22.09.12

2012 Rd.14 F1シンガポールGP 金曜フリー走行

singapore_street_circuit.jpg

2012 F1世界選手権第14戦シンガポールGP。
シンガポール市街地を舞台にした、カレンダー中唯一のナイトレースもまずは金曜日のフリー走行から。

前戦イタリアでは速さが無く、トラブルでノーポイントに終わったベッテルが1回目、2回目ともに最速。
去年程の速さを見せられないレッドブルだけど、ここシンガポールとの相性は悪くなさそう。

それに続くのが、1回目3番手、2回目2番手と、こちらも速さを取り戻したマクラーレンのバトン。
ハミルトンも1回目2番手、2回目5番手と悪くない。

聞こえてくるコメントはイマイチな感じながら、アロンソも1回目4番手、2回目3番手で悪くない。
アロンソにはレースでの巻き返しを期待。

小林可夢偉は16番手、13番手と結構厳しい感じ。
ザウバーはシンガポールあんまりなのかな。
90度コーナーが多いストリートコースより、高速コーナーがあるサーキットの方がやっぱり合ってそう。

ライコネンやペレス、グロージャンも似たような位置で、今年好調のロータスやザウバーがここではあんまりなのかな?
ストリートコースで、しかも夜って条件はやっぱり特殊か。

大体の傾向は見えてくるものの、それでもまだまだ初日のフリー走行。
土曜日のフリー走行、決勝と、まだ状況は変わるはず。

ちょっとイマイチな小林可夢偉には、次戦日本GPに期待が持てるよう是非とも巻き返して順位を上げて欲しいなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2006

コメントする