21.06.13

メルセデスに戒告処分

fia_logo_091213.jpg

スペインGP後に単独で、レギュレーションで規制されている、2013年型マシンを走らせるテストを行い、ピレリとともにFIAの国際法廷で審議されていたメルセデス。
結局出た判決は、戒告処分と、7月にイギリスで行われる予定の若手ドライバーテストへの参加禁止というもの。
ピレリにも戒告の処分。

全ポイント剥奪とかあるのかと思ったけれど、思ってたよりは軽い処分。

若手ドライバーを走らせるより、違反してでもレギュラードライバーでテスト走行した方が得るものが多いんじゃないかと思えなくもない。

まぁ、そうは言っても処分はこれで決まったワケで、・・・どうなんだろう?
これで騒動も落ち着くのかどうなのか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2292

コメントする