03.06.13

今週末は2013年 Rd.7 F1カナダGP

circuit_gilles_villeneuve.jpg

今週末、F1は一旦ヨーロッパを離れて北米へ。
2013年第7戦カナダGP。

舞台となるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、ストレートをシケインでつないだ、典型的なストップ&ゴーのレイアウト。
公園内の周回道路を利用したコースなので、路面の状況もあんまり。
エスケープゾーンが少なく、セーフティカーが出やすいイベント。

去年の勝者はハミルトン。
去年はタイヤの使い方が勝敗を分けたレースだったように思うけれど、今年もまぁ、そこのところは相変わらず重要になりそう。

このカナダGPから新しく改良したタイヤを持ち込むと言っていたピレリだけど、それを延期。
これまで通りのスペックのタイヤが投入されるそう。
持ち込まれるコンパウンドはミディアムとスーパーソフト。

カナダGPは荒れやすく、面白いレースになりそうだけど、誰が勝つかは予測が難しそう。
どちらかというと、レッドブル的なコーナリングスピード優れるクルマより、パワーのあるエンジンを搭載したクルマとの相性が良いサーキットというイメージがあるんだけど、そんなイメージに合うマクラーレンは今のところ絶不調。
メルセデスも、モナコでの優勝はモナコの条件がはまった部分が大きそうだし・・・。

でも、モナコでのメルセデスの速さが、引き続きここでも見られるとしたらなかなか面白いかもしれない。
チャンピオンシップの行方も混沌としてくるハズだし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2274

コメントする