09.09.12

2012 Rd.13 F1イタリアGP 予選

itagp_12_q_lh.jpg

2012年F1世界選手権第13戦イタリアGP。
モンツァで行われた予選。

Q1、Q2で最速タイムをマークし、フェラーリの本拠地イタリアでポールポジション獲得かと思われたアロンソが、Q3でまさかのトラブル、失速。

結果最前列はマクラーレンが独占。
ポールはハミルトン、2番手にバトン。

でも、やっぱり超高速のストップ&ゴー的性格のコースではマクラーレンが速い。

3番手はアロンソのスリップを利用したおかげもちょっとあるかもしれないけれど、久しぶりの予選上位、F.マッサ。
イタリアGPで、せめてマッサだけでも上位グリッドを獲得出来たのは良かった。

4番手は直線番長フォース・インディアのディ・レスタ。
でも、こちらは決勝レースでの5グリッドダウンが決まっているので、スタートは9番グリッドから。

5番手シューマッハ、6番手ベッテル、7番手ロズベルグ。
レッドブルはさすがにモンツァはキツそう。

その後ろ、8番手がライコネンで、その後に小林可夢偉。
トラブルでQ3失速のアロンソが10番手。

フリー走行から苦しんでいた事を考えると、可夢偉の予選9番手は上出来。
ディ・レスタの降格もあって、スタートは1つ前の8番手。
ザウバーとモンツァの相性は良くなさそうだけど、少なくともポイントは欲しい。

そして、トラブルのアロンソ。
予選でポールを狙えそうだっただけに、Q3での失速は残念だけど、速さはあるので、決勝レースでの巻き返しに期待したい。

アロンソがどんどん前を抜いていくレースを見せてくれたら、モンツァは恐ろしい程に盛り上がるはず。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1993

コメントする