09.06.12

2012 Rd.7 F1カナダGP 金曜フリー走行

cangp_12_free_lh.jpg

2012年F1世界選手権第7戦カナダGP。
まずは金曜日のフリー走行から。

初日トップタイムをマークしたのはルイス・ハミルトン。
フリー走行セッション1回目、2回目ともにトップタイムで、かなり好調。
周回数も結構多めで、順調そう。

2回目のセッションで2番手はアロンソ、3番手がマッサと、フェラーリ勢が続く。
アップデートが上手くいっているのか、ヨーロッパに入ってからのフェラーリはちょっと復調の兆し。
マッサも速さを取り戻しつつあって一安心。

ベッテルが1回目のセッションで2番手タイム、2回目のセッションでは4番手。

小林可夢偉も1回目7番手、2回目6番手タイムと好調。
去年は雨で中断する時には2番手を走っていてかなりレースを盛り上げてくれたので、今年はそれ以上の結果を期待。

ここでも結構速いんじゃないかと思っていたロータス勢はライコネン、グロージャン共に14、15番手と微妙な位置。
あくまで初日のフリー走行なんでなんとも言えないけれど、こちらはこれからの巻き返しに期待。

前回モナコで久しぶりにポールを獲得(スターティンググリッドは5番手降格)して速さを示したシューマッハも、カナダを得意としているので、ここでも速いシューマッハが見たい。

次は3回目のフリー走行。
それから予選。
またまた驚きの予選結果になるのかどうなのか、今から楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1896

コメントする