13.06.12

Alfa 147 TI サーキット走行後のPIRELLI P7

alfa147ti_circuit_2012_10.jpg

日曜日のサーキット走行会、30分の走行を2本走り終えた後のピレリ P7。
一番負担のかかる左フロントはやっぱり結構ボロボロ。
表面は若干溶けてねっとりした感じ。

P7というタイヤ、ピレリのサイトによると「最新のセダンやスポーティーなステーションワゴンのために開発された非対称タイヤです」との事なので、P ZEROシリーズ程スポーツ向けのタイヤじゃないけれど、走行中はそれなりのグリップも発揮してくれたし、感触もなかなか良好。

さすがに終盤はタレてしまってズルズルだったけれど、そこらへんはまぁ仕方無い。
暑かったし、自分のドライビングを考えても結構タイヤには負担かけてそうだし。

とにかくタイムを縮めたいという事ならもっとグリップするタイヤの方が良いかもしれないけれど、スポーツ走行を楽しむぐらいだと、147にピレリ P7の組み合わせは丁度良いぐらいのバランスかも。

alfa147ti_circuit_2012_09.jpg

そして、去年とは違い今年は晴れ。
折角なので、タイヤ側面のPIRELLIロゴも久しぶりに黄色に。

前に塗った時まだ残ってたポスカで、サーキットに着いてから色塗り。

タイヤレターが黄色いだけでちょっとだけモータースポーツな雰囲気。

走行後は左前のタイヤだけ、ロゴの上半分が黒ずんでたけれど、外側の縁石にでも若干擦ってるのか、何かやっぱりそのタイヤだけ特に負担が掛かってるのか。

でも、他はしっかり黄色いタイヤレター。
しばらくは一般道でも黄色いロゴのタイヤのまま。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1900

コメントする