勝はそうでもなかったりするので微妙だけど、前戦オーストラリアではトラブルが無ければシューマッハは良いとこ走ってたし、今回も好調そうなシューマッハの表彰台にちょっと期待。

午前中は2番手だったベッテルも、午後は10番手。
アルバート・パークよりはここセパンの方がレッドブルには向いてるサーキットだとは思うので、ここでは予選から速いベッテルが見たい。

前戦オーストラリアで6位、幸先の良い開幕になった小林可夢偉。
朝14番手、午後は12番手と振るわず。
まぁ、予選までにちゃんと速くなってくれる事を期待。

アルバート・パークよりはそれぞれのクルマの速さがハッキリしそうなマレーシア。
まだまだどのチームがホントに速いのかわからない開幕2戦目、次は土曜日の予選でどんなグリッドになるのか。
ライコネン、小林可夢偉あたりがもうちょっと上位グリッドからスタートするところを見たい気がする。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1819

コメントする