31.08.12

鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー

suzuka_50th.jpg

F1は今日からベルギーGPだけど、鈴鹿では明日から開場50周年記念のイベント、"鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー"が開催。
9月1日、2日の2日間。

なんか往年のF1マシンが走ったり、星野さんと中嶋さんが対決したり、A.ナニーニが来たり、とにかく色々なイベントが盛り沢山で、ゲストも、走るクルマもバイクも、相当に豪華。

しかも、HPで招待券をダウンロードしといたら入場無料。
鈴鹿サーキット、50周年とはいえ太っ腹。

行きたい。
でも、明日も明後日も仕事だ・・・。

鈴鹿行きはやっぱり日本GPまで我慢か・・・。

30.08.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.27 Ferrari 126 C2 Didier Pironi

ferrari_126_c2.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
27号は、1982年の126 C2。

今回で27号目、そして126 C2と来たら、カーナンバー27のジル・ビルヌーヴと思いきや、カーナンバー28のディディエ・ピローニ。
折角の27号なのに、そこは意識して欲しかった。
・・・あんまし関係無いのかな、メーカーにとっては。

で、126 C2、今更ここで説明するまでもない、フェラーリにとっては悲劇のマシン。
シーズン中にドライバーは2人とも大事故に見舞われ、ジル・ビルヌーヴは死亡、ピローニもF1のキャリアをそこで終える事になる。
それでも、結果的にコンストラクターズタイトルを獲得している事から、クルマの素性は良かったんだろう。

今回のモデルはそんなフェラーリの中でも印象的なクルマだけに、ちょっと力も入ってるのか、なかなか良い出来。
塗装の感じも良いし、細かいディティールも良い具合。
このシリーズの中ではかなり良い方の仕上がりなんじゃないかな。

次号はM.シューマッハのF310。
久しぶりにリアルタイムでF1を見ている頃のクルマに戻ってきそう。

29.08.12

傷つけられてる!

alfa147ti_scratch.jpg

久しぶりに洗車でもしようかと、147で洗車場に行き、水分を拭き取ってる時に左後ろのドアで発見・・・。
見覚えのない線状のキズ。

あー、やられた。

日も暮れてたので、暗くてちょっとわかりにくかったけれど、浅い部分も含めれば結構な長さ。

悪戯でされたにしてはキズが浅いので、まぁ、事故というか、歩いてる人か、自転車か、何かに擦られたんだろう。
でも、浅いと言っても、コンパウンドでちょっと磨いた程度では消えないレベル。

うーん・・・、とりあえずはタッチアップかなぁ・・・。

こないだもドア微妙に当てられてたし、今年は結構こんなのが多いな・・・。

28.08.12

Red Bull 5G 受付始まってた

redbull_5g_about.jpg

日本No.1プレイヤーを決めるゲームバトル、RED BULL 5G。
気がついたら参加受付が始まってた。
8月17日から始まってたらしい。

Racingのジャンル、使用ソフトはGran Turismo 5 Spec II。
詳細ルールは公開されていないけれど、Red Bull X2010を使うんだろうなぁ。

とりあえず登録はしとこうかな。
奇跡的なラップタイムが出せないとも限らないし。

しかし、最近GT5起動してないから、少しはリハビリしとかないと。

27.08.12

今週末は2012年 Rd.12 F1ベルギーGP

spa_francorchamps.jpg

大体1ヶ月の夏休みがようやく終わって、久しぶりのF1。
今週末はF1ベルギーGP。
しかも、ベルギーGPはシーズン中でも楽しみなイベントな1つ。
なんと言ってもスパ・フランコルシャンが本当に魅力的なサーキット。
ちょうど嬉しい事に、今後3年間の開催も決定。

そんなスパ・フランコルシャンといえばオー・ルージュ。
小刻みに曲がりながら駆け抜ける急な上り坂の高速コーナー。
そこからラディオンをこえて続くケメル・ストレートはオーバーテイクポイントで、超高速でのバトルは本当に見応えあり。

とにかく今のF1では数少なくなった高速のクラシックコースというだけで魅力的なコース。

ほとんどのチームが僅差の中で争っている超混戦の今シーズン、より一層面白いベルギーGPが見られそう。

そして、個人的にここで期待しているのはM.シューマッハ、K.ライコネンの出戻り元チャンピオン2人の活躍。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.12 F1ベルギーGP"

26.08.12

capeta 29巻

capeta_29.jpg

capetaの最新29巻
28巻に続いてのマカオGP。

マカオGPってサラッとしか見た事がないけど、これを読んだらすっごくマカオのレースが見たくなる。
去年CSフジで放送してたの録画しといたら良かった・・・。
マンガで読んでいたとしても、マカオの独特さが十分伝わってくる。

それでもまだまだ予選。
これから予選レース、決勝レースと、どうなっていくのか本当に気になる展開。

まぁ、とにかく、読み出したら相変わらず一気に読んでしまう熱い1冊。

25.08.12

F1速報PLUS Vol.28 超・接戦のメカニズム

f1sokuho_plus_29.jpg

F1速報プラス Vol.29は、2012年後半戦緊急予測という事で、「超・接戦のメカニズム」という特集。
今シーズンこれまでの7人の勝者が予測する後半戦の行方や、序盤最速のマクラーレンと、ぐんぐん速くなってきたフェラーリ、それにレッドブル、それぞれのクルマのメカニズム分析等々。

それに、ここ最近色んな雑誌なんかでもよく見る、小林可夢偉は勝てるのかといった特集も。
ザウバーC31の速さの秘密など、結構ザウバーと小林可夢偉に関するページ数も多め。

"空力"とか、"お金"とか、"歴代最速ドライバー"とか、わかりやすい特集じゃなく、ちょっと地味な仕上がりかもしれないけれど、中身はなかなか面白い。

ちょうどF1夏休み期間中で、後半戦の予測も楽しい時期なので、これ読みながらシーズン後半の予想をいろいろ考えてみたいところ。

24.08.12

サントリーコーヒーボス アウディ コレクション Avus quattro & Rosemeyer

boss_audi_avus_rosemeyer.jpg

昨日に続いてのボス アウディ コレクション。
今度はコンセプトカーの2台、Avus quattroとRosemeyer。

車種選定からして結構マニアックなこのコレクション。
そして、このコンセプトカーの2台はコレクションの他の車種と違って、プルバックカーではなく、フリクションミニカー。
しかもLEDライトが光るギミック付き。

見た目も結構しっかり出来てるし、オマケでここまでやるかというぐらいのミニカー。
ギミックもなかなか面白いので、つい走らせて遊んでしまう。

23.08.12

サントリーコーヒーボス アウディ コレクション R10 TDI & R15 TDI

audi_r10_r15_tdi.jpg

ここ最近、毎度毎度結構なクオリティで出してくる、缶コーヒーボスのオマケのミニカー。
今回はアウディのコレクション。

やっぱり1缶に1台のと、2缶に1台付いてるのがあって、これは2缶の方。
ル・マン24時間耐久レース優勝車のR10 TDIと、R15 TDI。

プルバックカーなんだけど、缶コーヒーのオマケとしては十分すぎる出来。
ちょっと荒いものの、ボディカラーも塗装で塗り分けられてるし、なかなか雰囲気出てる。

サイズもちょっと大きくて、集めるのにも悪くない大きさだし、これぐらいのクオリティのレーシングカーのミニカーだとちょっと集めたくなる。
前のロータスF1に続けての、何かレーシングカーのコレクションを今度は用意してくれないかなぁ。

22.08.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.26 Ferrari 246 F1 Olivier Gendebien

ferrari_246_f1_1958.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
26号は、23号の158 F1 NARTに続いて、珍しい赤くないフェラーリF1。
1958年、オリビエ・ジャンドビアンがドライブしたモデル。

このクルマについては世代が全然違うので、詳しい事はあまりわからないけれど、フェラーリF1で黄色いボディが他と並べるとよく目立つ。
フロントにボコッと飛び出したインテークと、シュノーケルみたいに後ろに向かって持ち上がっていくエキゾーストが特徴的。

ミニカーとしてはなかなか悪くない出来。
黄色って結構塗装がイマイチな事が多いけれど、これは下が透けてる事も無く、艶も十分。
まぁ、このシリーズの平均的なところかな。

21.08.12

MONOX 1/43アルファロメオコレクション Alfa Spider 1300 Junior

monox_alfa_spider_1300.jpg

昨日の156 GTAに続いて、MONOX 1/43アルファロメオコレクションの3台セットから、Spider 1300 Junior。

1970年のモデルという事で、丸っこいボートテールから、スパッと切り落とされたカムテールになったモデル。
白いボディでちょっと地味だけど、それはそれでなかなか味があって格好良い。

1600のデュエットでもなく、1750のヴェローチェでもなく、1300のジュニア。
ちょっとシンプルな分モデル化しやすかったのかな。

他の2台同様、購入価格を考えるとやっぱり十分以上のクオリティ。
オープンモデルだけに、しっかり見える内装もそれなりに作ってある。

MONOX 1/43アルファロメオコレクションの3台セットの中では、このスパイダーが一番良いかな。
3台ともアルファなので、全部良くてハズレ無しではあるんだけど。

20.08.12

MONOX 1/43アルファロメオコレクション Alfa 156 GTA

monox_alfa156gta.jpg

昨日に続き、カルワザオンラインで3台セット500円で購入した、MONOX 1/43アルファロメオコレクション。

今度は黒いボディの156 GTA。

こちらもすごく良い出来とはさすがに言えないものの、価格を考えると十分以上のクオリティ。
なんと言っても1台当たり約167円。
ホイールの中にはちゃんとブレーキローターが見えたり、細かいところなんかもそれなりに再現されてる。
さすがに赤いブレンボのキャリパーじゃないけれど。

147のGTAと違って、156はあまり通常のモデルと見た目の差が少ないけれど、さりげなく高性能な感じがまた良い。

19.08.12

MONOX 1/43アルファロメオコレクション Alfa 147 GTA

alfa147gta_1_43.jpg

こちらもカルワザオンラインでBburago Ferrari Race & Playを買ったついでに、3台セットで500円なんていう格安価格につられて購入。
MONOX 1/43アルファロメオコレクション、147GTA(レッド)、156GTA(ブラック)、スパイダー1300ジュニア(ホワイト)の3台セット。

まずはその中から、147 GTA。

今回は3台で500円だから、1台167円ぐらい。
元々の価格を考えても3台で1,890円、1台630円という感じだから、それからしても結構コストパフォーマンスの高い仕上がり。

滅茶苦茶良いとは言えないけれど、1000円以下なら十分納得できる完成度で悪くない。

147 GTAも、156も、スパイダーも1/43スケールのミニカーは持っていなかったので、これはなかなか良いセット。
147がウチのと同じ後期のTIだったらさらに良かったのに。

18.08.12

Bburago Ferrari Race & Play : 550 Maranello & California

bburago_ferrari_550_maranello.jpg

ブラゴのFerrari Race & Play、6台セットの残る2台。

V12エンジンをフロントに積む、当時のフェラーリのフラッグシップだった割に、若干存在感が薄い気がする550 Maranello。
360からのV8フェラーリが新しい雰囲気だったのに対して、ちょっと新しさにかける見た目だったからか、途中から575に名前が変わっちゃったからか。

でも、このシリーズのミニカーとしては、比較的のっぺり広いボディパネルが、塗装のツヤの良さと相まってなかなか良い感じ。
プロポーションも悪くないように思う。

続きを読む "Bburago Ferrari Race & Play : 550 Maranello & California"

17.08.12

Bburago Ferrari Race & Play : F40 Competizione & Challenge Stradale

bburago_ferrari_f40_competizione.jpg

昨日に続いて、ブラゴのFerrari Race & Play。

F40 Competizione。
ワイドなボディと派手な前後のスポイラーがミニカーになっても結構な迫力。

世界限定10台のみ生産されたクルマで、ハッキリ言ってほぼレーシングカー。
最高出力は元のF40の478ps/7,000rpmから、780ps/8,100rpmに引き上げられてるとんでもないクルマ。
普通のF40ですら雨の日に乗るのが怖いとか言われてるクルマだけに、コンペティツィオーネだったら尚更だろうなぁ。

こちらも塗装がなかなか良く、子供向けながら良い雰囲気。

続きを読む "Bburago Ferrari Race & Play : F40 Competizione & Challenge Stradale"

16.08.12

Bburago Ferrari Race & Play : 250 GTO & Dino 246 GT

bburago_ferrari_250gto.jpg

昨日カルワザオンラインから届いたブラゴのFerrari Race & Play、6台セット
早速、その中からまずは2台。

250 GTOと、Dino 246 GT。

このミニカー、子供向けのシリーズなので、色々遊べるように標識やジャッキ、スペアタイヤなんかの小物が色々付いてたりするのが面白いところ。
一応ディスプレイされた状態で箱の中に入ってるので、箱のまんま飾ってもそれなりに見栄えがする。

1/43スケールだけど、大人向けの観賞用ミニカーではないので、プロポーションとか、ディティールとかはそれなり。
でも、雰囲気はなかなか良く出てる。
ボディもダイキャスト製で、塗装の仕上げが結構良い。

続きを読む "Bburago Ferrari Race & Play : 250 GTO & Dino 246 GT"

15.08.12

Bburago Ferrari Race & Play

burago_ferrari_race_play.jpg

think147さんのブログを見て、カルワザオンラインで6台セットが1000円という、かなりお買い得なセールをしている事を知ったので、我慢しきれず購入、ブラゴのフェラーリ、レース&プレイというシリーズ。

ガレージをイメージしたパッケージに、標識とかジャッキとかの小物が入っていて、それらを含めて遊ぶ感じの子供向けミニカー。

でも、車種はフェラーリ。
ボディもダイキャスト製で、子供だけに遊ばせておくにはちょっと勿体無い感じの出来でもあるので、なかなか面白いミニカー。

元もそんなに高くないミニカーだけど、それでもこれが6台で1000円なんて安過ぎる!

とりあえずさっき届いたところなんで、中身の紹介はまた近々。

14.08.12

F1日本GP駐車場入場証が届いた

suzuka_2012_misono_mp.jpg

なんだかんだ言って、もう再来月に迫った今年のF1日本GP。
その予約駐車場の入場証が今日届いた。

基本的に鈴鹿では車中泊派なので、これが届くと駐車場を確保出来たと同時に寝床も確保出来たという安心感がある。
鈴鹿の場合は民間の臨時駐車場なんかも結構あって、着いてから現地でなんとかしようと思えばなんとかなるんだけど、やっぱり予約出来てると駐車場を探して彷徨う手間も無くて良い。

個人的には今のチケットと駐車場のセット販売はやめて、以前の全駐車場が予約出来るように戻して欲しいところ。
出来れば席に近い正面駐車場とかにとめたい。

チケットも届き、駐車場の券も届き、今年の日本GPに向け、だいぶ準備も整ってきた。

13.08.12

マルドナド、F1デモ走行でもクラッシュ!

F1デビュー以来、荒々しいドライビングでクラッシュも多く、それが度々問題にもされてたりする、ベネズエラ人F1ドライバー、パストール・マルドナド。

そんなマルドナドが、母国ベネズエラで凱旋となるF1デモ走行を行ったところ、2周目でスピン、クラッシュ。
ウィリアムズFW33は縁石にヒットした事でサスペンションを破損。
12周を予定していたデモ走行はそこで終了となってしまったみたい。

さすがマルドナド。
期待に応えてくれる素晴らしいパフォーマンス。

でもまぁ、映像で見る限り、路面のうねりは相当酷くて、前半からして暴れるクルマをなんとか制御してる感のある、危なっかしいフラフラした走り。
マルドナドだってF1で優勝経験もあるドライバー、それでもコントロールに苦しむくらいだから、路面も含めた条件が結構難しかったんだろうなぁ。

12.08.12

フジミ 1/20 カートシリーズ アイルトン・セナ カート 1993

fujimi_senna_kart.jpg

ちょっと発売される事にビックリしたカートのプラモ。
いくらファンが多いセナとはいえ、F1のプラモじゃなくカートのプラモってのはちょっとマニアックな気がする。

これを商品化したフジミはちょっと尊敬する(小林可夢偉のザウバーなんかも商品化してるし)けれど、さすがにカートのプラモには手を出さないかなぁ・・・。
写真で見る限りはなかなか細かいところまでしっかり再現されてそうなので、どんな感じのモデルになってるのか、実物は見たい気がするけれど。

一応このアイルトン・セナ カート 1993と、アイルトン・セナ カート 1981があって、1/20 カートシリーズとシリーズ化されているけれど、今後このシリーズでさらに商品は追加されるのかな?
今後の展開もちょっと気になるところ。

11.08.12

Reay for Dream 鈴鹿サーキット1メートル分のサポーター企画

suzuka_1_5807_2011.jpg

ここ数年のF1日本GPでは恒例になってきた鈴鹿サーキット1メートル分のサポーター企画。

「日本グランプリ開催期間中サポーター全員の氏名を表記した看板を、鈴鹿サーキットGPスクエアに掲出。」、「公式プログラム掲載(9月10日まで登録受付)...期間中園内各所で販売される公式プログラムにサポーター全員の氏名を掲載。」というサポーターとしての特典の他に、記念品として「特製記念ピンズ」が付く企画で、今年も現在サポーター募集中。

ただ、今年が今までと違うのは、上記の特典にプラスして、記念品として「鈴鹿のグラベル(砂の瓶詰め)」が付く事。

グラベルは1−2コーナーのもの。
鈴鹿のサイトなんかでは「F1のタイヤカスが入っている可能性も...」なんて書いてるけれど、出来れば誰かにコースアウトしていただいて、カーボン片でも入ってる事を期待。

とりあえず今日注文したけれど、この企画、結構現地に行った時の満足度が高いのでオススメ。
名前が載った看板を見つけると結構嬉しくなるし、看板とプログラムで名前がどこに載ってるか探すのも結構楽しい。

10.08.12

ローソン GO!GO!鈴鹿50周年応援キャンペーン

lawson_suzuka_50.jpg

今日、ローソンに入ったら、"GO!GO!鈴鹿50周年応援キャンペーン"なるイベントが展開されてるのを見つけた。
近畿エリアと中部エリアだけのキャンペーンみたいだけど、鈴鹿サーキットにちなんだ商品が発売されているのと、対象商品を含むレシートでプレゼントに応募出来るらしい。

お腹いっぱいな状態でローソンに入ったので、2色のロールケーキも、エイトドーナツも、ましてやロースとんかつ&豚カルビ弁当なんてのも買わなかったけれど、今度は昼ご飯にでも食べてみたい。

そして、F1日本GPのチケットや、応援グッズなんかが当たったりもするみたいなので、キャンペーン期間が終わる9月3日までは出来るだけローソンを利用して、応募口数を増やしたいところ。
ただ・・・、あんまり行動範囲にローソンが無い。

09.08.12

Red Bull Racing Show Runハイライト映像

「Red Bull Racing Showcar Teamがここ最近行ったShow Runを一気に振り返る動画!」という事で、ここ最近のレッドブルF1がショーランで行ったパフォーマンスの総集編的な動画が公開されてた。

まぁ、正直、結構なとこ走ってるなーって思う。

雪の中やら、切り立った崖のワインディングやら、建設途中のサーキットの砂利の上やら、狭い日本の路地やら、クルマが壊れないか、落っこちたりしないのか心配になる。

けど、このレッドブルのショーラン、前に大阪城でやった時は観に行ったけれど、サーキットで観戦するより間近をF1が走るので、ホントに凄い迫力。
スピードは控えめだけど。

また大阪か近場でやらないかなぁ。
京都とか、走ったら良い絵になりそうなとこ結構ありそうなんだけど。

08.08.12

MINIのロンドンオリンピック公式車両

5年程前に大阪で世界陸上が開催されて観に行った時に、槍投げの槍を運んでるラジコンを見つけてブログで書いた事があったけれど、今開催されてるロンドンオリンピックでもちゃんとラジコンが槍を運んでいるらしい。

それも、ちゃんとMINIが提供している公式車両。
"mini MINI"という名前の1/4スケールRC。

3台が提供されて活躍しているとの事。

やっぱり目の付け所がなかなか素敵なMINI。
今度オリンピックの投擲系種目の映像見る時には目を凝らしてMINIのラジコン探してみよう。

07.08.12

F1日本GP 小林可夢偉応援席のグッズ

suzuka_kamui_seat.jpg

2012年のF1日本GP。
今年はCの小林可夢偉応援席で観戦予定なんだけど、色々付いてくる応援グッズが決定してた。

Tシャツ、フラッグ、ミニバッグにパスケース、それに小林可夢偉直筆サイン入りメッセージカードも付いてくるらしい。
サイン、結構な枚数になるハズだけど・・・、今頃サインしてるのかな?

どうも夏休みで日本には帰ってきているみたいだけど、忙しい中大変だ。

でも、直筆サインというのもなかなか嬉しい。
鈴鹿で受け取るのを楽しみに待っとこう。

06.08.12

F1も夏休み

redbull_pit_2011.jpg

7月30日に決勝レースが行われたハンガリーGPから、次のベルギーGPまで約1ヶ月レースが無く、夏休みなF1だけど、チームの方もそれぞれしっかり夏休み。
規定で2週間ファクトリーを完全に閉鎖する事が義務づけられているので、その間はマシンのデザインや製造も禁止。

マクラーレンはハンガリーGPの翌日からいち早く休みに入っていて、多くのチームも今日6日からお休み。
競争が激しくて休んでいる間も無いF1だけど、今はちょっと静かな感じ。

F1の無い1ヶ月はなんとなく物足りないし、次のベルギーGPが待ち遠しい。

05.08.12

KYOSHO 1/64スケール 鈴鹿レジェンドコレクション Vol.1

kyosho_ferrari_suzuka.jpg

いつもはサークルK・サンクス限定のハズの京商1/64ミニカーコレクション。
でも、今度はサークルKでもサンクスでも発売無しの鈴鹿サーキット、カルワザオンライン限定販売で、鈴鹿レジェンドコレクションと銘打っての鈴鹿サーキットにおける歴代の日本GP優勝マシンコレクション。
Vol.1は日本GPで優勝したフェラーリばかり5台をピックアップ。

ラインナップは、
F310B No.5 M.Schumacher
F1-200 No.3 M.Schumacher
F2002 No.1 M.Schumacher
F2003GA No.2 R.Barrichello
F2004 No.1 M.Schumacher
という5車種。

とりあえず5台セットで買えば、5車種キッチリ揃うし、なかなか良いコレクション。
日本GPの時にも買えるのかな?

Vol.2以降も気になる。

04.08.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.25 Ferrari 156-85 Michele Alboreto

ferrari_f156_85.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
25号は、ミケーレ・アルボレートのカーナンバー27、1985年シーズンの156/85。
ネーミングは1.5リッターV6ターボエンジン搭載の1985年のマシンというところから。

なんかこのシリーズ、ここ最近古いクルマが続いたので、久しぶりに比較的最近のクルマ。
それでも、まだ1985年だとF1を見始める前。
アルボレートがフェラーリのドライバーだったイメージも個人的にはあんまり無い・・・。

ミニカーの方はまぁまぁな出来。
このシリーズ、古いクルマの方が出来が良いのかな?
ゴチャゴチャしてない分クオリティを高められるのかもしれないけれど、この156/85はややゴチャゴチャした車体。
なので、前後のウィングが黒いプラスチックそのままで未塗装だったり、やや手抜き感あり。
ボディの塗装も個体差かもしれ泣けれど、やや雑。

まぁでも、トレッドの広いこの時代のクルマは前後から見るとなかなか迫力あって良い感じ。

03.08.12

Pen No.319 スポーツカーが、やっぱり好きだ。

pen_519.jpg

8月1日発売号のPen。
「スポーツカーが、やっぱり好きだ。」っていう特集のキャッチコピーだけでヤラレてしまう感じ。
think147さんのブログで紹介されていたので知ったので、早速購入。

表紙は日本で今スポーツカーといったらコレという感じのトヨタ 86。
オレンジのボディはなかなか鮮やかで良い感じ。

有名人の愛車紹介や、最新のスポーツカーの紹介、往年の名車のデザインを掘り下げたりと、とにかくスポーツカーが盛り沢山。
サラッと写真を見るだけでも楽しい1冊。

まだまだ読むとこ沢山あるので、じっくり読むとしよう。

02.08.12

リストバンド型である必要があんまり無い気がするんだけど

kyoshoegg_ferrari_f10.jpg

京商が、どちらかというと子供向けなRCやミニカーをリーズナブルな価格で展開する京商エッグ。
その中で最近発売されたフェラーリのラジコン、"1/32スケール リストレーサーズ フェラーリ F10"。

フェラーリF1のラジコン自体は結構気になるんだけど、それよりも気になるのが、コントローラーがリストバンド型な事。
携帯電話が腕時計型だったりするのは、昔の戦隊モノなんかでちょっと憧れたけど、あれと同じ感じか?
だとしても、腕時計型コントローラーでクルマを動かす必要も無い気がするけど。

それにリストバンドに付いてるのは、ちゃんとフェラーリF1のステアリングを模したステアリングだし、素直にステアリング型コントローラーで良かった気が・・・。

でも、子供が使う事を考えると、リストバンドで腕に着けてしまえば、落としたり失くしたりする心配が無くなるかな。

他にもリモコンキー型コントローラーのラジコンもあるみたいだし、タカラトミーの手回し充電ラジコンEDASHとか、最近変なコントローラーのラジコン多いな。

01.08.12

Red Bull Kart Fightイベント解説動画

もうすでにいくつかの地区予選は行われてるので、ちょっと今更な感じがしないでもないけれど、Red Bull Kart Fightのイベント解説動画がKart Fightのサイト(http://www.redbull.jp/cs/Satellite/ja_JP/Red-Bull-Kart-Fight/001243190589736)にアップされてた。

一応出るつもりではいるんだけど、なんか動画を見るとかなり激しいな・・・。
カートのレースシーンは海外での大会のものっぽいので、日本でのレースはまた雰囲気が違うのかもしれないけれど。
なんかコースも特設な感じで、エスケープゾーンの無いかなりシビアなコースみたいだし。

まぁ、でも、結構本気なイベントという雰囲気も感じられてなかなか良い。