30.06.13

2013 Rd.8 F1イギリスGP 予選

brigp_13_q_lh.jpg

2013年F1世界選手権第8戦イギリスGP予選。
母国GPとなるルイス・ハミルトンが圧倒的な速さでポールポジションを獲得。
ただ1人1分29秒台に入れ、2番手につけたチームメイトのロズベルグにも0.5秒以上の差をつけて圧倒。
最近は予選もロズベルグに負ける事が多かったけれど、完璧に決まった時のハミルトンのアタックは圧巻。

3番手ベッテル、4番手ウェバーと、レッドブル勢が続き、ディ・レスタ、リチャルド、スーティルと、好調フォース・インディアとトロ・ロッソが続く。

8番手にグロージャン、9番手にライコネンと、ロータスの2人。
10番手アロンソで、ここまでが予選トップ10。

相変わらず予選で速いメルセデス。
今回もフロントロウ独占でシルバーストンでの決勝レースに挑む。

続きを読む "2013 Rd.8 F1イギリスGP 予選"

29.06.13

2013 Rd.8 F1イギリスGP 金曜フリー走行

silverstone_circuit.jpg

2013年F1世界選手権第8戦イギリスGP。
シルバーストーンでの伝統のレースはイギリスGPらしく、やっぱり雨で始まり。
金曜日最初のフリー走行はウェットコンディション。

トップタイムはトロ・ロッソのリチャルド、2番手ヒュルケンベルグ、3番手マルドナドと、意外な顔ぶれ。

ただ、午後からの2回目のセッションでは路面コンディションも改善し、ドライに。
そうすると、トップタイムはロズベルグ、2番手ウェバー、3番手ベッテルという順当な顔ぶれに。

でも、4番手はフォース・インディアのディ・レスタ。
5番手ハミルトンを挟んで、6番手リチャルド、7番手ベルニュとトロ・ロッソの2人が続き、その後にも8番手スーティル。
今回は中段、トロ・ロッソとフォース・インディアが結構速いらしい。

中段の躍進で、レースがますます面白くなる事を期待。
F1ならではの高速コーナリングが堪能出来るシルバーストン。
この後の予選・決勝と、どういう展開になるか。
・・・フェラーリがちょっと苦しそうなのが気がかり。

28.06.13

ウェバー今季限りで引退

suzuka_12_q_mw.jpg

レッドブルのM.ウェバーが今シーズン限りでのF1引退を発表。
来年からはポルシェでル・マンを戦うらしい。

ここ最近はナンバー2のイメージが定着しつつあったウェバー。
速いドライバーだけど、チャンピオンには手が届かなかった。

またベテランドライバーが引退するのはちょっと残念ではあるけれど、世代交替はまぁ仕方無い。
ただ、レッドブルのシートが1つ空いた事で、来季以降のドライバー市場は騒がしくなりそう。

ウェバー後任の有力候補はライコネンと言われているけれど・・・。

27.06.13

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.48 Ferrari 625 F1 Maurice Trintignant

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
48号は1955年にモーリス・トランティニアンがドライブした625 F1。

どこかで見た事あるなぁと思ったら、625 F1は32号で1度出ているので、このコレクションで2台目。
ただ、32号のはプライベーターが走らせた水色のモデル。
それに対して、こっちは1955年フェラーリ唯一の勝利を挙げたモーリス・トランティニアンがドライブしたモデル。
フェラーリF1コレクションという事なら、こっちだけで良かった気がする。

まぁ、モデルの出来はそこそこ。
あまり思い入れは無いけれど、古いクルマは古いクルマで味があって良い。

26.06.13

今度は、よろしくメカドック ミニカーコレクション

kyosho_mechadoc.jpg

サークルK・サンクス限定、京商の1/64スケールミニカーコレクション。
今度は"よろしくメカドック ミニカーコレクション"。

・・・若干迷走してないか。
前回が、そこまで需要があるとは思えないBRZのみのコレクション。
今度はよろしくメカドック。

まぁ、以前にサーキットの狼もあったし、世代的にもミニカーを買うような人達の多くは、これを読んでた世代でもあるんだろう。
でも、なんか、ちょっと微妙なとこ狙い過ぎてる気がしなくもない。

7月23日発売で、1台840円。
全部で6種類。

25.06.13

今週末は2013年 Rd.8 F1イギリスGP

silverstone_f1_2010_circuit.jpg

今週末、F1は2013年第8戦イギリスGP。
舞台はシルバーストン。
2010年からレイアウトが変わってはいるけれど、伝統の高速コース。
空力に優れるクルマが得意とするコースというイメージがあるけれど、タイヤに厳しい特性というのも、今のF1ではかなり大きな要素。
速いだけじゃなく、タイヤの使い方がここでも重要になりそう。

持ち込まれるコンパウンドはハードとミディアムという一番硬い組み合わせ。
新しいコンパウンドもここではまだ持ち込まれず。

個人的にイギリスGPはかなり楽しみにしているレース。
マゴッツ-ベケッツ-チャペルに代表される高速セクションを駆け抜けるF1は本当に格好良いし、難しい天気がどうなるのかも楽しみの1つ。

去年は予選が雨で波乱。
決勝レースはドライコンディションで、素晴らしいレースが見られたけれど、今年はどんなレースになるか。
レッドブル、フェラーリ、ロータス、メルセデスには、予選から僅差の争いを期待したい。

24.06.13

2013年のル・マンもアウディ

今年もアウディとトヨタのハイブリッド対決が注目されたル・マン24時間耐久レース。
LM-GTE Amクラスで死亡事故があったり、雨でクラッシュが続出、度々セーフティカーが導入されたりと、波乱のレースになったけれど、それでも総合優勝はやっぱりアウディ。
これで4年連続、12回目の優勝。
本当に強い。

ただ、去年は全車リタイヤに終わったトヨタも、今年はかなり健闘。
優勝したアウディ2号車の1周遅れの2位表彰台獲得。
ハイブリッドで負け続けているトヨタだけど、来年あたりは期待出来るかもしれない。

小林可夢偉はクラス5位で完走。

LMP2クラスでは日産エンジン搭載車が1位から5位までを占めて大健闘。

相変わらずアウディが勝ち続けるル・マンだけど、今年はトヨタが結構アウディを追い詰めたし、アウディもなかなかうかうかしていられないかもしれない。
来年以降、他のメーカーも参戦して、もっと多くのチームで優勝を争うようになれば更に盛り上がるだろうし、そうなってほしいなぁ。

23.06.13

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.47 Ferrari F1-87 Gerhard Berger

ferrari_f1_87.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
47号はゲルハルト・ベルガーが1987年にドライブした、カーナンバー28のF1-87。

ベルガーのフェラーリ移籍初年度のクルマで、鈴鹿で初開催だった日本GPで優勝したのが日本のファンには印象深いかも。
マクラーレンが席巻した翌88年も、このF1-87の改良型でシーズンを戦っていて、その年唯一マクラーレン以外の優勝を、フェラーリの地元モンツァで、しかもエンツォ・フェラーリ死去後すぐというタイミングで挙げていたりと、ベルガーって何か特別な状況での優勝が多い。

ミニカーの出来もなかなか。
すっごく良いワケではないけれど、なかなか良い感じに仕上がっている。

22.06.13

Live - 2013 Le Mans 24 Hours : lemans-tv.com


Live - 2013 Le Mans 24 Hours : lemans-tv.com 投稿者 lemans-tv

2013年のル・マン24時間耐久レース。
残念ながら地上波での放送は無いけれど、ライブ配信しているサイトがあったので、ちょっとレースの様子を見てみる。

映像はオンボードカメラからのものが中心。
でも、ピットイン時には外からの映像になったり、他の映像もちゃんとある。
アウディのコクピットからの映像が多いかな。

雨の中始まり、セーフティカーの導入とか、なかなか荒れ模様で始まった今年のル・マン。
総合優勝はまたまたアウディか、それともトヨタが今年はアウディを打ち負かす事が出来るのか。

まだまだ明るいル・マン。
まずは、夜を越えて、どうなっているかかな。

21.06.13

メルセデスに戒告処分

fia_logo_091213.jpg

スペインGP後に単独で、レギュレーションで規制されている、2013年型マシンを走らせるテストを行い、ピレリとともにFIAの国際法廷で審議されていたメルセデス。
結局出た判決は、戒告処分と、7月にイギリスで行われる予定の若手ドライバーテストへの参加禁止というもの。
ピレリにも戒告の処分。

全ポイント剥奪とかあるのかと思ったけれど、思ってたよりは軽い処分。

若手ドライバーを走らせるより、違反してでもレギュラードライバーでテスト走行した方が得るものが多いんじゃないかと思えなくもない。

まぁ、そうは言っても処分はこれで決まったワケで、・・・どうなんだろう?
これで騒動も落ち着くのかどうなのか。

20.06.13

Alfa Romeo 4C and Marc Gené in Madrid!

アルファロメオの新型、4C。
実車を見る事が出来る日を心待ちにしているんだけど、そんな4Cの動画。

発売前の4C。
しかも、F1ドライバーのマルク・ジェネがドライブ。

マドリードでこれを見た人が羨まし過ぎる。
いや、ホントか仕込みか知らないが、途中で乗ってくる一般の人が羨まし過ぎる。

同じフェラーリのドライバーなんだし、小林可夢偉のドライブで、4Cが尼崎の街をドライブなんて事、してくれないかな。
大阪でも良いが。

19.06.13

208 T16 Pikes Peak | Time Lapse

プラモデルのように組み立てられていく、プジョー208のパイクスピーク仕様。

レーシングカーを組み立てる過程なんて、あんまい見る事が無いので、なかなか新鮮。

しかし、パイクスピークのレースの映像見ると、ホントに大丈夫かと思うぐらい過激。
とんでもないクラッシュとか、崖からゴロゴロ落ちていったりとか。

でも、そんな感じの本気なヒルクライムレース、日本でも何処かで開催したら良いのになぁ。
走り応えのあるワインディングは日本でも多いし、結構面白いレースになると思うんだけど。

18.06.13

今週末はル・マン24時間耐久レース

毎年6月のこの時期といえば、モナコGP、インディ500、それにル・マン24時間耐久レースという、所謂世界3大レースが行われる時期。

すでに、モナコGPも、インディ500も終わり、次はル・マン。
毎年、1年で1番日が長い夏至の日に近い土日に行われる、24時間の耐久レース。

今年も去年同様、アウディR18 e-トロン・クワトロ対トヨタTS030ハイブリッドという構図になりそうなLMP1クラス。
去年完敗だったトヨタは、王者アウディにどう立ち向かうのか。

それに、今年はLM-GTEプロクラスで小林可夢偉が参戦するというのも、日本のファンにとっては嬉しい。

ここのところ、ル・マンはWEBでのライブカメラ的な映像しか見ていないけれど、地上波での放送はやっぱり今年も無いのかな。
小林可夢偉以外にも、中嶋一貴、中野信治といった日本人の元F1ドライバーだって参戦するし、結構見応えあると思うんだけど。

17.06.13

F1日本グランプリ語り継ぎたい24レース あなたが選ぶベストレース!!

suzuka_f1_25_best.jpg

鈴鹿サーキットが、25回目のF1日本GPを記念して、HP上で公開してきた"F1日本グランプリ語り継ぎたい24レース"。
そのベストレースを決める投票が7月1日から始まるらしい。

先着10名には、鈴鹿サーキットオリジナルグッズ、抽選で10名に2012年F1日本グランプリドライバーサイン入りポスターがプレゼントされる。

個人的にちゃんと鈴鹿で見たレースの中で選ぶとしたら、去年2012年か、2005年の日本GPかなぁ。

去年はホントにサーキットの観客席の一体感が本当に凄かった、小林可夢偉の表彰台獲得。
2005年はライコネンの16台抜き逆転優勝。
どちらも本当に印象に残っている。

先着10名は難しそうだけど、ちょっと投票はしてみようか。

16.06.13

Alfa Romeo Giulietta Classica

alfa_giulietta_classica.jpg

アルファロメオ ジュリエッタに新しいグレード"クラシカ"が追加される。
価格的にはスプリントとコンペティツィオーネの間になるグレード。

ナチュラル色のレザーシートと、7ホールデザインの17インチアルミホイールが標準装備。

サスペンションはスプリントと同じノーマルサスになるみたいだけど、このクラシカ、個人的にはすっごく良いグレードだと思う。
ナチュラル色のレザーシートと、7ホールデザインのホイールって、それだけでかなりイタリア車な雰囲気が増すと思うし、よりアルファロメオらしい雰囲気が味わえそう。

なんか、最近のジュリエッタ、グレードとか充実してきてて、魅力が増してきてる気がするなぁ。

15.06.13

SUBARU BRZ

kyosho_subaru_brz.jpg

お馴染み、サークルK・サンクス限定、京商の1/64ミニカーコレクション。
第60弾はちょっとマニアックな、スバル BRZだけのコレクションだったんだけど、とりあえず1つ購入。

今回は通常よりちょっと高い1台840円で、BRZ単一車種の色展開。
青が良いなと思っていたけれど、手に入ったのは白。

ただ、普段より値段が高いだけあって、さすがの作り込み。
細かいところまでかなりしっかり再現されている。
ただ、それに工場の工員さんの技術が追いついていないのか、若干仕上げの粗さが気になるところもあるけれど。
白も、ちゃんとパールホワイト。

まぁ、さすがにこれは全色は要らないので、この1台で良いかな。

14.06.13

FIAT Panda 1/43

panda_minicar.jpg

折角試乗もしたので、パンダ、ディーラーで売っていたミニカーも買ってみた。
FIAT純正、1/43スケール。
ボディカラーは試乗したのと同じ、スイートドリームターコイズ。

1/43で700円だったので、出来はそれなり。
でも、ディーラーで売ってる純正のミニカーだけに、押さえるところはちゃんと押さえているのか、雰囲気は良く出来てる気もする。

ここ最近は新型車が出ると、そのミニカーもしっかりディーラーに置いてある。
その勢いで、ちょっと前のモデルも置いてくれないかな。
147のミニカーとか。
それも、ちゃんと後期型でTIの仕様で。
置いてたら買うんだけどなぁ。

13.06.13

新しいFIAT Pandaに乗ってみた

fiat_panda_01.jpg

147の定期点検中、時間もあったので、新しいFIAT パンダに試乗させてもらった。
まぁ、パンダが置いてあるのを見て急にお願いしたという事もあって、時間は短かったけれど、やっぱりなかなか面白いクルマ。

あくまでも実用車なので、高級感なんて無いけれど、"スクエア"+"サークル"="スクワークル"というコンセプトで仕上げられた内外装は好印象。
ペキペキした初代パンダも良いけれど、その良さを引き継ぎつつ、現代的に角を落とした四角い形。

シートに座ってエンジンをかけると、直列2気筒ターボのツインエアらしく、トコトコとした振動がハッキリ伝わってくる。
普通はこれって邪魔な振動かもしれないけれど、パンダにおいてはあくまでも"味"という事らしい。
まぁ、確かに、慣れてくると気にもならないし、走りだすとそのトコトコエンジンが回る感じがまた心地良い。

続きを読む "新しいFIAT Pandaに乗ってみた"

12.06.13

Alfa 147 TI 6年6ヶ月目の定期点検

alfa147ti_check_130609.jpg

147の定期点検。
6年と6ヶ月目。
現在の走行距離は38798km。

とりあえず、今回の点検では特にこれといってトラブル無し。
ヘッドライトウォッシャーのところからウォッシャー液が漏れてるらしいけれど、そもそも全く使う事が無いので、引き続き様子見。

ほとんど換えた事が無かったエアコンのフィルターを交換。
点検ついでにオイル交換もしたけれど、今回はそれだけ。

トラブルは無いけれど、もうホントに4万キロ目前。
そろそろタイミングベルトの交換だけど、これも今回はしなかったので、次の車検あたりの時期かなぁ。

11.06.13

GT6 Concept Movie #2 2013 E3

とにかく期待の新しいグランツーリスモ、GT6。
アメリカ・ロサンゼルスで行われた"プレイステーション E3 2013 プレスカンファレンス"で新しい情報が公開された形だけど、そこで公開された新しいトレイラームービーが相変わらず格好良い。

クルマの挙動をつかさどる物理モデルを一新という事で、色々なところが新しくなっているみたいだけど、ムービーを見てて凄いなと思ったのはサスペンションの動き。
ちょっと大袈裟な気もしないでもないけれど、ホンモノっぽくしなやかに動く感じが凄い。
ちゃんと奥にダンパーとスプリングがあるように見える。

日産 デルタウイングなんかも登場するみたいだし、発売が本当に楽しみ。
何としてでも発売延期する事無く、今年の冬に発売していただきたい。

10.06.13

2013 Rd.7 F1カナダGP

cangp_13_fin_sv.jpg

2013年F1世界選手権第7戦カナダGP。
モントリオール、ジル・ビルヌーヴ・サーキットで行われた決勝レース。

ポールポジションからスタートしたベッテルが独走し優勝。
チャンピオンシップにおいても、2位とのポイント差を更に広げた。

2位には6番グリッドから挽回したアロンソ。
前のクルマを攻略する時の駆け引きはさすが。

3位にはグリッドより順位を1つ下げたものの、ハミルトンが表彰台獲得。

4位ウェバー、5位ロズベルグ、6位ベルニュ。
7位は1ストップ作戦順位を上げたディ・レスタ。
8位マッサで、終盤にマッサに攻略はされたものの、9位で連続ポイント記録を24に伸ばしたライコネン。
10位スーティルまでが入賞、ポイント獲得。

続きを読む "2013 Rd.7 F1カナダGP"

09.06.13

2013 Rd.7 F1カナダGP 予選

cangp_13_q_sv.jpg

2013年F1世界選手権第7戦カナダGP。
雨絡みで始まった今年のカナダGPは予選も雨。
小雨が降る中セッションが始まり、途中止んだり降ったり。
路面状況も刻々と変わる難しいコンディション。
タイヤは終始インターミディエイトのままではあったけれど。

そんな難しい予選セッション。
S.ベッテルが去年、一昨年に続く3年連続のポールポジションを確認。

メルセデスの2人以外がポールポジションというのもちょっと久しぶり。
ただ、ハミルトンがキッチリ2番手を獲得。

意外なのは3番手のバルテリ・ボッタス。
不振に喘ぐウィリアムズのルーキーが、雨の中望外のグリッド獲得。
このスタート位置を活かし、今シーズンようやくのポイントを獲得出来るかどうか。

続きを読む "2013 Rd.7 F1カナダGP 予選"

08.06.13

2013 Rd.7 F1カナダGP 金曜フリー走行

cangp_circuit_gilles_villeneuve.jpg

2013年F1世界選手権第7戦カナダGP。
まず最初のフリー走行は微妙にウェットでスタート。

トップタイムをディ・レスタがマークし、バトンが2番手と、ちょっと意外な顔ぶれ。

ただ、午後になって路面も乾くと、アロンソがトップタイムをマークし、2番手がハミルトン。
3番手グロージャン、4番手ウェバー、5番手ロズベルグと、上位チームがしっかりとタイムを出してくる。

それでも、スーティルが8番手だったり、今回結構相性良いのかな、フォース・インディア。
予選、決勝でも上位に絡んでくれば、レースを面白くしてくれそうだけど。

荒れやすいカナダGP。
雨絡みだと、より一層混乱したレースになりそうだけど、どうなるかなぁ。

07.06.13

アルファロメオ ジュリエッタにワイルドスピード限定車

giulietta_ff6.jpg

映画、ワイルドスピードの最新作、ワイルド・スピード EURO MISSIONの劇中でジュリエッタが活躍するらしく、それを記念してジュリエッタにワイルド・スピード EURO MISSION限定パッケージが用意されているらしい。

スプリントと、クアドリフォリオ ヴェルデの2グレードに用意され、スプリントはキセノンコンバージョン、クアドリフォリオ ヴェルデはカーボンミラーカバー、カーボングリルバーセット、リアカーボンスポイラーなどの限定パーツを装備。

それでいて、どちらもベース車より安い298万円と、358万円。

なかなかお買い得なパッケージ。

しかし、画像のような壊れかけの仕様はイヤだけど。

06.06.13

内装が溶けてきている気がする

alfa147ti130606.jpg

ウチの147、さすがに全体じゃないんだけど、微妙に内装が溶けてきている気がする。
具体的には、内側のドアノブの辺りとかの、ゴムの軟らかいところ。
なんか微妙にベタベタしてる。

携帯カメラでの撮影なので、画質がイマイチだけど、この辺りがどうもベタベタ。
表面が剥げてきている気もする。

うーん、イタリア車ならではなのかどうなのか。
最近暑いから余計にかな。

05.06.13

久しぶりに爆撃された

alfa147ti130605.jpg

この間の雨で147もドロドロ。
ホントに汚くなっちゃったので、洗わないとと思っていたら、更に追い打ちで鳥の糞。
ヘッドライトど真ん中直撃。
鳩だか、カラスだか知らないが、絶対狙って落としてる。

梅雨でもっと雨が続くかと思ったら、案外雨も降らない。

という事で、147水洗い。
さすがに、ほんっとに汚れたまま炎天下に置いとけない。

04.06.13

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.46 Ferrari 555 F1 Eugenio Castellotti

ferrari_555f1.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"。
46号は1955年にエウジェニオ・キャステロッティがドライブした555F1。

ちょうど前号の500F2の後継にあたるのが553F1で、その改良型が555F1。
直4エンジン路線の最後のクルマ。

基本的にはメルセデスW196に席巻された時期のクルマだけに、成績はモーリス・トランティニアンがモナコGPで1勝を挙げたのが目立つのみ。
しかも、何故か、モデルはモーリス・トランティニアンじゃなく、エウジェニオ・キャステロッティのクルマ。

"スーパースクアーロ"というニックネームで呼ばれたそうだけど、スクアーロとは鮫の事。
確かに、そのシルエットを見ると、ニックネームにも納得出来る。

03.06.13

今週末は2013年 Rd.7 F1カナダGP

circuit_gilles_villeneuve.jpg

今週末、F1は一旦ヨーロッパを離れて北米へ。
2013年第7戦カナダGP。

舞台となるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、ストレートをシケインでつないだ、典型的なストップ&ゴーのレイアウト。
公園内の周回道路を利用したコースなので、路面の状況もあんまり。
エスケープゾーンが少なく、セーフティカーが出やすいイベント。

去年の勝者はハミルトン。
去年はタイヤの使い方が勝敗を分けたレースだったように思うけれど、今年もまぁ、そこのところは相変わらず重要になりそう。

このカナダGPから新しく改良したタイヤを持ち込むと言っていたピレリだけど、それを延期。
これまで通りのスペックのタイヤが投入されるそう。
持ち込まれるコンパウンドはミディアムとスーパーソフト。

続きを読む "今週末は2013年 Rd.7 F1カナダGP"

02.06.13

フェンダーにFenderって書いてある

beetle_fender.jpg

フォルクワーゲン ザ・ビートルの限定車、"The Beetle Fender Edition"。
楽器メーカー"フェンダー"とのコラボレーションで、専用デザインのホイールや、ドアミラー、楽器メーカーとのコラボらしく、専用のサウンドシステムなんかも特別装備として用意される。

でも、何となく良い感じなのはフロントフェンダーに"Fender"の専用エンブレムが付く事。
フェンダーにフェンダーって書いてあるのは、なんか、まぁ、どうなんだろう。

最近全く弾く事が無いどころか、ケースに眠りっ放しながら、フェンダーのジャガーというギターを持ってたりするんだけど、フェンダーって、他にもムスタングとか、結構クルマっぽいイメージというか、名前のギターも色々出してるし、こういうコラボレーションモデルは良いかもしれない。

専用のホイールもよく似合っているし、The Beetle Fender Edition、なかなか良さそうな限定車。

01.06.13

風洞用スケールモデル

pirelli_tyre_1_2.jpg

最近、F1速報なんかの雑誌を見てて、その中に色々載ってる広告の商品でちょっと気になるのが、PIRELLI 公式風洞実験用 1/2 スケールタイヤ。
ホンモノの風洞実験用タイヤで、お値段98,000円。

まぁ、買える値段じゃないので、欲しいが買わないけれど、これ見ててふと思い出したのが、去年の日本GP前夜祭。
確か、小林可夢偉が、表彰台に立ったら、ザウバーから風洞実験用のスケールモデルが貰えるって言ってたんだけど、あれ、ちゃんと貰えたのかな?
スケールモデルとはいえ、風洞実験用だけに、技術屋が本気出して作ったミニカー。
ちゃんと貰えてるなら、個人的にはかなり羨ましい。