03.09.12

2012 Rd.12 F1ベルギーGP

belgp_12_fin_jb.jpg

2012年F1世界選手権第12戦ベルギーGP。
スパ・フランコルシャンで行われた決勝レース。

いや、だから、そんなとこから突っ込んでこないでよ、グロージャン・・・。
そりゃあ、ハミルトンにだって「頭おかしいじゃない?」的なジェスチャーされるわ。

オマケに、マルドナドはスターターのチャーリーが「あーあ」ってくらい頭を横に振っちゃうぐらいのフライング。

今シーズン毎度毎度大暴れの2人が、夏休み明け最初の1戦目でもまたまた波乱の原因に。

結局スタート直後にグロージャンがハミルトンに当たり、そのまんまペレスとアロンソと小林可夢偉を巻き込んで大クラッシュ。
チャンピオンをシップをリードするアロンソも、ライバルのハミルトンも0周リタイヤ。
1周目からセーフティカー導入。

折角2番グリッドからスタートした小林可夢偉もスターティンググリッドに着いた時からブレーキのオーバーヒートで白煙もくもく。
心配してたらやっぱり、スタートも良くなかった・・・。
スタートが良ければアクシデントにも巻き込まれなかったかもしれないけれど、それはまぁ、今更仕方無い。

しかし、中国の時もグリッドにオイルが出てるとか、良いグリッドに着くとこんなんばっかり。

結果としてレースはバトンの楽勝。
全周ラップリードで盤石。
バトンらしい安定したレース運び。

2位には10番手から追い上げたベッテル。
1ストップ戦略も上手く機能し、今後のチャンピオンシップの行方を考えると今回ポイントを多く獲得出来たのは大きい。

3位は予選順位そのままながら、一時5速を失ったり、KERSも完調じゃなかったりと、トラブルに悩まされながら、シューマッハとのバトルも制して3戦連続の表彰台。

4位ヒュルケンベルグ、5位マッサ、6位ウェバー。
7位は一時表彰台が見えながらも、タイヤが結局保たなかったシューマッハ。
8位ベルニュ、9位リチャルドで、トロ・ロッソがダブル入賞。
10位ディ・レスタまでが入賞、ポイント獲得。

1周目のアクシデントで、期待していた見所の多くが失われてしまったけれど、それでもさすがはスパ・フランコルシャン。
随所でオーバーテイクも見られたし、シューマッハとライコネンのようなチャンピオン経験者同士のギリギリのバトルも見応えあった。

とにかく小林可夢偉の表彰台も、初優勝も先送り。
これは次戦以降に期待するとしよう。
モンツァはそれ程相性良いように思えないので・・・、鈴鹿かな。

アロンソもリタイヤに終わった事で、ポイント差は詰まり、チャンピオンシップはより混戦に。
誰がタイトルを穫るのかは本当にわからなくなってきた。

2週連続開催で、次戦は9月9日決勝レースのイタリアGP。

その前に、今回の1周目アクシデントと、マルドナドのフライングおよびクラッシュのペナルティがどうなるかも気になるところ。
レースが終わった後の審議で、今回はスチュワードも忙しいだろうなぁ・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1987

コメントする