22.06.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.22 Ferrari F2001 Michael Schumacher

ferrari_f2001.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
22号は2002年にM.シューマッハが駆り、17戦中9勝残り4戦でダブルタイトルを確定させたF2001。

前方に向かって垂れ下がっていくノーズ、中央部が低く、両端に向かって緩やかに高くなるフロントウイングなんかが特徴。
2000年にフェラーリにとって21年ぶりのダブルタイトルを獲得した翌年のクルマなので、自力でチャンピオンを獲得して付けたカーナンバー1が誇らしい。

モデルの仕上がりとしてはこのシリーズの平均的な出来かなと思うけれど、フロントウイングの緩やかな曲線はあまり再現出来ていないし、フラップとメインエレメントは一体で、隙間も空いてない。
デカールか印刷かでフラップの隙間に当たる部分には線が引かれているんだけど、段差の部分ともちょっとズレていて残念な感じ。
細かい部分の処理もちょっと甘い。

比較的最近のクルマになると、形状自体が複雑になるので、同じ金額で出すシリーズとしては細かいところまで手が回らないのかな。

次回23号は158 F1と、これまたかなり昔のクルマ。
あれ? 158 F1出てなかったかと思ったら、ホントに最近の20号
でも、次の158 F1はフェラーリとしては珍しい赤くないモデルみたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1910

コメントする