12.06.12

Alfa 147 TI ジラソーレ サーキットミーティング2012

alfa147ti_circuit_2012_01.jpg

今年も参加、ディーラーさん主催のサーキット走行会、"ジラソーレ サーキットミーティング"。
6月開催なのですっごく心配された雨に見舞われる事も無く、良い天気過ぎて暑すぎる事も無く、曇り時々晴れというちょうど良い天気で、久しぶりのサーキット走行を満喫。
去年大雨で思いっきり走れなかった分まで存分に楽しめた。

まずはドライバーズミーティングで走行説明を受け、アドバイザーの畑川氏のドライビングレッスン(座学)をしっかり聞いたらいざ走行開始。

この走行会、フリー走行は30分の走行枠が2回。
1回目は慣熟走行で2周ほど走ってピットイン。
その後は自由に走れる時間。

alfa147ti_circuit_2012_02.jpg

1年ぶりのセントラルサーキット、去年は雨だったので、実質ドライでは一昨年以来2年ぶりの走行。
という事で、最初は様子を意味ながら徐々にペースアップ。

タイヤに関しても、ピレリ P7でのドライ路面は初めてなので、こちらも少し探りながら。

ある程度コースも思い出し、タイヤも温まってそろそろアタックしようかなというタイミングで、残念ながらトラフィックに引っ掛かる。
そんなに長くないコースに32台も走ってるので、まぁ仕方無い。

レースじゃないので少しペースを落として間隔をとってからタイムを出しにいけばいいんだろうけど、それは久しぶりのサーキット走行で熱くなってるのでちょっと無理。
頑張ってオーバーテイク。
前のクルマとの差を詰めていくのも、どうやって抜いていくか考えるのもそれはそれで楽しい。

alfa147ti_circuit_2012_03.jpg

後ろから来る速いクルマには抜かれつつ、抜けそうなクルマは抜いていきつつで、1回目の走行でのベストタイムは1分48秒297。
一昨年のタイム、1分49秒254は1秒ほど更新。
とりあえず目標は達成。
でも、クリアーラップは取れていない中でのタイムなので、まだタイムを短縮出来そうな感じ。

ただ、とにかく暑い・・・。
エアコン切って、窓も閉めて走るクルマの中はホントに暑い。
汗だく。

という事で、ちょっと休憩しつつ、昼ご飯食べて次は午後からの走行。

alfa147ti_circuit_2012_04.jpg

2回目の走行も、1周目・2周目は様子を見つつ、3周目からペースアップ。

今度は中盤ぐらいでクリアーラップが取れたので、ちょっと頑張ってアタック。
暑いのもあってちょっとタイヤはズルズルだったけれど、ABSを信じてガツッとブレーキング。
コーナーではアンダー出て外側に膨らみつつも、目一杯アウト側までコースを使って、アクセル踏んで立ち上がり。

これは上手くいったと思った周で、残念ながら最終コーナーどアンダーでクリップにつけず、立ち上がりもノロノロ。
なかなか上手くいかない。

でも、この走行では最後に156の人に抜かれた以外は抜かれる事もなかったので、午前中の走行よりは速くなってるハズ。

alfa147ti_circuit_2012_05.jpg

そんな感じで走行を終えて、ラップタイムを確認すると、2回目でのベストラップは1分47秒048。
1回目より1秒ちょっとの短縮。

タイヤもズルズルになってた後半でのタイムだったので、気温が低かったり、もうちょっとタイヤ労って状態が良ければもうちょい短縮出来たかも。
もうちょっとだし、46秒台に入れたかった気がするけれど、あんまり無理してクラッシュするワケにもいかないので、今回はこれぐらいで満足しとこう。

さらなるタイム短縮はまた次回。

alfa147ti_circuit_2012_06.jpg

ちょっと凹むのは、同じグループでタイム計測してた147の中でベストタイムが一番遅かった事。
・・・無念。

それと、最終コーナー立ち上がってのホームストレートで、アクセル全開なのにMiToにジリジリ離されちゃった事。

ターボのトルクと、車重の軽さかなぁ。
最終コーナー立ち上がりで大きくRをとって、立ち上がり重視のラインで抜こうとしてるのに、ストレートで横に並べないのはちょっと厳しい。

MiToとストレートは同じぐらいだと思ってたんだけどなぁ・・・。

alfa147ti_circuit_2012_07.jpg

今回は一緒に行った友人に写真撮ってもらってたんだけど、写真を見ての驚きはコーナーでの147のロールっぷり。
乗ってるのと、外から見るのでは感じがやっぱり違う。

踏ん張ってる感があって悪くないけれど、微妙にトラクションかかってないんだろうなぁ。
確かに、そのコーナーでは外にクルマが逃げてる感があったので、写真を見ると妙に納得。

久しぶりに長々とブログを書いちゃったけれど、何はなくともサーキット走行はやっぱり楽しい。

そして、今回も無事最後までコースアウトする事無く走りきれて何より。

alfa147ti_circuit_2012_08.jpg

次回の目標はまた1秒ほどのタイム短縮かなぁ。
走り終えた後に振り返った感じだと、縮められる箇所はまだ十分ありそう。
1コーナーのブレーキングとか、山側の複合コーナーのライン取りとか。

F1みたいにセクタータイムとか出たらどこが遅くてどこが上手くいってるか良くわかるんだろうけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1899

コメントする