21.04.12

2012 Rd.4 F1バーレーンGP 金曜フリー走行

bahgp_12_free_nr.jpg

開催が相当危ぶまれていた今年のバーレーンGP。
一応、中止にはならなかったものの、危ないのは危ない状況らしく、デモに遭遇するチームがあったり、夜は危ないからって2回目のフリー走行キャンセルするチームがあったりで、やっぱりいつものグランプリとはちょっと違う様相。

そんなバーレーンGPの金曜日、最速タイムはフリー走行2回目で、前戦マレーシアGPで初優勝し勢いのあるロズベルグ。
1回目のセッションでのトップタイムはハミルトンで、相変わらずメルセデスエンジンを積んだメルセデスとマクラーレンの2チームが速そうな感じだけど、いつもと違うのはベッテルが1回目で2番手、2回目で3番手タイム、ウェバーが2回目のセッションで2番手タイムと、レッドブルが好調そうな事。

去年のチャンピオンチームが今年これまでのところ苦戦しているなか、そろそろ速いレッドブルが見れるのかどうか。

前戦スタートで沈んでしまった小林可夢偉も2回目のセッションで7番手と相変わらず悪くない感じ。
今度こそこれまでよりも最高の結果を期待したい。

まだまだ金曜日だけに、これからどうなるかわからないけれど、やっぱりマクラーレン、メルセデス中心に進んでいきそうなバーレーンGP。
土曜日は予選、誰がポールポジションを獲得するのやら。
今年はなかなか想像がつかないのが楽しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1847

コメントする