22.09.13

2013 Rd.13 F1シンガポールGP 予選

singp_13_q.jpg

2013年F1世界選手権第13戦シンガポールGP。
シンガポール市街地、マリーナベイ・ストリート・サーキットを舞台に行われた予選。
ベッテルが、前戦に続いて予選最速。
今シーズン5戦目のポールポジションを獲得。

Q3では1回のアタックで早々にタイムを出し、クルマを降りたベッテル。
ロズベルグ0.1秒差まで迫るものの、誰も2回目のアタックでベッテルのタイムを上回ることが出来ず、結果としては余裕を持ってのポールポジション。

2番手は渾身のアタックもベッテルには届かなかったロズベルグ。
3番手にはここシンガポールで好調なグロージャン。

4番手ウェバー、5番手ハミルトン。
マッサ6番手、アロンソ7番手で、フェラーリ勢はかなり苦しい位置。

8番手はバトン。
9番手リチャルド、10番手にザウバーのグティエレスという予選トップ10。

モナコに次ぐ低速コースという事もあってか、フォース・インディアに速さが無く、ディ・レスタがQ1脱落。
スーティルも15番手。

さらにはライコネンもQ2脱落の13番手。

コンクリートウォールに囲まれた市街地コースだけに、かなりセーフティカーが出やすいグランプリ。
ポールポジションが有利なのは有利だけど、予選下位からのスタートでもセーフティカーの出るタイミングによってはかなり挽回出来る可能性もある。

4年連続のタイトル獲得に向けて盤石な体制のベッテル。
波乱のシンガポールにでもならないと、どうも簡単に逃げ切ってしまいそう。
ベッテルがチャンピオンになるのは良いんだけど、出来ればシーズン終盤までもつれて欲しい。

ここでしか見られないF1ナイトレース。
決勝レースは日本時間で9月22日21時から。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2384

コメントする