27.05.12

2012 Rd.6 F1モナコGP 予選

mongp_12_q.jpg

2012年F1世界選手権第6戦モナコGP。
モンテカルロ市街地で行われた公式予選は心配された雨もなくドライコンディション。
しかし、Q1からペレスがクラッシュで赤旗中断になったりと少々荒れた展開。

そんなモナコの予選で最速タイムをマークしたのはM.シューマッハ。
これでシューマッハ復帰後初、6年ぶり、自身69回目のポールポジション獲得と思ったら、シューマッハは前戦スペインGPでB.セナと絡んだ際の5グリッド降格のペナルティがあった・・・。

それでも、この43歳のオッサンの予選最速はすごい。

そして僅差の2番手はウェバー。
シューマッハの降格で、決勝レースはポールポジションスタート。

3番手はシューマッハと同じメルセデスのロズベルグ。
こちらも決勝レースは最前列。

4番手にはハミルトン。
5番手にはモナコに来てからずっと好調だったグロージャン。
もうちょっと上位に来るかと思ってたけれど、結果予選はこの位置。

6番手アロンソ、7番手マッサとフェラーリ勢が並び、その後ろにライコネン。
9番手は前戦優勝のマルドナドだけど、フリー走行3回目の接触によって10グリッド降格処分。
10番手はベッテルという予選トップ10。

ペレスはちょっと気負い過ぎた感があるけれど、同じチームの小林可夢偉は12番手。
ここでの好成績が期待されていただけに、このグリッドはちょっと厳しいかもしれない。
それでも、荒れたレースになれば十分チャンスはあるハズ。

小林可夢偉の後ろにはJ.バトン。
最近ちょっと予選で苦労してる感がある。

モナコGP決勝レースは日曜日の日本時間で21時から。
シーズン中でも特に華やかで、そして厳しいレース。
レースのスタートを楽しみに待ちたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1883

コメント[2]

シューマッハのペナルティが悔やまれます。
ポールポジションからスタートできれば皇帝復活も夢じゃなかったのに・・・

No.190901のmarbeeさんのコメントへの返信

>marbee さん

シューマッハ、ペナルティがホントに悔やまれますね。
ポールポジションからスタートするシューマッハを久しぶりに見たかった気がしますが、速いシューマッハが見れたことが素直に嬉しいです。
決勝レースもどうなるか楽しみですね。

コメントする