09.10.12

2012 Rd.15 F1日本GP

japgp_12_fin_start.jpg

2012年 F1世界選手権第15戦日本GP。
土曜の夜に雨が降りはしたものの、全セッション終始ドライコンディション。
今年も現地で観戦したけれど、天候にもホントに恵まれた10月の鈴鹿。

なんと言っても2012年日本GPの主役は小林可夢偉。
予選ではライコネンのスピンの影響を受けながらも、4番手タイム。
バトンのグリッド降格もあって、3番グリッドを獲得。

心配されていたスタートも完璧にこなし、1コーナーまでに前にいたウェバーもパス。
グロージャンにぶつけられる事も無く、2番手を快走。

ピットインのタイミングでマッサに前に出られ、3番手にポジションを落としたけれど、終盤にはハイペースで追い上げてくるバトンを抑えきり、自身初の表彰台登壇。
鈴鹿で日本人が表彰台に立つのも22年ぶり。

後半はバトンの追い上げに、早くレースが終わってくれないかと本当にドキドキしたけれど、おめでとう小林可夢偉。

japgp_12_fin_kk.jpg

2コーナー後からS時に向かうところの小林可夢偉応援席で観戦してたんだけど、今年は本当にこの席で見て良かった。
凄く盛り上がってた、鈴鹿。

この表彰台で勢いをつけて、次はもう1つ、2つ上の順位を期待したい。

そして、優勝はS.ベッテル。
もう、予選から速すぎて、決勝レース中も全く話題にならないぐらいの快勝。
鈴鹿で4回走って、4回ポールポジション、3勝。
本当に気持ち良さそうにS字を駆け抜ける姿が印象的。

2位には久しぶりの表彰台で、シャンパンをフライングで飲んじゃったマッサ。
これで来シーズンもフェラーリの可能性が高まったかな?

相変わらずのグロージャンが飛んできて、ウェバー最後尾から追い上げ。
アロンソは1コーナーで消えて、ノーポイント。
ベッテルが勝った事で一気に差が詰まり、チャンピオンシップでのポイント差は4ポイントに。
これでチャンピオン争いも本当にわからなくなってきた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2022

コメント[2]

可夢偉の写真カッコイイです。
ピレリの文字が流れて感じが出ています。
可夢偉応援席は大当たりでしたね。
それにしてもベッテルは速かったですね。
後半戦のチャンピオンシップが面白くなりそうです。

>think147 さん

流し撮り、頑張ったのですが、やっぱりブレてる写真が多く、時々当たりが混じってるみたいな感じです。
可夢偉の写真もちょっと成功してるのがあって良かったです。

ベッテル速かったですね。
今回は本当に別格で、レース中可夢偉の3位争いに夢中で、ほとんど存在を忘れてたぐらいな感じです。
チャンピオン争いも、これでほとんどリセットですね。

コメントする