29.09.12

ハミルトンがメルセデスに、ペレスがマクラーレンに

suzuka_2011_lh.jpg

噂はされてたけれど、契約を有利にするために流してるようなもので、結果マクラーレンに残留するんだろうと思ってたハミルトンが、ホントにメルセデスに移籍を決めてしまった。

元々マクラーレンの育成ドライバーだったし、F1でもずっとマクラーレンだったので、相当に何かない限り移籍するような事はないんじゃないかと思っていたけれど、相当な何かがあったのかな?

メルセデスでチームメイトになるロズベルグはカート時代からのチームメイトなので、そこら辺は上手くいきそうではある。

で、マクラーレンでそのハミルトンの抜けたシートに収まるのがセルジオ・ペレス。

まぁ、今年はザウバーで十分以上に活躍してるし、メキシコマネーのでっかいスポンサーも付いてるし。
・・・でも、ペレスってフェラーリの育成ドライバーじゃなかったっけ?

その辺の契約ってどうなってるのかな?
ボヤボヤしてる間にマクラーレンに取られちゃったのか、それとも気持ち良く送り出しといて、トップチームでペレスが成長した頃に呼び戻すような考えなのか。

それにしても驚いた。
これで、これからの移籍市場は大きく動きそう。

まずはメルセデスを追い出されたシューマッハの去就。
そのまま引退して、アドバイザー的な職に就くのか、それともどこかでシートを探すのか。

それに、マッサの去就も合わせると、来シーズンに向けては結構トップチームのシートに色々動きがあるかもしれない。

もしかしたら今年がシューマッハの鈴鹿ラストランになるかもしれないし、しっかり見て、しっかり写真も撮っとこう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2014

コメントする