31.07.12

今更シルビア、しかもS13。

silvia_s13_tamiya.jpg

懐かしい。
新製品なのに。

タミヤの1/10 電動RCカーシリーズで新たに発売されるNISSAN シルビア(S13)。
今更シルビアがラジコンで新たに発売されて売れるのかどうなのか。

何が懐かしいって、18歳で免許とって、最初に買ったクルマ。
当時既に型落ちだったので、片手で収まる値段で購入。
まぁ、ターボも付いてない非力なエンジン積んだグレードだったけど。

発売は2012年8月11日(土)ごろ。
ちょっと欲しいな。

30.07.12

2012 Rd.11 F1ハンガリーGP

hungp_12_fin_lh.jpg

2012年F1世界選手権第11戦ハンガリーGP。
抜きにくいハンガロリンクだけに、コース上でのオーバーテイクを見る事はほとんど無かったけれど、見所はハミルトンとロータスの2人がしっかりと作ってくれた。

2回目のピットストップ直前、スタートで出遅れ5番手あたりを争っていたライコネンが、前を走るクルマがピットに入った事で先頭に立つとファステストを連発。
ポールからスタートし、ピットに入るまでは順調にトップを快走していたハミルトンとの差を広げピットインで逆転を狙う。
ハミルトンも自己ベストを更新するタイムで応戦し、トップを守るべく全力でプッシュ。

ライコネンがタイヤ交換のためピットに入り、出てきたタイミングではさらにチームメイトのグロージャンと交錯。
接触するじゃないかと思えたチームメイト同士のサイド・バイ・サイドのバトルはライコネンが制し、ライコネンは2位にジャンプアップ。
ハミルトンはトップをキープしたものの、速いライコネンに追い立てられる展開に。

結果的には抜けないハンガロリンク、トップを守りきったハミルトンが優勝。
チームメイトバトンがタイヤを保たすことが出来ず3回のタイヤ交換を行う中、ハミルトンはしっかりタイヤを労り2回ストップ。
ある意味ハミルトンらしくない大人なレースを見せての勝利。

続きを読む "2012 Rd.11 F1ハンガリーGP"

29.07.12

2012 Rd.11 F1ハンガリーGP 予選

hungp_12_q_lh.jpg

2012年F1世界選手権第11戦ハンガリーGP。
ハンガロリンクを舞台に行われた予選。
低速で抜きにくく、しかも全長が短いコースなので、全車が走る事になるQ1はかなりの渋滞。
うまくスペースを見つけてアタックしないと、思わぬタイムロスでQ2に進めない事態になっちゃうような状態で、結構トラフィックに悩まされてた人もチラホラ。
とにかくスターティンググリッドが重要なハンガロリンクでの予選は激しい争い。

Q3でただ1人1分20秒台に入れてポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン。
初日から最速で、ここでのマクラーレン、ハミルトンはかなり速い。

2番手はポールポジションも期待されたグロージャン。
でも、クラッシュの多いグロージャンがこの位置からスタートするのはちょっとドキドキする。
しかも、やや不利な偶数列なので、スタートで出遅れてさらに大きなアクシデントに・・・、なんて事にならなければいいけど。

3番手はエンジンマッピングが違法とされ、車高調整機能まで予選で封印されちゃったレッドブルのベッテル。

続きを読む "2012 Rd.11 F1ハンガリーGP 予選"

28.07.12

2012 Rd.11 F1ハンガリーGP 金曜フリー走行

hungp_12_free_lh.jpg

2012年のF1も半分折り返して、第11戦目はハンガリーGP。
まずは金曜日フリー走行。

1回目はドライコンディション、2回目はドライで始まりつつも間で大雨に降られ、途中でウェット。

そんなコンディションの中、1回目・2回目ともにハミルトンがトップタイム。
1回目ではバトンも2番手で1-2と、マクラーレンが好調。

前戦ドイツでもバトンは速さを取り戻していたし、ハミルトンも最後にベッテルをオーバーテイクしちゃったぐらいで、トラブルが無ければ上位を争える速さはあっただけに、マクラーレンは復調の気配。
それに、ハンガリーではここ5年で4勝と、マクラーレンの相性が良い。
まだフリー走行でわからないところも多いけれど、久しぶりにマクラーレンの優勝があるかどうか。

続きを読む "2012 Rd.11 F1ハンガリーGP 金曜フリー走行"

27.07.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.24 Ferrari 801 F1 Luigi Musso

ferrari_801_f1.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
24号は、1957年にルイジ・ムッソが駆った801 F1。

1957年というのがもうかなり昔のクルマになっちゃうので、実車がどうだったかは全然知らないけれど、この801 F1は11号の時のD50の改良型らしい。
そもそもD50がランチアからフェラーリに渡ったクルマという事で、まぁちょっと変わった境遇を持ったクルマ。

D50にあったサイドポンツーンが無くなり、何やらウイング状のものが両サイドに出ているのと、これまた左右に4本ずつ出てるエキゾーストが特徴的。

ミニカーとしてもまぁまぁで、このシリーズの中でも悪くない仕上がり。
コクピットあたりがちょっと雰囲気があって良い。

26.07.12

F1速報PLUS Vol.28 あなたが選ぶ歴代最強ドライバー

f1sokuho_plus_28.jpg

F1速報プラス Vol.28は、F1速報やオートスポーツweb、その携帯サイトで募集してた投票の総集編といった感じの「あなたが選ぶ歴代最強ドライバー」特集。

ここ最近のF1速報プラス、結構内容が濃くて面白いのが多かったけれど、そのここ最近のと比べるとちょっと内容的には薄い感じだったかなぁ。
結構すぐ読めてしまったし。

まぁ、でも、F1カメラマンが選ぶ魅力的なF1ドライバーの写真は結構良かったし、特集のランキングでもF1ファンの傾向みたいなものがうっすら見えてなかなか面白い。

セナ人気は相変わらず。
そして、ライコネンの人気もなかなか。

好きなドライバーが世間的にはどんな評価なんだろうみたいな観点で読んでも面白いかも。

25.07.12

なんかコツコツ当てられてるなぁ

alfa147ti_20120725.jpg

147の左のドア。
1つは前からあったの気付いてたんだけど、最近になってまた小さいヘコミが増えてる。
何処かの駐車場に置いたときに、隣のクルマのドアにコツンとやられてるんだろうなぁ。

基本的には出来るだけ壁際とか端っこで、片方だけしか隣に置けないような位置を選んで、確率は減らしてるつもりではあるんだけどなぁ。
やられちゃう時はやられちゃうか。

しかし、左側って事は相手は運転席側。
そこに乗っててドアを開けるのは同じクルマを運転する人間なんだから、ちょっとぐらい人のクルマも思いやろう、ホント。

24.07.12

今週末は2012年 Rd.11 F1ハンガリーGP

hungaroring.jpg

今週末F1は今シーズン第11戦のハンガリーGP。
舞台はブダペスト郊外のハンガロリンク。
1周の距離が短く、低速で抜きにくいコース。
遅いクルマが前を走るとずっとそれに付き合わされる事になり、レース中も結構渋滞になってしまう事が多くて、何も無ければあまり見所の無いレース展開にもなりがち。

でも、実際には夏の暑さでトラブルが起きやすかったり、天気なんかの要因で波乱になる事も多いグランプリ。
抜きにくいから予選が大事なハズなのに、ポールポジションからの勝率も結構低め。
ここで初優勝するドライバーも結構多いので、各チームの差が詰まっている今シーズン、新たな勝者が生まれる可能性も高いハズ。

去年は小雨が降る中スタートして、一旦止んだ雨が終盤でまた降りだすという不安定で難しいコンディションのレースで、そんなレースでは抜群に強いバトンが優勝。
大波乱とは言えないまでも、やや荒れたレース。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.11 F1ハンガリーGP"

23.07.12

2012 Rd.10 F1ドイツGP

gergp_12_fin_fa.jpg

2012年F1世界選手権第10戦ドイツGP。
雨の予選から天気も回復し、ドライコンディションで行われた決勝レース。

ポールポジションからスタートしたアロンソを、ベッテルがずっと追い続ける展開。
終盤には7番手スタートから追い上げてきたバトンも絡んできて、トップ3チームの、しかもチャンピオン経験者同士の三つ巴バトルという目が離せない展開に。

途中周回遅れのハミルトンがベッテルを抜いてしまうという余計な事があったものの、チャンピオン3人のハイレベルな駆け引きは、結局タイヤを痛めたバトンが後退し、ピットストップ後にバトンの後ろになっていたベッテルが再逆転して2位浮上。
けれどもアロンソは最後までしっかりとタイヤを保たせ、ポジションを守りきり今シーズン3勝目。
1位アロンソ、2位ベッテル、3位バトンという表彰台に。

ただ、ベッテルがバトンを抜いた際に、コース外を通って抜いたという事で、レース後の審議によりベッテルに20秒加算のペナルティが課され、最終的にはベッテルは5位という結果に。

続きを読む "2012 Rd.10 F1ドイツGP"

22.07.12

2012 Rd.10 F1ドイツGP 予選

gergp_12_q_fa.jpg

2012年F1世界選手権第10戦ドイツGP。
ホッケンハイムリンクを舞台に、雨の中行われた公式予選でポールポジションを獲得したのはF.アロンソ。
同じく雨だった前戦イギリスGPに続いて2戦連続。

結構な雨量でコースアウトするクルマも続出するなか、縁石までコースを目一杯使った渾身のアタック。
水の上で暴れるフェラーリF2012をねじ伏せて、ただ1人1分40秒台。
最近何回同じ言葉を使ったかわからないけれど、さすがアロンソ。

2番手には0.405秒届かなかったベッテル。
母国GPでポールが獲れなかったのがちょっと悔しそう。

3番手はウェバーだけど、こちらはギアボックス交換により5グリッド降格が確定。

今シーズン中盤はこんな感じでアロンソ対レッドブルの2人という構図が続くのかな?

続きを読む "2012 Rd.10 F1ドイツGP 予選"

21.07.12

2012 Rd.10 F1ドイツGP 金曜フリー走行

hockenheimring.jpg

2012年F1世界選手権第10戦ドイツGP。
舞台のホッケンハイムは金曜日から雨模様。
前戦イギリスに続いて雨絡みのグランプリになりそうな雰囲気。

そんな初日のフリー走行は1回目マクラーレンのバトン、ハミルトンが1-2。
ここ最近不調のバトンがトップタイムだけど、タイムは序盤にマークしたもので、雨のフリー走行はいつも以上に参考にならない。

2回目のセッションではウィリアムズのマルドナドがトップタイムだけど、雨の中午前中よりも遅い1分27秒476というタイム。

生憎の雨に各チーム新しく持ち込んだアップデートがキチンと試せずやや消化不良っぽい感じ。

続きを読む "2012 Rd.10 F1ドイツGP 金曜フリー走行"

20.07.12

WELCOME TO RED BULL 5G トレーラービデオ

少し前に紹介した、日本No.1プレイヤーを決めるゲームバトル、RED BULL 5G
そのトレーラービデオが公開されてた。

で、トレーラーを見てみる限り、どうもGT5ではRed Bull X2010を使用してのレースかタイムアタックになりそうな雰囲気。
まぁ、X2010を使うのが一番レッドブルらしいと思うので、それに関しては全然異論は無いけれど、オンライン予選ではすっごいタイムでの争いになるんだろうなぁ。

一応、参加するだけしてみたいところではあるけれど。

19.07.12

最近はラジコンも節電みたい

edash.jpg

タカラトミーから最近発売されたらしい新感覚のRC、EDASH。
手回しで充電し、手回しハンドルでコントロール出来るらしい。

なんか、今時な感じ。

ラインナップも日産・リーフ、トヨタ・プリウス、ホンダ・CR-Z、ホンダ・フィットハイブリッドと、やたらと現実的なラインナップ。
リーフはまぁ、実車も充電するから良いとして、他は電池も積んどいた方がハイブリッドな感じで良かった気がしないでもない。

節電節電な世の中で、ラジコンまで節電なんて、ちょっと夢が無い気もするけれど、売れるのかな、これ。

18.07.12

FIAT HOT SUMMER CAMPAIGN

fiat_hotsummer_cp.jpg

FIATが、"HOT SUMMER CAMPAIGN"と題して、夏の写真を投稿すると、抽選で FIAT と同じイタリア・トリノ生まれの人気ブランド Persol のサングラス、またはSPERGA のスニーカーと FIAT オリジナルキャップが当たるキャンペーンを実施中。

「とびっきりの夏」に関わる画像であればいいみたいだけど、それがさらにFIATに関連した画像なら当選確率が2倍になるらしい。

応募は「#fiathotsummer」というタグを付けてtwitpicで画像を投稿するだけと、簡単みたいなので、なんかFIATが写ってる夏っぽい写真を撮って応募してみようかな。
FIAT試乗しに行くか、ミニカーを撮るか・・・。

17.07.12

フィジケラがモスクワでデモラン

ferrai_f60_moscow.jpg

2014年にF1を開催予定のロシア。
そのロシアでのF1イベントでフィジケラがフェラーリF60をドライブ。

フェラーリ入りしてなかなか楽しそうにやってるフィジケラが微笑ましくて良い感じ。
現役最後にフェラーリ入りして良かった。

再来年なのでまだまだ先という感じがするロシアGPだけど、今のうちから着々とF1開催に向けて準備されてるのかなぁ。
どんなグランプリになるのか、楽しみなような、でもやっぱり新興国よりクラシックコースでのF1の方がやっぱり良いような・・・。

16.07.12

今週末は2012年 Rd.10 F1ドイツGP

hockenheimring_080714.jpg

今週末F1は2012年第10戦ドイツGP。
現在ドイツGPはホッケンハイムとニュルブルクリンクでの交互開催となっていて、今年はホッケンハイムで開催される番。

以前は長いストレートを持つ高速コースだったけれど、大改修が行われて2002年以降は一部にはクラシックコースから引き継いだ部分も残しながらも、現代的なレイアウトの中速コースに変わっている。

個人的には森の中を全開で駆け抜ける昔のホッケンハイムが好きだったけれど、まぁ安全面とか色々考えると、改修されてレイアウトが変わるのも仕方無い。

前回ホッケンハイムでドイツGPが行われたのが一昨年2010年で、その時はフェラーリがあからさまに当時は禁止されていたチームオーダーと思われる無線によって、マッサがアロンソに順位を譲り、アロンソが優勝したものの議論の対象になったレース。

これといってどこかのチームと相性が良さそうに思えるところは無いけれど、暑くなる事が多いのでタイヤには厳しいレースになるかも。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.10 F1ドイツGP"

15.07.12

F1 RACE STARS

ここのところF1の公式ゲームをPS3やXbox360なんかでリリースしてるコードマスターズが、この冬発売予定の新しいF1ゲーム。
通常の最新作、F1 2012は別に出るので、それとは全く別路線なディフォルメされたマシンとドライバーで争うレースゲームらしい。

ちょっと思いもよらぬ方向性。
ムービーではアロンソ、ハミルトン、ベッテルがディフォルメされてる。

これ、PS3とXbox360で発売されるみたいだけど、ゲームの感じからすると3DSとかの携帯機の方が良かったんじゃないかな?
なんかその方が気軽に楽しめてイメージに合うような気がするし、通常のF1シリーズとの違いが活きそうな気がするんだけど。

14.07.12

Red Bull Fly By in Kobe

redbull_flyby.jpg

関西初!「レッドブル・アスリートの室屋義秀が、神戸みなとまつりでメリケンパーク上空を舞う!」との事で、明日7月15日、神戸みなとまつり メリケンパーク上空にて、レッドブル・アスリートの室屋義秀がフライト・パフォーマンスを見せてくれるらしい。

見に行きたい、・・・けど明日仕事だった。

エアロバティックなんてあんまり見る機会無いし、ちょっと無念。

さらに翌日は福岡で飛んでくれるらしいけれど、今度そっちは遠い。

13.07.12

車載エスプレッソマシンをオプションで用意するなんて、さすがイタリア

fiat_500_l.jpg

なんかイタリアらしいというか、さすがというか、FIATが今度出すちょっと大きい500、500Lに、車載エスプレッソマシンをオプションとして用意するらしい。

まぁ、そんなに大規模なものじゃなく、クルマのカップホルダーに収まる大きさのものらしいけれど、なかなか素敵なオプション。
一応エスプレッソマシンを搭載する量産車は世界初という事になるそう。

ヨーロッパでは年内、日本では入ってくるのかどうかわからない500Lだけど、日本に導入するなら是非エスプレッソマシンもちゃんとオプションで付けれるようにしておいて欲しいなぁ。

もしくは、カップホルダーに収まるサイズのエスプレッソマシンなら、FIAT全車でオプションで選べるようにしても良いかも。

個人的にはコーヒーあんまり飲めないので、多分付けないけど。

12.07.12

MINICHAMPS SAUBER C30 K.KOBAYASHI 2010

sauber_c30_minichamps.jpg

久しぶりにちょっと良いミニカー。
MINICHAMPSのザウバー C30、カーナンバー16・小林可夢偉。

仕事帰りにチラッと寄ったお店でセールしてるのを発見。

前年モデルのC29に比べると、ペレスのメキシコマネーで格段に増えてるスポンサーロゴ。
C29は寂しかったけれど、ミニカーとしてはこれぐらいロゴが付いてた方が見栄えがして良い。

タイヤは黄色いロゴのP ZERO。

これぐらいのミニカーに出来がどうこう言える程のコレクターでもないけれど、やっぱりMINICHAMPS、なかなか良い出来。
個人的には複雑な塗装がちゃんと再現されてる可夢偉のヘルメットが良い感じ。

11.07.12

M.ウェバー、レッドブル残留決定

suzuka_f1_q_mw_01.jpg

今年のF1も9戦まで終わって、次戦ドイツGPでちょうど半分。
これぐらいまで来るとそろそろ出始めるのが来期のドライバー移籍なんかの話。

8月の夏休み頃なんかに色々決まる事が多いんだけど、いち早くウェバーのレッドブル残留が確定で、1年契約との事。

ここが動くと他のチームやドライバーも色々と動くんじゃないかと思われてただけに、ウェバーが残留という事になるとあまり他も動かないかも。

でも、ウェバーはフェラーリと交渉はしてたって言っちゃってるし、フェラーリがマッサの後任を探しているのは確か。
ただ、それもここのところのマッサの復調で、残留もあるかもしれない感じになってきているので、マッサも動かないとすると、来年はトップチームであまりドライバーの入れ替えは無いのかも。
マッサの立場が厳しいのは厳しそうではあるけれど。

10.07.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.23 Ferrari 158 F1 John Surtees NART

ferrari_158_f1_nart.jpg


アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
23号は1964年にジョン・サーティースが駆り、コンストラクターズタイトルとドライバーズタイトルを獲得した158 F1。

同じ書き出しにしてみたけれど、20号の158 F1と基本的には同じクルマの色違い。

諸々の事情から、1964年終盤のアメリカGP、メキシコGPにノースアメリカン・レーシングチーム (N.A.R.T.)名義でエントリーした事から、カラーリングが青字に白いストライプというアメリカのナショナルカラーになってしまった、ワークスとしては珍しい青いフェラーリ。

モデルとしては20号の158 F1の塗装違いぐらいな感じなんだけど、細かいところはこっちの方がちゃんと仕上げてあって、完成度は高いかも。

ホイールのリムやナットがちゃんと塗装してあったり、エキゾーストがメッキだったのが少し質感の良い塗装になってたり。
値段の割にはなかなか良い出来。

次の24号は801F1。
1957年のモデルという事で、今回よりさらに古いのか・・・。

09.07.12

2012 Rd.9 F1イギリスGP

brigp_12_fin_mw.jpg

2012年F1世界選手権第9戦イギリスGP。
土曜日までとは打って変わってドライコンディションでスタートした決勝レース。
直前の予報ではレース中に一雨来るような事を言っていたけれど、結局最後まで降る事もなくレインタイヤの出番も無し。

荒れたレースにはならなかったけれど、さすがにシルバーストン、レースそのものがちゃんと面白い。
高速コーナーを限界ギリギリで駆け抜けながらの接近戦では、ホントにF1ドライバーの凄さを思い知らされる。

終盤まではポールポジションからスタートしたアロンソがレースをリード。
ハード - ハード - ソフトと繋いだタイヤ戦略で、最後のソフトタイヤにグレイニングが発生して順調だったレースは一転、急激にペースダウン。
そのアロンソに対して、2番手からスタートし、ずっとアロンソの後ろで隙を窺っていたウェバーはソフト - ハード - ハードというタイヤ戦略。
軟らかいタイヤにグレイニングが出てペースを落としたアロンソを、残り5周となった48周目にパスしたウェバーがそのまま優勝。
アロンソに続いて今シーズン2勝目。

ベッテルにも追い立てられたアロンソだけど、そこはなんとか守りきり2位。
3位ベッテルが表彰台で、レッドブルが1-3。

続きを読む "2012 Rd.9 F1イギリスGP"

08.07.12

2012 Rd.9 F1イギリスGP 予選

brigp_12_q_fa.jpg

2012年F1世界選手権第9戦イギリスGP。
シルバーストンで行われた公式予選はさすがのブリティッシュウェザーで大荒れ。

Q2で赤旗中断を挟んで、最終的にポールポジションを獲得したのはF.アロンソ。
前戦ヨーロッパGPも勝ってるし、勢いがある。

2番手にウェバー、3番手にシューマッハ。
この位置にいるシューマッハが決勝レースを面白くしてくれそう。

4番手ベッテル、5番手マッサ、6番手ライコネン。
ライコネンはQ3で出て行ったタイヤがマズく、結局交換。
タイヤを間違えなければもう少し良いグリッドだったかも。

7番手マルドナド、8番手ハミルトン、9番手にヒュルケンベルグだけど、ヒュルケンベルグはギアボックス交換で5グリッド降格が確定。

10番手がグロージャンという予選トップ10。

続きを読む "2012 Rd.9 F1イギリスGP 予選"

07.07.12

2012 Rd.9 F1イギリスGP 金曜フリー走行

brigp_12_free_lh.jpg

2012年F1世界選手権第9戦イギリスGP。
最初の金曜日フリー走行から、シルバーストンはイギリスらしいウェットコンディション。

雨ということで、みんな周回数は少な目ながら、1回目のセッションではグロージャンが、2回目のセッションではハミルトンがそれぞれトップタイム。

あくまでフリー走行とはいえ、気温の低いコンディションがあまり得意じゃないと思ってたロータスのグロージャンが速かったのはちょっと意外。

2回目のセッションでは2番手タイムをマークしている小林可夢偉に関しては、高速で低温なシルバーストンにザウバーはあってるハズで、雨の中クルマの感じは良かったという本人のコメントを聞く限り、悪くはなさそう。

続きを読む "2012 Rd.9 F1イギリスGP 金曜フリー走行"

06.07.12

PUMA evoSPEED F1 Mid

puma_evospeed_mid.jpg

「みんなBOLTれ!」なんてキャッチコピーでPUMAが展開中のevoSPEED。
今年はオリンピックイヤーという事もあって、ウサイン・ボルトのモデルを中心に、ランニング、フットボール、ゴルフ、モータースポーツのモデルが同じコンセプトでリリースされてる。

そんなevoSPEEDのモータースポーツモデル、evoSPEED F1 Mid。
ちょっとスッキリしたデザインも良い感じだったので、お店で履いてみたら、軽いし、なかなかフィット感も良いしだったので購入。
いかにもレーシングシューズがモチーフな、真っ平らなソールも良い感じ。
色合いもこれからの季節に爽やかな感じで良さそう。

PUMAのCM(http://youtu.be/86cNxnTgZnw)では早々とコケてしまってるアロンソが履いてるけれど、このCMのアロンソもなかなか良い味出してる。

05.07.12

Red Bull 翼をさずけるキャンペーン

worldofredbull.jpg

またまたこちらも「"レッドブル翼をさずける"のテーマにそった夢や目標、挑戦をツイートして頂き、Red Bull Japan公式アカウントが応募ツイートの中から1日に1~2つを選考しリツイート。期間中に選ばれたツイートの中から、最終審査を行い1名の夢を実現するべくレッドブルがサポートします。」というレッドブルのキャンペーン。

なんか、とにかくキャンペーンの内容がデカいというか、素敵というか、とにかく翼をさずけていただきたい。

とりあえず、何か挑戦したい事をつぶやいてみようかな。
個人的にはレッドブルのサポートでF1ドライバーを目指したいところではあるけれど、さすがに・・・。

キャンペーンのサイトは、http://worldofredbull.jp/。
これに関連してのレッドブルのCMもなかなか格好良い。

04.07.12

RED BULL 5G

redbull_5g.jpg

色んな分野で日本一や世界一を決めるイベントを開催して、面白い事を色々とやってくれるレッドブル。
一応参戦予定のRED BULL KART FIGHTを楽しみにしてたら、またまた新たなイベント。

今度は日本No.1プレイヤーを決めるゲームバトル、RED BULL 5G。

日本のゲーミング界に翼をさずけることを目的に、5つのジャンルの5つのゲームを使って、ゲームプレイヤー日本No.1を決めるゲームトーナメントとの事で、"FPS"、"格闘"、"ドライビング"、"スポーツ"、"フリージャンル"の5つのジャンルで日本一を決めるらしい。

まぁ、そこまでゲーマーでもないので、ゲームの日本一を決めるって事自体はそれほどまで興味はないものの、ドライビングのジャンルでの使用ソフトがGT5なのはちょっと良い感じ。
こういうイベントになると相当レベルは高いんだろうけれど、オンライン予選に参加するぐらいは出来そう。

レッドブルにはこんな感じでとにかく色々なイベントを開催してもらって、今後も色んなとこを盛り上げていただきたい。

03.07.12

今度はミリタリービークル ミニカーコレクション

kyosho_militarybehicle.jpg

お馴染みのサークルK・サンクス限定1/64スケール・ミニカーコレクション。
前回の第53弾フェラーリ フォーミュラカー ミニカーコレクション 3が2月に発売されて以来動きが無いなと思っていたら、ようやく次の第54弾の情報が京商のサイトで公開されてた。

見たときに若干目を疑った次回のコレクションはミリタリービークル ミニカーコレクション。

高機動車や、軽装甲機動車といった自衛隊の装備を中心に、「有事の際の実力発揮を目指し、国産車両メーカーが英知を集めて作り上げた隠れた名車達」という触れ込み。

確かにこれまで路線バスとかもシリーズにあったけど、今度はこういう方向か・・・。

モーターショーで実物見たときには結構盛り上がったけれど、そのミニカーはどうだろう、個人的にはそんなに魅力を感じないなぁ・・・。
画像を見る限りでは、ミニカー自体はさすがの仕上がりっぽいけれど。

02.07.12

今週末は2012年 Rd.9 F1イギリスGP

silverstone_f1_2010_circuit.jpg

今週末F1は2012年第9戦イギリスGP。
舞台は伝統のシルバーストン。

伝統のイベントでもあり、コースもしっかり面白いという事もあって、毎年楽しみにしているグランプリの1つ。

2010年からはそれまでとは違うアリーナレイアウトと呼ばれる新しいレイアウトでF1が開催されているけれど、高速テクニカルコースという性格はそのまま。
スタート位置も変わった事で、コーナーの順番も変わったけれど、シルバーストンらしいマゴッツ - ベケッツ - チャペルという高速S字セクションもそのまま。

高速テクニカルコースという事で、これまでは空力に優れるレッドブルが得意とするコースという印象があるけれど、今年のこれまでの状況を考える限り、レッドブルが明らかに有利とは言えないような状況。
ただ、前戦バレンシアではトラブルでリタイヤに終わったものの、予選から速さを見せたレッドブルとベッテルがシルバーストンでも速そうな気はする。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.9 F1イギリスGP"

01.07.12

Lamborghini collection Miura P 400 & Jota SVR

ucc_lamborghini_miura_jota.jpg

ようやく見つけた、UCCの缶ボトルコーヒーに付いてるミニカー、Lamborghini collection
1/72スケールのダイキャスト製プルバックカー。

いくつかあった中から選んでみたのはパールイエローのミウラと、ブラックのイオタ。

このコレクション、コーヒーのオマケながら、京商のミニカーという事で、なかなか良い感じの出来。

イエローのミウラの塗装のパール感も良い感じだし、細かいところもそれなりにしっかり作り込まれてる。

カウンタックとムルシエラゴ、レヴェントンも欲しいなぁ、これ。
個人的にはカウンタックはLP400、ムルシエラゴもLP670じゃなく、普通のの方が良かったけど。