27.05.13

2013 Rd.6 F1モナコGP

2013年F1世界選手権第6戦モナコGP。
モンテカルロ市街地コースでを舞台に行われた決勝レース。

ポールポジションからスタートしたニコ・ロズベルグが、抜けないモナコのセオリー通り、しっかりトップを守りきり、今シーズン初優勝。
メルセデスにとっても今シーズン初、モナコでの勝利も初、さらに親子二代でのモナコ勝利も史上初。

今シーズンここまで、予選では速いが、決勝では失速というのが定番の展開になっていたメルセデスにとって、ようやくレースでも速さを見せる事が出来た優勝。
モナコはちょっと条件が特殊なだけに、これでメルセデスの決勝での速さが改善されたかとどうかは微妙ではあるけれど。

さらに、メルセデスとピレリが、モナコ前に単独でテスト行ったという話もあって、そのあたりちょっと微妙なところ。

それでも、ロズベルグの勝利はちゃんと確定。

2位と3位にはレッドブルの2人。
ベッテルとウェバーが表彰台。

最初のピットインのタイミングとセーフティカーが入ったタイミングもあってハミルトンを逆転。
これはまぁ、レッドブルが上手くやったというよりは、メルセデスのピットストップ戦略が甘かったという印象。

レッドブル2人に前に出られ、再三アタックするも順位は取り戻せなかったハミルトンが4位。

5位には、フェアモント・ヘアピン(ロウズ・ヘアピン)で見事なオーバーテイクを見せてくれたスーティル。
終盤の走りが印象的だった。

6位バトン。
7位アロンソは今回あまり見せ場無し。
8位ベルニュ、9位ディ・レスタ。
10位にはペレスに当てられ順位を下げるも、残り数周で再び順位を上げ、連続入賞記録をまた伸ばしたライコネン。
ここまでが入賞、ポイント獲得。

とにかく、最初から最後まで接戦だった今回のモナコ。
多くのクルマが接近して走る中、スピードの争いではなく、一瞬の隙を突くような技術の勝負や、相手のミスを誘うような心理戦が展開されたレースだったように思う。
まぁ、ペースは遅かったかもしれないけれど、面白いレースだった。

ロズベルグは見事だったし、スーティルはここでまた素晴らしいドライビングを見せてくれた。

ペレスはちょっとやり過ぎかな。
オーバーテイクを見せてくれるのは良いけれど、あんまり良い抜き方だとは思えない。
突っ込んでったら相手は避けるだろうみたいな思い込みをしているようだけど、今後大丈夫なのかどうなのか。
ライコネンとの接触は、あれは確実にペレスは行っちゃダメな状況に見えた。

それでぶつけられたライコネン。
これで入賞記録も途絶えるかと思ったら、気迫の追い上げで10位入賞しポイント獲得。
くだらない言い訳をしないイメージのあるライコネン。
これで1ポイント獲れたのも、チャンピオンシップを争う上で重要だけど、「ペレスの無茶なオーバーテイクのせいで記録が途切れた」なんて言い訳しなくて良い状況にちゃんと持って行ったというのが個人的には大きいように思える。

次戦は6月10日決勝のカナダGP。
次はフェラーリが巻き返しを図れるか。
今度は北米に渡ってのグランプリを楽しみに待ちたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2266

コメントする