06.05.12

ムジェロテストも終わって、いよいよF1ヨーロッパラウンド

mugello_racing_circuit.jpg

今年は久しぶりにシーズン中のテストが復活し、フライアウェイの4戦が終わってF1がヨーロッパに戻る直前のタイミングで行われたムジェロでの合同テスト。

あくまでテストながら、トップタイムをマークしたのはロータスのグロージャンで、開幕からの勢いそのままにロータスは好調そう。
全体での2番手タイムもレッドブルのベッテルで、直前のバーレーンGPと似たような位置関係。

ザウバーの小林可夢偉も2日目にトップタイムをマークし、全日程でも4番手のタイムと悪く無さそう。

各チームがどんなアップデートを持ってきて、ヨーロッパ初戦のスペインGPに向けてどんな戦略を考えてきているのかが気になる。

このテストを経て、各チームの力関係がまた変わるのか、それともフライアウェイ4戦からそれほど変わらずヨーラッパラウンドに入るのか。
まだまだ序盤では毎戦違うドライバー、チームが勝って、どこが速いのか微妙に見えてきていないので、このムジェロテストが次戦以降にどう影響するのか、楽しみなところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1862

コメントする