28.05.12

2012 Rd.6 F1モナコGP

mongp_12_fin_mw.jpg

2012年F1世界選手権第6戦モナコGP。
降るぞ降るぞと言われていた雨は結局ホンの少ししか降らず、でも、そんないつ降るかわからない雨をずっと気にしながらレースしなきゃならなかった、ちょっともどかしい感じのレース。

上位入賞を期待されていたグロージャンが、オープニングラップの1コーナーから他車を巻き込んでクラッシュ。
いきなりセーフティカーが導入される波乱の展開。

それでも、レースを制したのはポールポジションからスタートしたウェバー。
抜きにくいモナコではやっぱり予選の順位が大事。
これで今シーズン初優勝。
モナコは2勝目、自身通算8度目の勝利。

ウェバーが勝った事で、今シーズンは6人目の勝者が出るという、混戦模様のチャンピオンシップ。

2位はこちらも予選順位そのままロズベルグ。
3位にはスタートから2つ順位を上げてアロンソが表彰台。

ソフトタイヤでスタートし、周りとは違う戦略を採ったベッテルが9番手スタートから順位を上げて4位。
5位ハミルトン、6位マッサで、ここまでが6秒ほどの差でフィニッシュという超接戦。
終盤は何かあれば一瞬で順位が変わるという状況に、ずっと目が離せなかった。

7位ディ・レスタ、8位ヒュルケンベルグというフォース・インディアの2人。
9位にはまたまたズルズルのタイヤで我慢させられ順位を落としたライコネン。
10位B.セナで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

小林可夢偉はオープニングラップ1コーナーのアクシデントに巻き込まれ、結局リタイヤ。

予選最速で期待されたシューマッハも、トラブルでリタイヤ。

順位の変動があまり無かったので、若干単調なレースに見えた今年のモナコ。
でも、終盤の上位6台数珠つなぎでの攻防は見応えあったし、ベッテルが選んだタイヤ戦略がどうなるかも見物だったしで、地味ながら面白いレースだった。

開幕からずっと違うドライバーが勝ち、ウェバーが6人目の勝者になったけれど、3位表彰台を獲得し、単独でドライバーズ・チャンピオンシップの首位に立ったのはアロンソ。
今年は少ない勝利数のチャンピオンが生まれそうで、下手したら1勝でチャンピオンなんてのも有り得そうな展開。
そうなったらアロンソのように、ポイントの取りこぼしをしないレースが出来るかというのが後半に結構効いてくるハズ。

今シーズン残りのレースがどうなるかわからないけれど、次戦は北米に飛んで6月11日決勝のカナダGP。
荒れる事も多いイベントだけど、ここでまた新たな勝者が生まれるかどうか。
ここも去年は良いレースが出来た小林可夢偉。
今年のカナダGPでも好成績を期待したい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1884

コメントする