09.06.13

2013 Rd.7 F1カナダGP 予選

cangp_13_q_sv.jpg

2013年F1世界選手権第7戦カナダGP。
雨絡みで始まった今年のカナダGPは予選も雨。
小雨が降る中セッションが始まり、途中止んだり降ったり。
路面状況も刻々と変わる難しいコンディション。
タイヤは終始インターミディエイトのままではあったけれど。

そんな難しい予選セッション。
S.ベッテルが去年、一昨年に続く3年連続のポールポジションを確認。

メルセデスの2人以外がポールポジションというのもちょっと久しぶり。
ただ、ハミルトンがキッチリ2番手を獲得。

意外なのは3番手のバルテリ・ボッタス。
不振に喘ぐウィリアムズのルーキーが、雨の中望外のグリッド獲得。
このスタート位置を活かし、今シーズンようやくのポイントを獲得出来るかどうか。

ここのところ予選で素晴らしい速さを見せてきたロズベルグも今回は4番手。

5番手ウェバー、6番手アロンソ。
7番手にはこちらも混乱する予選で好グリッドを獲得したベルニュ。
8番手にはスーティル、9番手ライコネン。
10番手リチャルドという予選トップ10。

どうも決勝レースも雨絡みになりそうなカナダGP。
元々荒れやすいイベントが、雨によってより一層波乱の展開になりそう。

過去2年ポールポジションから勝てていないベッテルが、今年は勝てるかどうか。
3番手スタートのボッタスが、決勝レースでどれだけの走りを見せてくれるのかもきになる。

時差が辛いカナダGP。
決勝レースは日本時間で10日午前3時から。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2280

コメントする