23.09.12

2012 Rd.14 F1シンガポールGP 予選

singp_12_q.jpg

2012年F1世界選手権第14戦シンガポールGP予選。
ナイトレースは予選も夜。
シンガポール市街地に白く浮かび上がる幻想的なサーキットを走るF1の雰囲気は本当にここならでは。

そんな予選まで、3回のフリー走行すべてでトップタイムと、好調さを見せていたベッテルが、予選Q3でまさかの失速。
最前列も逃す3番手に。

そんなベッテルとは対照的に渾身のアタックで最速タイムを記録して見せたハミルトンがイタリアGPに続いてまたまたポール獲得。

市街地コースで速さを見せるマルドナドが大体0.5秒ほど離されて2番手。

3番手ベッテルを挟んで4番手がバトン。
ここではこの位置が精一杯な感じでアロンソが5番手。

6番手にはフォース・インディアのディ・レスタがいて、その後ろ7番手がウェバー。

ペナルティで欠場し、ちょっと久しぶりにレースなグロージャンが8番手。

メルセデスAMGの2人、シューマッハとロズベルグはタイムを出さず、タイヤを温存し、スタート時のタイヤも選べるようにする戦略で、9番手、10番手。

今回全くクルマに速さがないザウバー。
小林可夢偉がまさかのQ1脱落。
今回のザウバーの仕上がり具合を考えると、決勝での巻き返しも結構厳しいかも・・・。
でも、シンガポールはセーフティカーも出やすいし、荒れたレースで順位を上げていく事を期待。

ヨーロッパの時間に合わせてのナイトレースも、日本時間だといつも通り。
決勝レースは日曜日の夜、21時スタート。

華やかで厳しいシンガポール市街地で、今年はどんなレースが見られるか楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2007

コメントする