22.04.13

2013 Rd.4 F1バーレーンGP

bahgp_13_fin_sv.jpg

2013年F1世界選手権第4戦バーレーンGP。
サクヒール、バーレーンインターナショナルサーキットで行われた決勝レース。

2番グリッドからスタートしたベッテルが優勝し、今シーズン2勝目。
序盤にタイヤに苦しむロズベルグを攻略し、トップに立った後はいつものベッテル。
圧倒的に速いレッドブルが戻ってきたような独走で逃げ切り。

2位は8番グリッドからでも、他のドライバーより1回少ないピットストップで上位に浮上出来るライコネン。

3位は同じくロータスのグロージャン。
今年は開幕戦からここまで全く元気が無かったけれど、ようやく速さを取り戻したよう。

で、表彰台の顔ぶれが去年と全く同じ。

4位にはグロージャンに抜かれてしまったものの、表彰台に迫る安定した速さを見せたディ・レスタ。

5位ハミルトン、6位ペレス、7位ウェバー、8位アロンソは終盤かなり激しいバトルを展開。
トップ争いでは無かったけれど、ここも見応えあった。

9位はポールポジションを決勝結果に結びつけられなかったロズベルグ。
10位バトンで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

スタート直後のベッテルとアロンソの激しい争い。
ベッテルがトップに立ってからはほぼ独走だったけれど、中段以降も随所で激しいバトル。
最初から最後まで見所たっぷりだったような今回のバーレーンGP。

フェラーリは2人揃って今回はトラブル続き。
アロンソはまさかのDRSが開きっ放しになっちゃうというトラブル。
ピットインではクルーがガシッと手作業で直したものの、すぐにDRSを使ったらまた開きっ放しで再ピットイン。
これはホントに勿体無かったけれど、直した後にもう1回DRS使ってみたりするあたりがなんとなくラテン系で良い感じ。
でも、これが無ければアロンソはもっと上位だった。

マッサも右リアタイヤが2回もバースト。
運が悪いのか、フェラーリのクルマか、マッサか、どちらかの何らかのクセがあったりするのか。
なんにしろ、こちらもそれで下位に沈んだ。

相変わらずタイヤがレースを相当左右している気がするけれど、まぁ、面白いのは面白い。
タイヤに少々負担をかけても速く走り優勝を目指すのか、それとも、タイヤを労り、自分のペースを守り、ピットインの回数を減らして上位を狙うのか。
チームやクルマの特性によって戦略が分かれるのはなかなか面白いと思う。

これで開幕フライアウェイは終了。
次戦はいよいよヨーロッパに戻ってスペインGP。
5月12日決勝レース。

荒れやすい序盤戦と違って、チームも安定し、クルマの素の性能も出やすいカタロニア・サーキット。
ここで各チームの本当の実力も見え始めてくる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2231

コメントする