16.04.13

今週末は2013年 Rd.4 バーレーンGP

bahrain_080404.jpg

今週末F1は2013年第4戦バーレーンGP。
政情不安で中止になったのは一昨年。
相変わらず物騒なようだけど、どうやら今年も開催されそう。

舞台はもうお馴染み、上海と同じくヘルマン・ティルケのデザインによるバーレーン・インターナショナル・サーキット。
近代的なサーキットなので、オーバーテイクも可能。

去年の勝者はレッドブルのベッテル。
ロータスのライコネンとグロージャンがそれぞれ2位、3位で表彰台。

去年も毎戦勝者が変わる混戦だったけれど、今年も接戦。
予選一発が速いレッドブル、メルセデスと、レースペースに優れるフェラーリとロータスといった具合に、特性がそれぞれ違うのに、トータルでは実力が拮抗した状態になっているというのも面白い。
ピレリタイヤの使い方が鍵になる事は間違い無さそうだけど、バーレーンでも僅差のレースが見られそう。

持ち込まれるピレリタイヤのコンパウンドはソフトとハード。
上海ではソフトタイヤが予選様タイヤみたいに数周しか保たなかったけれど、より暑くなることが予想されるバーレーンではどうなんだろう?

タイヤに厳しいメルセデスとレッドブルには若干つらいかも。

何も無ければレースではやっぱりフェラーリが速いかな。
早々に今シーズン2勝目を期待。

バーレーンGP、4月21日日曜日、日本時間で21時から決勝レーススタート。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2226

コメントする