30.06.12

FIAT 500 TWINAIR SPORT

fiat500_twinair_sport.jpg

7月4日から販売が開始されるFIAT 500の限定車、"FIAT 500 TWINAIR SPORT"と"FIAT 500 TWINAIR SPORT PLUS"。

FIAT 500 TWINAIRのちょっとスポーティな限定車なんだけど、SPORT PLUSの方はこのご時世にマニュアルトランスミッション。
どうもこれまでツインエア搭載車にはデュアロジックのみでマニュアルは無かったようなので、MT待ってた人にとっては嬉しい仕様かも。

デュアロジックも乗ってて面白かったけれど、500にはやっぱりMTが似合う気がするので、個人的にもなかなか良い感じだなと思う限定車。

まぁ、デュアロジックのSPORTより、MTのSPORT PLUSの方が限定数が少ないのはやっぱり需要が少ないんだろうけれど。

29.06.12

メルセデス・ベンツ プルバックカー SLS AMG

benz_sls_amg.jpg

今日もコンビニに探しに行ったものの、ランボルギーニは売ってなかったので、もう1台メルセデスのプルバックミニカーを追加。

選んだのはやっぱりSLS AMG。
あんまり赤のイメージが無いけれど、赤いSLSも良い感じ。

ミニカーとしての出来もSL65 AMGより良いかも。
細かい部分がこっちの方がゴチャゴチャしてるからかな。
まぁ、このサイズのコーヒーのオマケとしては良い出来。

28.06.12

GT5にツインリンクもてぎ

gt5_twinring.jpg

最近なかなか遊ぶ暇が無くてPS3の電源すら入れてない気がするので、GT5もかなりご無沙汰だけど、そんなGT5にダウンロードコンテンツで"ツインリンクもてぎパック"と"サイオン FR-S '12"が発売。

そういえばツインリンクもてぎって入ってなかったっけってぐらいな感じなんだけど、どうやら無かったらしい。

こういう感じでサーキットが追加されると結構楽しみが増えて嬉しい。
この勢いで、国内のサーキットぐらいは大体網羅してくれないかなぁ?

セントラルサーキットが収録されれば、毎年恒例のサーキット走行会のための練習がGT5で出来てかなり有り難い感じなるんだけどなぁ。

27.06.12

F1 Online: The Game

以前にどうやらこんなゲームが出るらしい的な情報をここで書いた、F1のチーム運営シミュレーションなオンラインゲーム、F1 Online: The Game。
それがこの度正式にリリースされたみたいで、遊べるようになってた。

残念ながら日本語には対応していないけれど、無料で遊べるみたいだし、頑張ればなんとなく意味もわからないでもなさそうなので、またちょっと遊んでみようかな。
日本語にも対応しててくれたら良かったんだけど・・・。

でも、PS3や、3DS用のF1ゲームも出してるコードマスターズのゲームなので、ゲームの出来も悪くなさそう。

26.06.12

メルセデス・ベンツ プルバックカー SL 65 AMG Black Series

benz_sl_65_amg.jpg

ジョージアのペットボトルのコーヒーに付いてたプルバックミニカー。
パッと見た感じでSLS AMGが見当たらなかったので、黒くて速そうなSL 65 AMGを選んでみた。

Bクラスからラインナップされてて、全8種。

小さいし、ボディもプラスティックだし、まぁ、あくまでコーヒーのオマケレベルだけど、プロポーションとかディティールはそこそこしっかり作られてる。
全部集めてみたくなるような感じではないけれど、オマケで付いてくるなら悪くない感じ。

SLSを見かけたらも1つ買ってみようかな。

25.06.12

2012 Rd.8 F1ヨーロッパGP

eurgp_12_fin_fa.jpg

バレンシア市街地コースで行われた、2012年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP決勝レース。

前日の予選で素晴らしい速さを見せてポール・ポジションを獲得したベッテルがスタート確実に決めて先行。
1回目のピットストップまでに2番手グロージャンに15秒以上の差をつけ、久しぶりに去年のベッテルを思い出させるハイペースで圧勝レースになりそうなんて思っていたら、28周目にベルニュとコバライネンが接触した事で破片がコース内に散らばりセーフティカー導入。
これで一気にリードを失い、ベッテルとっては厳しい展開になってきたなと思っていた矢先の34周目に突然のスローダウン。
熱いコース上をセーフティカー先導でスロー走行していた影響があったのか無かったのか、ベッテルはまさかのトラブル、リタイヤ。

このベッテルのリタイヤによってトップに立ったのはアロンソで、母国バレンシアのスタンドは大歓声。

それを追うグロージャンもトラブルでクルマを止め、ハミルトンはタイヤを痛めて後退。

そのままチェッカーを受けたアロンソが、今シーズン最初に2勝目を挙げたドライバーに。

続きを読む "2012 Rd.8 F1ヨーロッパGP"

24.06.12

2012 Rd.8 F1ヨーロッパGP 予選

eurgp_12_q_sv.jpg

F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP。
バレンシア市街地サーキットを舞台に行われた公式予選。

最後にポンっと0.5秒ほどタイムを短縮してくるというベッテルらしい予選Q3のアタックで、今シーズン3度目、通算33回目のポールポジションを獲得。
33回目のポールポジションはジム・クラーク、アラン・プロストに並ぶ、歴代3位タイの記録。

2番手はL.ハミルトンで、0.324秒差。

3番手にはちょっと勢いのあるP.マルドナド。

4番手にグロージャン、5番手にライコネンのロータス勢。

6番手ロズベルグで、その後ろ7番手が小林可夢偉。

8番手ヒュルケンベルグ、9番手バトン、10番手にディ・レスタという予選トップ10。

続きを読む "2012 Rd.8 F1ヨーロッパGP 予選"

23.06.12

2012 Rd.8 F1ヨーロッパGP 金曜フリー走行

valencia_street_circuit.jpg

バレンシア市街地を舞台に行われる、2012年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGPも、まずは金曜日のフリー走行から。

これまで7戦が終わり、勝者が7人、予選でもレースでも少しのタイム差で大きく順位が変わる混戦のシーズン。
今回のバレンシアでも、2回目のフリー走行ではトップタイムのベッテルから、15番手のマッサまで、15人が1秒以内と超僅差。
まだフリー走行とはいえ、このままの感じだと、予選でもホンのちょっと、0.1秒違えばグリッドが全然変わってきそうな状況。
抜きにくい市街地のバレンシアではスターティンググリッドがかなり重要なだけに、予選はかなり激しい争いになりそう。

トップタイムベッテルに続くのはフォース・インディアのヒュルケンベルグ。
ディ・レスタも6番手タイムと、フォース・インディア好調。

それに続くのが小林可夢偉で3番手タイム。
ここ最近はフリー走行で毎回期待させてくれるけれど、今度こそ上位グリッド獲得を期待したい。

続きを読む "2012 Rd.8 F1ヨーロッパGP 金曜フリー走行"

22.06.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.22 Ferrari F2001 Michael Schumacher

ferrari_f2001.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
22号は2002年にM.シューマッハが駆り、17戦中9勝残り4戦でダブルタイトルを確定させたF2001。

前方に向かって垂れ下がっていくノーズ、中央部が低く、両端に向かって緩やかに高くなるフロントウイングなんかが特徴。
2000年にフェラーリにとって21年ぶりのダブルタイトルを獲得した翌年のクルマなので、自力でチャンピオンを獲得して付けたカーナンバー1が誇らしい。

モデルの仕上がりとしてはこのシリーズの平均的な出来かなと思うけれど、フロントウイングの緩やかな曲線はあまり再現出来ていないし、フラップとメインエレメントは一体で、隙間も空いてない。
デカールか印刷かでフラップの隙間に当たる部分には線が引かれているんだけど、段差の部分ともちょっとズレていて残念な感じ。
細かい部分の処理もちょっと甘い。

比較的最近のクルマになると、形状自体が複雑になるので、同じ金額で出すシリーズとしては細かいところまで手が回らないのかな。

次回23号は158 F1と、これまたかなり昔のクルマ。
あれ? 158 F1出てなかったかと思ったら、ホントに最近の20号
でも、次の158 F1はフェラーリとしては珍しい赤くないモデルみたい。

21.06.12

F1速報PLUS Vol.27 F1デザイン

f1sokuho_plus_27.jpg

今日発売のF1速報PLUS VOL.27
特集は"F1デザイン"。

これまで、F1マシンの(空力とかメカニズムとか)のデザイン以外では、あんまりF1に関するデザインの特集って見た事が無いような気がするので、今回のF1デザインという特集はちょっと新鮮。

エンツォ・フェラーリ等々をデザインした元ピニンファリーナの奥山清行氏のインタビューやら、デザインや技術解説付きのヘルメットデザインランキング、ニューウェイ以前のF1デザイナーの系譜に、各チームのウェアなんかのデザインコレクションといった感じで、内容もなかなか盛り沢山。
まだ全部は読めていないけれど、奥山清行氏のインタビューなんかはやっぱり面白い。

これはまた、読み終えるとドライバーのヘルメットやら、各チームのホスピタリティやら、F1で注目してみるポイントが増えそう。

20.06.12

SUZUKI GSX1300R HAYABUSA

gsx1300r_hayabusa.jpg

コンビニで買ったUCCの缶コーヒーに付いてたバイクのミニチュア。
ヨシムラism Premiumという事で、ヨシムラのマフラーを付けてるバイクのコレクションらしい。

あまりバイクは詳しくないので、とりあえず黒くて格好良さそうなやつにしてみたけれど、車種はSUZUKI GSX1300R HAYABUSA。
最高速312km/hを誇る、結構とんでもないバイクみたい。

ミニカーではあまり馴染みの無い1/42スケールというサイズ。
ちょっと小さいサイズだけど、コーヒーのオマケにしてはなかなかしっかりした出来。
ヨシムラジャパン監修という事からか、マフラーの塗装なんかの仕上げにこだわりを感じる。

19.06.12

今週末は2012年 Rd.8 F1ヨーロッパGP

valenciana_08.jpg

今週末、F1は2012年第8戦ヨーロッパGP。
舞台はバレンシアの市街地コース。

海沿いの市街地コースという共通点はあっても、モナコとは違い比較的高速なコース。
コース脇はガードレールでも、エスケープゾーンは比較的広め。
でも、抜きどころが少ないというあたりは共通で、オーバーテイクの少ない単調なレースになる事が多いイベント。

一昨年は終盤での小林可夢偉の活躍があったりしたけれど、去年はアロンソが2位で地元スペインは盛り上がったものの、やっぱりちょっと退屈なレース。

今年はこれまで7戦して7人の違う勝者が出ているという混戦のシーズン。
バレンシアでも新しい勝者が生まれるのか、それとも7人のうち誰かが今年最初の2勝目を挙げるのかどうなのか。

高速コーナーらしいコーナーも無いので、レッドブルにはあまり向いてないコースかなと思いきや、過去2年はレッドブルのベッテルが勝っていて、そんなに相性は悪く無さそう。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.8 F1ヨーロッパGP"

18.06.12

2012年 ル・マン24時間耐久レースもやっぱりアウディ

audi_le_mans_2012.jpg

6月16日からスタートして、6月17日にゴールした2012年のル・マン24時間耐久レース。
今年はアウディとトヨタの、ル・マンでは初めてのハイブリッドカー対決で注目されていたけれど、終わってみればR18 e-tron quattroがハイブリッドカー初の総合優勝し、アウディが表彰台を独占と圧勝。

4台参戦したアウディR18は1位、2位、3位、5位。
それに対してトヨタは2台ともリタイヤで全滅・・・。
あれだけハイブリッドを売りにしてるメーカーがそのハイブリッドカー同士で争って、アウディにこんな圧勝されちゃったっていうのはマーケティング的に大丈夫かな?
まぁ、市販車とはシステムが違うだろうし、ハイブリッドのトラブルでリタイヤじゃなく、アクシデントとエンジントラブルによるリタイヤってのが救いか。

そして、もう1台話題のクルマだった日産のデルタウイングはトヨタにぶつけられてリタイヤ。
こちらもちょっと残念な結末。

それにしてもル・マンでのアウディは強い。
クルマの出来が良いのは当然として、レース運営も隙がないし、トラブルに巻き込まれずにしっかり最後までクルマを走らせるドライバーも良い。

ホントに毎年のようにアウディの圧勝なル・マン。
来年はマツダもエンジンを供給するというし、トヨタも少しはアウディに食い下がれるかな?

17.06.12

RED BULL KART FIGHT のドライバーズカードが届いた

redbull_kartfight_card.jpg

とりあえず、募集が始まった時に参加登録しておいた世界最速カートレーサー決定戦、Red Bull KART FIGHT(http://www.redbull.com/cs/Satellite/ja_JP/Red-Bull-Kart-Fight/001243190589736)。
定員になって締め切られていたので、どうなったのかなと思っていたら、いきなりドライバーズカードが届いた。
どうやらちゃんと参加出来るらしい。

関西大会は9月と結構先だけど、こんなイベントに参加出来るのはちょっと楽しみ。
ただ、コースは走った事ないところなので、全く自信無し。
・・・そもそもそんなにちゃんとカートしてるワケじゃないので、ホントに参加して大丈夫かという感じがしないでもない。

まぁ、参加する事を楽しむとしようかな。
でも、あわよくば世界大会、いや、せめてジャパンファイナルに挑んでみたい。

16.06.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.21 Ferrari 312 T4 Jody Scheckter

ferrari_312_t4.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
21号は1979年にジョディー・シェクターが駆り、ドライバーとコンストラクターのダブルタイトルを獲得した312 T4。
マウロ・フォルギエリが設計した312Tシリーズの4代目。

いかにもグラウンドエフェクトカーといった感じの路面スレスレのスライディングスカートや、なんとなく無骨な車体が特徴的。

今回のこの312 T4、コクピットの作り込みも結構細かいし、リアエンドのゴチャゴチャした感じも良くて、このシリーズの中では結構良い出来かも。
ボディの面が複雑じゃない分、細かいところに手が回ったのかな?

次号Vol.22はM.シューマッハのF2001。
ここのところ久しぶりの、比較的最近のクルマだし、良い出来を期待。

15.06.12

UCC缶コーヒー THE DEEP BLACK無糖にランボルギーニ

lamborghini_ucc.jpg

2012年6月26日から、ランボルギーニコレクション キャンペーンと題して、UCC缶コーヒー THE DEEP BLACK無糖にランボルギーニの1/72スケールダイキャスト製プルバックカーが付いてくるみたい。

付いてくるランボルギーニは6車種12種類。
1/72というちょっと小さいサイズだけど、京商製という事で、ミニカーの出来にはちょっと期待。
ミウラやイオタ、カウンタックにレヴェントンと、古いのから新しいのまでラインナップ。

なかなか楽しみなキャンペーンなので、26日以降にコンビニなんかで探してみたいところ。
あんまりコーヒー飲めないけれど、この時期だけ結構コーヒー飲む事になりそう。

14.06.12

今週はル・マン24時間耐久レース

lemans_audi_2012.jpg

今週F1は無いけれど、フランスではル・マン24時間耐久レースが開催。
13・14日に予選が開催、そして、16日に決勝レースがスタートして、24時間の長いレースが始まる。

今年の注目はアウディとトヨタのハイブリッドレーシングカー対決。
近年のル・マン常勝アウディは急に出てきたトヨタに負けるワケにはいかないだろうし、市販車でハイブリッドカーのイメージが定着してるトヨタとしてはそのハイブリッドで他社に負けるなんて相当イメージダウン。
ここ最近はちょこっとプジョーが勝ったりしたぐらいで、ずっとアウディがル・マンを制してる印象が強いので、トヨタがちゃんとしたライバルになれば結構面白い。

他にも日産からは特別枠ながらデルタウィング。
プライベーターでは童夢やホンダといった感じで、結構日本からの参戦も多い。

それでもやっぱり地上波での放送は無いみたいだけど、衛星放送ではJ SPORTSでの放送があるみたい(さすがに24時間全部じゃないけれど)。

13.06.12

Alfa 147 TI サーキット走行後のPIRELLI P7

alfa147ti_circuit_2012_10.jpg

日曜日のサーキット走行会、30分の走行を2本走り終えた後のピレリ P7。
一番負担のかかる左フロントはやっぱり結構ボロボロ。
表面は若干溶けてねっとりした感じ。

P7というタイヤ、ピレリのサイトによると「最新のセダンやスポーティーなステーションワゴンのために開発された非対称タイヤです」との事なので、P ZEROシリーズ程スポーツ向けのタイヤじゃないけれど、走行中はそれなりのグリップも発揮してくれたし、感触もなかなか良好。

さすがに終盤はタレてしまってズルズルだったけれど、そこらへんはまぁ仕方無い。
暑かったし、自分のドライビングを考えても結構タイヤには負担かけてそうだし。

とにかくタイムを縮めたいという事ならもっとグリップするタイヤの方が良いかもしれないけれど、スポーツ走行を楽しむぐらいだと、147にピレリ P7の組み合わせは丁度良いぐらいのバランスかも。

続きを読む "Alfa 147 TI サーキット走行後のPIRELLI P7"

12.06.12

Alfa 147 TI ジラソーレ サーキットミーティング2012

alfa147ti_circuit_2012_01.jpg

今年も参加、ディーラーさん主催のサーキット走行会、"ジラソーレ サーキットミーティング"。
6月開催なのですっごく心配された雨に見舞われる事も無く、良い天気過ぎて暑すぎる事も無く、曇り時々晴れというちょうど良い天気で、久しぶりのサーキット走行を満喫。
去年大雨で思いっきり走れなかった分まで存分に楽しめた。

まずはドライバーズミーティングで走行説明を受け、アドバイザーの畑川氏のドライビングレッスン(座学)をしっかり聞いたらいざ走行開始。

この走行会、フリー走行は30分の走行枠が2回。
1回目は慣熟走行で2周ほど走ってピットイン。
その後は自由に走れる時間。

続きを読む "Alfa 147 TI ジラソーレ サーキットミーティング2012"

11.06.12

2012 Rd.7 F1カナダGP

cangp_12_fin_lh.jpg

2012年F1世界選手権第7戦カナダGP。
サーキット・ジル・ヴィルヌーヴを舞台に行われた決勝レース。
マクラーレンのL.ハミルトンが今シーズン初優勝。
これで、今シーズンは7戦目でウィナーが7人というさらに大混戦な状況に。

レース終盤はハミルトン、アロンソ、ベッテルの3人がトップを争う展開。
その中でいち早く2回目のピットストップを行ったハミルトンが3番手に落ちつつも再度追い上げて逆転成功。
ステイアウトし、1回ストップ作戦を敢行したアロンソはタイヤを使い切りズルズル後退。
結局5位に。
ベッテルも1回ストップかと思われたけれど、63周目にピットイン。
こちらは新しいタイヤでなんとかアロンソの前に出て4位。

ベッテルとアロンソがタイヤの消耗で順位下げる中、入れ替わって順位を上げたのがグロージャンとペレス。

結果、表彰台は1位ハミルトン、2位グロージャン、3位ペレスというちょっとフレッシュな顔ぶれに。

続きを読む "2012 Rd.7 F1カナダGP"

10.06.12

2012 Rd.7 F1カナダGP 予選

cangp_12_q_sv.jpg

2012年F1世界選手権第7戦カナダGP。
モントリオール、サーキット・ジル・ヴィルヌーヴで行われた公式予選。

久しぶりにベッテルらしいベッテルが見れたように思える、Q1から全セッション最速でポール獲得。
唯一1分13秒に入れ、ハミルトンに0.3秒差をつけるタイム。
本来は高速コーナーを得意としていたハズのレッドブルで、長いストレートのあるストップ&ゴーのモントリオールでのポールポジションというところにベッテルの速さが戻ってきた感がある。

2番手ハミルトン、3番手にはアロンソで、フェラーリも徐々に速さを取り戻してきてる。
4番手ウェバー、5番手ロズベルグ、6番手マッサ、7番手グロージャンで、8番手がフォース・インディアのディ・レスタ。
9番手M.シューマッハ、10番手は唯一人ソフトタイヤでアタックしたJ.バトンで、ここまでが予選トップ10。

バトンは決勝レースで1ストップ戦略なんかを考えているのかな?

続きを読む "2012 Rd.7 F1カナダGP 予選"

09.06.12

2012 Rd.7 F1カナダGP 金曜フリー走行

cangp_12_free_lh.jpg

2012年F1世界選手権第7戦カナダGP。
まずは金曜日のフリー走行から。

初日トップタイムをマークしたのはルイス・ハミルトン。
フリー走行セッション1回目、2回目ともにトップタイムで、かなり好調。
周回数も結構多めで、順調そう。

2回目のセッションで2番手はアロンソ、3番手がマッサと、フェラーリ勢が続く。
アップデートが上手くいっているのか、ヨーロッパに入ってからのフェラーリはちょっと復調の兆し。
マッサも速さを取り戻しつつあって一安心。

ベッテルが1回目のセッションで2番手タイム、2回目のセッションでは4番手。

小林可夢偉も1回目7番手、2回目6番手タイムと好調。
去年は雨で中断する時には2番手を走っていてかなりレースを盛り上げてくれたので、今年はそれ以上の結果を期待。

続きを読む "2012 Rd.7 F1カナダGP 金曜フリー走行"

08.06.12

ジュリエッタでロミオ&ジュリエット

giulietta_cp.jpg

いつもお世話になってるアルファのディーラーからのメールによると、今ジュリエッタを買うと、先着70組140名にミュージカル"ロミオ&ジュリエット"のチケットをプレゼントなんていうキャンペーンをやってるらしい。

ジュリエッタでロミオ&ジュリエット。
まぁ、車名の由来がそもそもそれのはずなので、ちょうどミュージカルもやってるなんてキャンペーンには良いタイミング。

ミュージカルのチケット貰えるからなんて理由でクルマは買わないけれど、なんかちょっと素敵なプレゼントではある。

07.06.12

日産が本社ギャラリーでル・マンのパブリックビューイング

nissan_le_mans_2012.jpg

日本で普通に放送されない事を毎年のように嘆いてるル・マン24時間耐久レースだけど、今年は日産が本社ギャラリーでパブリックビューイングを開催するらしい。

デルタウィングで話題ではあるけれど、LMP2クラスの14台にもエンジンを供給していて、それも含めれば日産関係で参戦してるチームが多い今年のル・マン。
それでのパブリックビューイングなんだろうけれど、これなら日産ユーザーが全滅で盛り上がらないなんて事も無さそうだし、ちょっとル・マンの雰囲気も味わえて良いかも。

ちょっと見てみたいけれど、その為に東京はちょっと遠いな。

あと、開催日時を見てみると、さすがに丸々24時間ではないみたい。
朝6時までという事だけど、現地での夜明けまでは見れないのかな?
個人的にル・マンは朝焼けの中を疾走するクルマがすっごい格好良いと思うんだけど。

06.06.12

GreenGT H2

green_gt_h2.jpg

今年のル・マン24時間耐久レースも来週末に迫っているけれど、早くも来年2013年のル・マンに出るクルマの話題。

GreenGT社のH2というこのクルマ、ル・マンに出場するクルマとしては史上初の燃料電池車。
なかなかゴツい見た目が格好良いレーシングカー。

今年2012年は日産のデルタウイングが出場している、次世代の自動車技術の研究開発促進の為に設けられたカテゴリー、ガレージ56という枠でのル・マン挑戦。

水素を使った燃料電池で、2つのモーターを稼働。
車重もカーボン素材での軽量化で1000kg程度を目指しているそうなので、結構なパフォーマンスを発揮してくれそう。

基本的にはレースの勝敗は関係無いクラスだけど、こういう個性的なクルマが走るル・マンはやっぱり面白い。

結局今年も放送は無いのかな?
日本人ドライバーも、日本メーカーも結構出てるのに、ちょっと残念。

05.06.12

NAVI CARS

navi_cars_01.jpg

think147さんのブログで、創刊されたのを知って、本屋さんで探していたものの、なかなか見つけられなかった"NAVI CARS"。
今日、仕事帰りに発見、購入。

そのまま帰りにパラパラ読んでみたけれど、最初の小山義文さんの写真のページからして良い感じ。

"100人のクルマ好き、100台の愛車"、"あなたのドライブミュージック教えてください!"というメインの特集もざっと見ただけだけど面白そう。

クルマって楽しそうだなと思わせてくれる記事が多そうなのが良い。

04.06.12

今週末は2012年 Rd.7 F1カナダGP

circuit_gilles_villeneuve.jpg

今週末は2012年F1世界選手権第7戦カナダGP。
ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットを舞台に、6月10日決勝。

公園周遊路を利用した半公道サーキットで、所謂ストップ&ゴーという類いのレイアウト。
ストレートを繋ぐのはシケインかヘアピンで、長いストレートも持つ高速コース。

去年は大雨で大荒れのレースになったけれど、元々路面も滑りやすく、ガードレールも近いので、セーフティカーも導入されやすく、荒れたレースになりやすいグランプリ。

基本的にはストレートスピードの速さが必要になるけれど、シケインの縁石を上手く使えるクルマに仕上がってるかどうかも重要といわれる。

持ち込まれるタイヤはソフトとスーパーソフトで、モナコ同様の最も軟らかい組み合わせ。

今シーズンはこれまでのところ6戦で6人バラバラの勝者が出ていて、荒れやすいカナダなら余計に誰が勝ってもおかしくない状況。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.7 F1カナダGP"

03.06.12

Alfa 147 TI サーキット走行会まで1週間

alfa147ti_circuit_100516_1.jpg

今年も申し込んだディーラーが主催してくれるサーキット走行会まで、早くもあと1週間。

去年は大雨の中、ベストタイム更新ならずだったので、昨日に引き続き、これまた自分の中でのちょっとしたメモ的な意味合いで、一昨年のタイムなんかをおさらい。

調べてみたら、一昨年のベストラップは1分49秒254だったので、今回はこれの更新が目標。

ただ、一昨年はタイヤが純正装着のPOTENZA RE050。
それに対して、現在は去年から履いてるPIRELLI P7。
おそらくRE050の方がグリップは良いハズなので、そのあたりがどうなるか。
まだ一回もピレリでドライ路面のサーキットは経験していないので、どんな感触なのかはちょっと楽しみ。

天気予報を見ると、今のところは6月10日は「曇り時々晴れ」のよう。
できればこのまま予報通りの当日を迎えたい。

02.06.12

Alfa 147 TI 6年目の6ヶ月点検時の走行距離

alfa147ti_20120528.jpg

どちらかというと自分用のメモ的に、この間の6ヶ月点検の時の走行距離。
忘れないよう写真は撮っておいたけれど、現在32505km。

6年目にしてはまぁ少なめか。

最近、ふとオイル交換を思い立ったときとかに、前回何kmぐらいで交換したかわからなくなるので、ちゃんと書いとこう。

今回はオイルフィルターも交換。

01.06.12

日本GPのチケット到着

f1_suzuka_c2_2012.jpg

今年も早めに買っておいた日本GPのチケット。
去年よりちょっと遅めではあるけれど、これまた早々に届いた。

今年はC席で観戦予定。
前からちょっと気になってた小林可夢偉応援席。
今年はザウバー好調なので、鈴鹿での好成績を期待したい。

しかし、今年も日本GP当日までちゃんと無くさないよう保管しとかないと。