13.05.13

2013 Rd.5 F1スペインGP

espgp_13_fin_fa.jpg

2013年F1世界選手権第5戦スペインGP。
カタロニア・サーキットで行われた決勝レース。

5番グリッドからスタートしたフェラーリのアロンソが逆転で優勝。
2位ライコネン、3位マッサで、フェラーリが1-3。

ポイントリーダーのベッテルが4位。
5位には同じレッドブルのウェバー。
6位はポールポジションからスタートしたロズベルグ。
7位ディ・レスタ、8位バトン、9位ペレス、10位リチャルドで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

なかなか見応えのあるレースだったスペインGP。
今回はアロンソの完勝。
とにかくオープニングラップが素晴らしかった。
それにピットインのタイミングも完璧。
1周目でハミルトンより前に、1回目のピットストップすぐ後にロズベルグより前に出たのが大きい。
1回少ない3ストップ作戦で追いすがるライコネンもスピードの違いで差をつけ、9秒の差をつけて優勝。

ダメだダメだと言われるピレリタイヤで、まぁ、確かに4回ストップと多めのピットストップではあったんだけど、その分速く走ってタイムを稼ぐという戦い方で勝ったのがなかなか好印象。
それでもしっかりタイヤを労ってもいるし。

ハイペースで4回ストップ作戦を実行して優勝したアロンソに対して、1回少ない3ストップで2位を獲得したのがライコネン。
ライコネンが1回少ないピットストップで上位に食い込んでくるという展開は、今シーズン早くも定番の形になりつつあるけれど、本当にタイヤマネージメントが素晴らしい。
ただ、今回は純粋な速さでアロンソに歯が立たなかった。
でも、着実にポイントを稼ぎ、チャンピオンシップではアロンソより上の2位。
チャンピオン争いでもかなり面白い存在。

ポイントリーダーのベッテルはなんなく中途半端なレースに終わり4位。
ポイントリーダーの座は守ったけれど、今回は速さも、タイヤの保ちも、フェラーリ、アロンソに及ばなかった。

予選で1-2。
最前列独占のグリッドからスタートしたメルセデス勢は、やはりズルズルと順位を下げ、ロズベルグの6位がやっと。
タイヤが保たないというのもあるけれど、終盤は速さを取り戻す事もあるし、燃料満タンで重い時のクルマのバランスがイマイチなのかもしれない。

これからも予選が速いとしたら、次のモナコ辺りは今回のスペイン以上にレースを面白くしてくれるかもしれない。

次戦は5月26日日曜日決勝のモナコGP。
カレンダーの中でも特別な伝統のレース。
華やかで厳しいモンテカルロ市街地コースで行われるレースは特殊なレースではあるけれど、やはり楽しみなレースの1つ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2252

コメントする