31.10.12

鈴鹿サーキット1~2コーナーグラベルが届いた

suzuka_gravel.jpg

F1日本GP前に申し込んでいた、Reay for Dream 鈴鹿サーキット1メートル分のサポーター企画
特典の記念ピンズはグランプリより前にちゃんと届き、看板と公式プログラムに名前が載っているのも現地で確認。
後は去年までは無かった特典の、鈴鹿サーキット1~2コーナーグラベルが届くのを待つだけになっていたけれど、それもちゃんと到着。

日本GP決勝レース翌日に採取されたグラベル。
砂ってイメージだったので、もうちょっと細かいのかと思っていたら、結構大きい粒。
でも、砂利って感じよりは細かいか。
ちゃんと瓶に入って、証明書も付いてる。

今回の日本GPでは1-2コーナーで多重クラッシュがあったので、F1の破片が入っている事を期待していたけれど・・・、カーボンや金属の破片らしき物は入ってないなぁ。
タイヤカスも混じってない。

まぁ、でも、今年は小林可夢偉の初表彰台なんかですごく盛り上がった日本GP。
その一部だと思えばなかなか良い記念品。

30.10.12

今週末は2012年 Rd.18 F1アブダビGP

yas_marina_circuit.jpg

今週末F1は2012年第18戦アブダビGP。
今シーズンも残り3戦。
シンガポールからの4連勝でポイントリーダーとなっているベッテルがこのまま一気に押しきってしまうのか、それとも何か波乱含みの展開があるのか、最後まで目が離せないレースが続きそう。

アブダビGPの舞台はヤス・マリーナ・サーキット。
現在のF1では唯一のトワイライトレースで、現地で夕方5時にスタートして、徐々に日が落ち、サーキットが照明の灯りに照らされていく様はTVの画面で見ていても印象的。

サーキット自体は最近の設計のサーキットにしてはオーバーテイクが難しいコース。
今はDRSがあるのでオーバーテイク自体はそれなりに可能だけど、連続する2本のストレートで、先に抜いてもまた抜き返されるという展開も。

初開催の2009年と2010年はベッテルが、去年2011年はハミルトンが優勝。
ただ、去年はベッテルがポールポジションを獲得したものの、スタート直後にリタイヤしているので、トラブルが無かったら勝っていたかもしれない。
そのあたりと、ここ最近の速さを見ると、本命はやっぱりベッテルかな?

続きを読む "今週末は2012年 Rd.18 F1アブダビGP"

29.10.12

2012 Rd.17 F1インドGP

indgp_12_fin.jpg

2012年F1世界選手権第17戦インドGP。
今シーズンも大詰め、残り4戦というところに来て、レッドブルとベッテルが昨シーズンの速さを完全に取り戻したと思えるような走りで、60周一度もトップを譲る事無く完勝。
チャンピオンシップ3連覇に向けて順調にポイントを重ねた。

そのベッテルを追うアロンソは5番グリッドから追い上げて2位を獲得。
チャンピオンシップで広げられるポイント差を最小限に。

3位には2番手からスタートし、ベッテルの後ろにつけていたものの、KERSを失い、アロンソを抑える事ができなかったウェバー。

4位にハミルトン、5位にバトンのマクラーレン勢。

6位に燃料をセーブする必要に迫られ、ペースを上げられなかったマッサ。
そのマッサに追いつきつつも、オーバーテイクにまでは至らなかったライコネンが7位。

8位はフォース・インディアの地元グランプリで入賞、ヒュルケンベルグ。
9位グロージャン、10位B.セナまでが入賞、ポイント獲得。

続きを読む "2012 Rd.17 F1インドGP"

28.10.12

2012 Rd.17 F1インドGP 予選

indgp_12_q.jpg

2012年F1世界選手権第17戦インドGP。
今シーズンも残すところ4戦。
舞台となるブッダ・インターナショナル・サーキットは近代的でオーバーテイクも可能なコースではあるけれど、それでもやっぱりスターティンググリッドは大事。

そのグリッドを決める予選。
ポールポジションを獲得したのはインドGPここまでのフリー走行全てでトップタイムをマークしているベッテル。
順当といえば順当。
とにかくここ数戦、去年のような速さが戻ってきているように思う。

2番手も同じくレッドブルのウェバー。
レッドブルは最前列独占。

2列目にはハミルトン、バトンとマクラーレンの2人が綺麗に並んで、さらに後ろにはこれまたキッチリとフェラーリの2人、アロンソとマッサが並ぶ。

続きを読む "2012 Rd.17 F1インドGP 予選"

27.10.12

2012 Rd.17 F1インドGP 金曜フリー走行

buddh_international_circuit_indgp.jpg

2012年F1世界選手権第17戦インドGP。
まずは金曜日のフリー走行から。

ここ数戦、完全に速さを取り戻した感のあるレッドブルとベッテル。
1回目、2回目、共にトップタイム。

2回目の走行ではウェバーも2番手タイムで、ここインドでもレッドブルが速さを見せそう。

韓国で逆転され、追う立場となったアロンソは1回目、2回目共に3番手。
これまでは勝てなくても、地道にポイントを稼いでポイントリーダーの座を守ってきたけれど、逆転された以上勝たないと再逆転は難しい。
だけど、その相手のベッテルここにきてホントに速い。

アロンソが最速レッドブルにどう立ち向かっていくのか、予選は難しくとも、決勝レースでの巻き返しを期待したい。

小林可夢偉は振るわず、13番手、16番手と微妙な位置。
土曜日から調子を上げてくれれば良いんだけど・・・。

26.10.12

今度はBMW & MINI Minicar Collection

お馴染み、サークルK・サンクス限定、京商の1/64ミニカーコレクション。
昨日紹介したLamborghini Minicar Collection IVの次はBMW & MINI Minicar Collection。

ラインナップは全24台プラスシークレット。

M3 GTRとか、Z4 Mクーペもいいけど、個人的にはちょっとイセッタが気になる。

MINIに関しては、カントリーマンとクラブマンというのが微妙かなぁ。

カントリーマンだったら、ラリー仕様が欲しかったかも。

発売は11月13日。
1台500円。

25.10.12

Lamborghini Minicar Collection IV : Gallardo LP 570-4 Superleggera

kyosho_gallardo_lp570_4.jpg

ミニカーが続くけど、こちらは御馴染み、サークルK・サンクス限定、京商のLamborghini Minicar Collection IVの、Gallardo LP 570-4 Superleggera。

鈴鹿に行く前に買ったんだけど、書く機会が無かったので、今更。
アヴェンタドールが欲しかったんだけど、出てきたのはガヤルド。

LP 570-4 Superleggera、コンセプトは好きだけど、見た目はちょっとゴチャゴチャ感が増してしまってて、普通のガヤルドの方が良いかなと思う。
でも、鮮やかな緑のボディが結構格好良い。

出来は相変わらずさすがなんだけど、今改めて写真見てみると、タイヤが外れかかってるな・・・。

24.10.12

今週末は2012年 Rd.17 F1インドGP

buddh_international_circuit.jpg

今週末、F1は2012年第17戦インドGP。
今シーズンも残すところ4戦。
チャンピオンシップも最終盤で、僅差の争いが繰り広げられる中、今年で2回目の開催となるインドGPの舞台はブッダ・インターナショナル・サーキット。

お馴染みヘルマン・ティルケ設計による最新鋭のサーキットで、コースも広いし、オーバーテイクも十分可能。
コーナーのバランスも良いので、なかなか面白いコース。

初開催去年はベッテルが優勝。
ポールポジションもベッテル。
韓国でも速かった事を考えると、今年も優勝候補はベッテルかな。

ただ、ここでベッテルに簡単に勝たれてしまうとタイトル争いの行方がかなりベッテルに傾く。
なので、去年も表彰台を獲得してるアロンソにも頑張ってほしいところ。

インドGP、決勝レースは10月28日、日本時間で18時30分スタート。
またまただ大分いつもと違う時間なので、見逃したりしないよう注意しないと。

23.10.12

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.30 Ferrari 312 B3-74 Niki Lauda

ferrari_312b3_74.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
30号はニキ・ラウダの312B3-74。
312Bシリーズの最終型で、1974年から、1975年の序盤2戦目まで使用されたクルマ。

縦長のインダクションポッドが特徴的な、なんとなくズングリした車体。

散々だった前年型に比べると、成績は向上し、ニキ・ラウダが初優勝。
タイトルは逃したものの、まずまずの戦績を残してる。

モデルの方もまずまず悪くない感じ。
この年代はさすがに見てないので、ちょっと思い入れが薄いけれど、まぁ、ラウダ初優勝のクルマという事で、コレクション的には押さえておかないと。

22.10.12

タイヤカス さきいか

tire_dregs.jpg

まだもうちょっとF1日本GPの鈴鹿で買ってきたものを。
さすがにミニカーはもう買ってなくて、これはお土産用。
"タイヤカス さきいか"。
鈴鹿サーキット公認。

パッケージの上に置いてあるのは、日本GP終了後の西コースウォークで拾ってきたホンモノのタイヤカス。

まぁ、イカスミで黒く染めたさきいかなんだけど、ホンモノと比べてもかなり良く出来てる。

以前に買ったアスファルトおこしなんかもあるし、鈴鹿サーキットのこういうお土産が結構面白くて良い感じ。

去年は決勝レース後に買ったらいいかと思ってたら売り切れてたので、今年は土曜日のうちに買っておいた。

鈴鹿サーキットにはこの手のお土産、作り続けて欲しいなぁ。

21.10.12

京商 鈴鹿レジェンド ミニカーコレクション Vol.2

kyosho_suzuka_mclaren_mp4_6.jpg

F1日本GP鈴鹿で買ってきたミニカーが続くけれど、今度は鈴鹿に行く前から買うと決めてた、京商の鈴鹿レジェンド ミニカーコレクション Vol.2
Vol.1はフェラーリで、そちらはカルワザオンラインで買ったのでよかったけれど、Vol.2の方は気付いた時には売り切れてたので、現地購入。

Vol.2はマクラーレン3台。
1991年のMcLaren Honda MP4/6 No.2 Gerhard Berger、1993年のMcLaren Ford MP4/8 No.8 Ayrton Senna、2005年のMcLaren Mercedes MP4-20 No.9 Kimi Raikkonen。

1台1000円と、それなりの金額ながら、さすがに良い出来。

まずはベルガーのマクラーレンMP4/6。
1990年前後にF1ブームを経験した世代には御馴染みのクルマ。

続きを読む "京商 鈴鹿レジェンド ミニカーコレクション Vol.2"

20.10.12

Spark 1/43 Sauber C31 小林可夢偉 2012

sauber_c31_kamui_chigp_spark.jpg

昨日の1/2スケールのヘルメットに続いて、2012年日本GP、小林可夢偉初表彰台の記念品。

スパークの1/43ミニカー。
ザウバー C31 小林可夢偉の鈴鹿限定パッケージ、2012年オーストラリアGP仕様。

同じく、鈴鹿限定パッケージのザウバーC31・中国GP仕様と迷ったけれど、開幕戦入賞モデルにしたのはヘルメットの黄色いバイザーがちょっと格好良かったから。
ファステストラップを記録した中国GPの方が、記念には良いかもしれなかったけど。

・・・あれ? 今年のオーストラリアって雨用のバイザーがいるようなレースだったかな?

スパークのミニカーは初めて買ったけれど、ミニチャンプスなんかと違ってレジン製。
だからか、作りはかなり細かくて、ウィングの翼端版なんかもすっごく薄い。
ダイキャストよりも細かい部分は再現しやすいんだろうし、モデル化が早いのもそのおかげらしい。
なので、ちゃんと今シーズンのモデル。

ちゃんとヘルメットと一緒に置いとこう。
でも、いずれは2012年日本GP仕様のザウバーが欲しくなるんだろうなぁ。

19.10.12

1/2 小林可夢偉 2012年日本GP鈴鹿 特別カラーヘルメット

kamui_helmet_2012_suzuka.jpg

今年のF1日本GP。
鈴鹿で小林可夢偉の3位表彰台を見て、テンション上がって買っちゃったのが1/2スケールのミニチュアヘルメット。

日本GPの時に売ってたのに、ちゃんと2012年日本GP仕様のカラーリング。
結構前から日本GPで使うヘルメットのカラーリングも決まってて、同時進行ぐらいでミニチュアも制作してきてたのかな?

ミニカーは買うけど、ミニチュアヘルメットは初めて。
1/2サイズなのに、ホームセンターなんかで売ってるフルフェイスのヘルメットより高い。
でも、小さいながらもなかなかしっかりした出来で、飾っといてもなかなか良さそうな雰囲気。
スポンサーロゴがほとんど入ってないのがちょっと寂しいかな。

これは、ザウバーのミニカーと一緒に飾っておかないと。

18.10.12

2012年F1日本GP 写真 : デモ走行

suzuka_12_honda_ra272.jpg

2012年F1日本GPの写真。
今度はレース以外。

往年の名車とドライバーが走る、決勝レース前のデモ走行。

今のF1と比べると本当に小さい、ホンダ・RA272。
ホンダにF1初優勝をもたらしたクルマ。

ホントに良い音させて走ってたのが印象的。

続きを読む "2012年F1日本GP 写真 : デモ走行"

17.10.12

2012年F1日本GP 写真 : 決勝レース・後半

suzuka_12_fin_kk_2.jpg

2012年F1日本GPの写真。
昨日に続いて、決勝レースの後半分。

最近は日本GPも、ヨーロッパでのTV放送時間を考えて15時からと、ちょっと遅めのスタートだったりするので、レースも終盤になってくると日もだいぶ傾いてくる。
でも、その分クルマの下から長く伸びる影が結構格好善かったりするかも。

西日に照らされて輝く車体も悪くないし、レース終盤でクルマが汚れてるのもなかなか格好良い。

続きを読む "2012年F1日本GP 写真 : 決勝レース・後半"

16.10.12

2012年F1日本GP 写真 : 決勝レース・前半

suzuka_12_fin_start_3.jpg

間に韓国GPを挟んじゃったけれど、2012年F1日本GPの写真。

C席で、S字手前だったので、1コーナーの混乱も見る事ができて、グラベルに消えていくアロンソにちょっとガックリ。
でも、ウェバーより前で小林可夢偉が1コーナーに入ってきたのを見て、応援席は大盛り上がり。
あの盛り上がりに参加出来ただけでも、応援席で見た価値があったかも。

決勝レースでも結構写真を撮ったけれど、とりあえずはその前半分。
上手く撮れてる写真の方が少ないので、それなりに撮れてるのを探すのが大変・・・。

続きを読む "2012年F1日本GP 写真 : 決勝レース・前半"

15.10.12

2012 Rd.16 F1韓国GP

korgp_12_fin_sv.jpg

2012年F1世界選手権第16戦韓国GP。
韓国インターナショナルサーキットで行われた決勝レース。

S.ベッテルがシンガポール、日本に続けて、3連勝で今シーズン4勝目。
これでチャンピオンシップでもアロンソを逆転、6ポイントの差をつけてポイントリーダーに。

2位も同じくレッドブルのウェバー。

3位に入ったアロンソも出来る限りのポイントは獲得したものの、チャンピオンシップでは2位に。
決して最速ではないフェラーリを駆り、ここまでランキングトップの座を守ってきたけれど、やっぱり鈴鹿でのノーポイントはかなり痛かった・・・。

4位は鈴鹿に続いて速さを取り戻してきた感があるマッサ。
5位ライコネン、6位ヒュルケンベルグ、7位グロージャン、8位ベルニュ、9位リチャルド。
終盤にコース脇の人工芝を引っ掛けて、パタパタさせながら失速したハミルトンが10位で、ここまでが入賞、ポイント獲得。

続きを読む "2012 Rd.16 F1韓国GP"

14.10.12

2012 Rd.16 F1韓国GP 予選

korgp_12_q.jpg

2012年F1世界選手権第16戦韓国GP。
韓国インターナショナルサーキットで行われた公式予選。

鈴鹿でも速さを見せたレッドブルが最前列独占。
ウェバーがポールポジションを獲得。
2番手にベッテル。

3番手にはハミルトン。
4番手に追われるポイントリーダー、アロンソ。

鈴鹿で一気にポイント差を詰められたアロンソ、そして、追いかけるベッテルが前のグリッドを獲得し、さらにハミルトンまで間に挟まっているというのが厳しい状況。
逆に、ベッテルはここで勝ってポイント差を逆転したい。

5番手ライコネン、6番手マッサ、7番手グロージャン。
8番手ヒュルケンベルグ、9番手ロズベルグ、10番手シューマッハと、ドイツ人が並んでここまでが予選トップ10。

続きを読む "2012 Rd.16 F1韓国GP 予選"

13.10.12

2012 Rd.16 F1韓国GP 金曜フリー走行

korean_international_circuit.jpg

2012年F1世界選手権第16戦韓国GP。
3年目となるとそこそこ落ち着いて開催されるのかな?
まずは金曜日のフリー走行。

1回目最速はハミルトン。
午後の2回目にはそれを上回ってベッテルが最速、ウェバーが2番手で1-2。

それにアロンソが続いている感じで、フェラーリも悪くない。

小林可夢偉は1回目、2回目ともに14番手で、厳しい位置。
鈴鹿での勢いそのままに、韓国でも活躍を期待しているけれど、どうかなぁ。

続きを読む "2012 Rd.16 F1韓国GP 金曜フリー走行"

12.10.12

2012年F1日本GP 写真 : 土曜フリー走行

suzuka_12_free_sp_rg.jpg

昨日に続いて、2012年F1日本GPの写真をいくつか。

順番は逆になってしまったけれど、今度は土曜日フリー走行の写真。

観戦がこの土曜フリー走行からだったので、撮影も若干ぎこちない感じ。
まぁ、でも、上手く取れてる写真も所々混じってる。

個人的にはラストランのシューマッハとの相性が悪いらしい・・・。
上手く取れてる写真がなかなか無い・・・。

続きを読む "2012年F1日本GP 写真 : 土曜フリー走行"

11.10.12

2012年F1日本GP 写真 : 予選

suzuka_12_q_sv.jpg

小林可夢偉初表彰台で盛り上がった今年のF1日本GP
今年はS字手前のC席上段、小林可夢偉応援席で観戦。

その時の写真をいくつか。
頑張って流して撮ったけれど、ちゃんと撮れてるのはやっぱり上手くいった一部だけ。
やっぱりF1は速い。

そんな鈴鹿の写真、まずはとにかくベッテルの速さが際立った予選編。

続きを読む "2012年F1日本GP 写真 : 予選"

10.10.12

今週末は2012年 Rd.16 F1韓国GP

korea_circuit.jpg

日本GPでの、小林可夢偉3位表彰台獲得の興奮も覚めやらぬ今週だけど、連戦で早くも今週末は韓国GP。
舞台は韓国インターナショナルサーキット。
お馴染み、ヘルマン・ティルケがデザインしたサーキットはコーナーのバランスなんかも良く、評価の高いレイアウト。
初開催の2010年はレースがどうのというよりは、雨でぬかるんでドロドロの中を走る残念なレースになってしまったけれど、2年目はドライコンディションで行われ、ちゃんとレースらしいレースでベッテルが勝者に。

日本GPでの圧倒的な速さを見ちゃうと、またまたレッドブル&ベッテルの勝利かなとも思うけれど、鈴鹿との相性が良かったというのもありそうなので、やっぱり現時点での最速はマクラーレンかなぁ。
鈴鹿での終盤バトンの追い上げも結構な速さだったし、韓国はストレートも長いし。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.16 F1韓国GP"

09.10.12

2012 Rd.15 F1日本GP

japgp_12_fin_start.jpg

2012年 F1世界選手権第15戦日本GP。
土曜の夜に雨が降りはしたものの、全セッション終始ドライコンディション。
今年も現地で観戦したけれど、天候にもホントに恵まれた10月の鈴鹿。

なんと言っても2012年日本GPの主役は小林可夢偉。
予選ではライコネンのスピンの影響を受けながらも、4番手タイム。
バトンのグリッド降格もあって、3番グリッドを獲得。

心配されていたスタートも完璧にこなし、1コーナーまでに前にいたウェバーもパス。
グロージャンにぶつけられる事も無く、2番手を快走。

ピットインのタイミングでマッサに前に出られ、3番手にポジションを落としたけれど、終盤にはハイペースで追い上げてくるバトンを抑えきり、自身初の表彰台登壇。
鈴鹿で日本人が表彰台に立つのも22年ぶり。

後半はバトンの追い上げに、早くレースが終わってくれないかと本当にドキドキしたけれど、おめでとう小林可夢偉。

続きを読む "2012 Rd.15 F1日本GP"

07.10.12

2012 Rd.15 F1日本GP 予選

japgp_12_q_sv.jpg

今年も日本GPは現地鈴鹿で観戦。
金曜日はちょっと無理だったので、土曜日のフリー走行、予選から。

そんな予選。
レッドブルの2台が、そしてベッテルが圧倒的な速さ!
今年は鈴鹿でもレッドブルの強さはそれほどでもないんじゃないかと思っていたら、結果ベッテルが恐ろしい速さでポール獲得。
ウェバーも2番手で、レッドブルの1-2。

予選Q3ではライコネンがコースアウトし、黄旗が振られ、ちょっとスッキリしない幕切れになったけれど、3番手はバトン。
そして、バトンはギアボックス交換で5グリッド降格が確定済み。
そのバトンの後ろが小林可夢偉。

これで小林可夢偉は3番グリッドスタート。
レッドブルが圧倒的に速いとは言え、順位を守りきれば表彰台。
これは決勝レースも良い走りを見せて、土曜日以上に鈴鹿を盛り上げてほしい!

ちょっと怖いのは横がグロージャンってあたりだけど。

06.10.12

いざ鈴鹿

さて、今から鈴鹿。
急ぐ必要もないし、のんびり向かおう。

ああ楽しみ。
何時頃着くかなぁ。

04.10.12

いよいよ明日からF1日本GP

suzuka_2011_start_01.jpg

いよいよ明日からF1日本グランプリ。
明日は仕事なので、明日の夜から現地入り予定で、観戦は土曜のフリー走行からかな。

とにかく、もう、鈴鹿に向かうのが楽しみで仕方無い。
明日の仕事は手につかないな、多分。
手っ取り早く切り上げて鈴鹿に行こう。

天気も良さそうだし、今年も絶対良いレースが見れるハズ。

02.10.12

Alfa 147 TI オイル交換

alfa147ti_20121001.jpg

前回のオイル交換は5月末で、その時の走行距離が32505km
最近バタバタしていて、ちょっと空いてしまい、4000km以上走ってしまったんだけど、今回オイル交換時の走行距離は37025km。
自分メモ的に、今回はオイルフィルターの交換は無し。

その間にサーキットとか走ったりもしたので、ホントはもっと早く交換したかった。

で、やっぱりオイル交換後はエンジン快調。
ツインスパークの吹け上がりが本当に気持ち良い。

秋の全国交通安全運動期間が終わったとこではあるけれど、アクセル踏みすぎないように自制しながら帰宅。

Reay for Dream 鈴鹿サーキット1メートル分のサポーター企画 記念ピンズが届いた

suzuka_2012_5807m_sup.jpg

今年も申し込んでおいた"鈴鹿サーキット1メートル分のサポーター企画"
その特典の特製記念ピンズが届いた。
現地受け取りも出来るんだけど、今回は配送。

50周年だからか、去年一昨年よりなんか大きい気がする。

まぁ、個人的にはこの企画、このバッジより、自分の名前が載った公式プログラムと看板が嬉しいので、こちらはオマケみたいなものだけど、レースが終わった後に届くハズの1-2コーナーのグラベルもまた楽しみ。

鈴鹿に行って、名前が載った看板早く見たいなー。

01.10.12

今週末は2012年 Rd.15 F1日本GP

circuit_suzuka.jpg

今週末はいよいよ鈴鹿でのF1日本グランプリ。
2012年シーズンのF1もかなり佳境。
今年は大混戦のままここまで来て、チャンピオンシップでの争いだってアロンソをポイントリーダーとしながらも、まだまだどう転がるかわからない。
チャンピオン決定戦にはならないけれど、まだまだ多くのドライバーがチャンピオンを争っている状況でのレースは十分以上に見応えありそう。

それに、今年は日本人ドライバーの表彰台が現実的にあり得そうな事も盛り上がりそうな要素。
個人的には、今シーズン小林可夢偉の表彰台が期待出来そうなのは、シルバーストンか、スパか、鈴鹿かなと思ってたんだけど、すでにシルバーストンとスパは思ったような成績が残せず終わってしまい、残ってるのが鈴鹿。
ここでは絶対素晴らしいレースを見せてくれるハズ。

続きを読む "今週末は2012年 Rd.15 F1日本GP"