04.06.12

今週末は2012年 Rd.7 F1カナダGP

circuit_gilles_villeneuve.jpg

今週末は2012年F1世界選手権第7戦カナダGP。
ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットを舞台に、6月10日決勝。

公園周遊路を利用した半公道サーキットで、所謂ストップ&ゴーという類いのレイアウト。
ストレートを繋ぐのはシケインかヘアピンで、長いストレートも持つ高速コース。

去年は大雨で大荒れのレースになったけれど、元々路面も滑りやすく、ガードレールも近いので、セーフティカーも導入されやすく、荒れたレースになりやすいグランプリ。

基本的にはストレートスピードの速さが必要になるけれど、シケインの縁石を上手く使えるクルマに仕上がってるかどうかも重要といわれる。

持ち込まれるタイヤはソフトとスーパーソフトで、モナコ同様の最も軟らかい組み合わせ。

今シーズンはこれまでのところ6戦で6人バラバラの勝者が出ていて、荒れやすいカナダなら余計に誰が勝ってもおかしくない状況。

個人的には去年レースが中断されるまで2位を走った小林可夢偉に、それ以上の活躍を期待したいところだけど、ザウバーとモントリオールの相性はどうなんだろう?
今年のC31は結構高速コーナーが得意なようなので、そういう点ではちょっと疑問。

ストレートが速く、しなやかな足回りで縁石乗り越えもしっかりこなしそうなロータスが結構いけそうな気がするけれど、グロージャンは安定感に欠け、ライコネンもステアリングの違和感がどうにも解決しないみたいなあたりが不安点。

レッドブルがあんまり得意なレイアウトでもない事を考えると、無難に良さそうなのはマクラーレンかなぁ・・・。

とにかくレースとしても面白くなる事が多いカナダなので、またまた週末のレースが楽しみ。
北米なので、放送時間はちょっと辛いけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1891

コメントする