18.05.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.19 Ferrari F1-89 F1 Nigel Mansell

ferrari_f1_89.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
19号は1989年シーズンにマンセルが駆ったカーナンバー27のF1-89。
F1で初めてセミATを実戦投入したクルマで、フェラーリのコードナンバーは640。

個人的には本格的にF1を見始める直前ぐらいのシーズンのクルマ。
なので、マンセルがフェラーリというイメージが全く無く、マンセルはウィリアムズのカーナンバー5だという印象が強いんだけど、1989年の開幕戦ではこのクルマで優勝もしてる。

初のセミAT搭載だったり、独特のサイドポンツーン形状だったり、当時としては革新的なクルマ。
前期型と後期型があって、エンジンカウルのダクト形状を見る限りではこのF1-89は後期型。

モデルの出来としても今回のはなかなか良い雰囲気。
変に細々してないのがモデル化しやすいのかもしれないけれど、まぁ程々に良く出来てる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1873

コメントする