31.01.14

MERCEDES AMG F1 W05

mercedes_f1_w05.jpg

先だけ細く垂れたノーズじゃなく、フェラーリと同じような、幅広のままフニャッと垂れ下がるノーズを採用したメルセデスの新型車W05。
ノーズ自体は結構悪くない感じにまとめてあるように見えるので、目立つのが先端じゃなく、サスアームの前方に飛び出したバニーイヤー。
なんとなく、2008年頃のF1を思い出す形。

ノーズ以外では、車体後半部がかなり絞り込まれているように見えて、この辺りは結構頑張ってコンパクトにまとめている感じ。

ヘレスでのテストでは、いきなりフロントウィング脱落でクラッシュも喫したけれど、その後は比較的順調そう。

今年は予選だけ速いイメージを払拭して、しっかりとチャンピオン争いに加わる事が出来るのかどうなのか。

30.01.14

Red Bull RB10

redbull_rb10.jpg

チャンピオン、レッドブルの2014年新型車RB10。
これは、他のチームのクルマに比べるとだいぶ良い。
さすがニューウェイ。
当然、ノーズ先端は細く突き出しているけれど、目立たないような処理にしつつ、違和感も少ない。
格好良いとは言えないかもしれないけれど、レギュレーションの枠の中でなんとか頑張って仕上げた感がある。

サイドポッドなんかの絞り込みもなかなかだし、今のところは一番速そうに見えるかな。

でも、始まったヘレステストでは初日3周しか出来ず。
まぁ、今回はかなりトラブルに悩まされているチームも多く、新しいレギュレーションに変わった事で、どこも苦労しているみたい。

29.01.14

Toro Rosso STR9

tororosso_str9.jpg

今シーズンの新型車、ノーズ先端の形状はやっぱりこの形が主流になるのか。
アリクイだか、エイリアンだか知らないが、トロ・ロッソの2014年新型、STR9も先端が細く垂れ下がったノーズ形状を採用。
格好悪いが、最早そういうレギュレーションなんだから仕方無い。

ノーズにばかり目が行ってしまうが、車体後半は結構コンパクトに絞り込んでるように見える。
今年はパワーソースをフェラーリからルノーへ変更。
もしかしたら、ルノーのパワーユニットはコンパクトに仕上がっているのかもしれない。
補機類も含めて。

ドライバーもダニール・クビアトが新たに加入。
トップを争うのは難しいかもしれないけれど、中段争いで面白いレースを見せてほしいところ。

28.01.14

Sauber C33-Ferrari

sauber_c33.jpg

ザウバーも2014年新型車を公開。
C33、車体のカラーリングのおかげもあって、これまで発表された2014年型のF1のなかではなかなか格好良く見える。
ノーズも変な感じには見えないけれど・・・、やっぱりよく見ると先端はだいぶ細くなっているっぽい。
やっぱり格好悪く見えるというのは作ってる側も自覚しているんだろう。
写真ではノーズ先端の形状がよくわからないようなアングルを狙っているよう。

パッと見は、ちょっと昔のスラントしたノーズを今時のクルマに組み合わせた感じに見えなくもないんだけど・・・。
やっぱりマクラーレンのようなノーズなのかな。

とりあえず、走り始めたら色々な角度での写真を見てみたい。

27.01.14

1/64 Ferrari F92AT

dydo_ferrari_f92_at.jpg

ふらっと立ち寄ったリサイクルショップみたいなところで300円で売ってたので、迷う事無く購入。

もう10年くらい前、DyDoの缶コーヒーのキャンペーンで、抽選で当たるフェラーリF1のミニカーシリーズ第1弾のもの。
当時かなり欲しくて、飲めないコーヒーを飲んだけれど、一度も当たらなかった記憶がある。

F92A。
まぁ、とにかく、フェラーリF1のなかでも一番好きなモデル。
最高に格好良かったけれど、悲しいくらい走らなかった。

サークルK・サンクス限定のミニカーシリーズの最初のが発売される前か、後か、まぁそんな時期のミニカーだけど、さすが京商、当時からなかなか良い仕事をしてる。
しっかり再現されてるダブルフロアが格好良い。

26.01.14

Ferrari F14 T

ferrari_f14_t.jpg

フェラーリも2014年新型車を発表。
投票の結果F14 Tと名付けられたクルマは、マクラーレンとも、ロータスとも違うノーズ形状を採用。
なんかグニャグニャしたクルマだなぁというのが、個人的な第一印象。
ノーズもそうなんだけど、リアエンドを黒く塗り分けた境目の線もグニャグニャして見える。

車体下面に大量の空気流を導くという面では、空力的にこの形状はn不利なんじゃないかと思えるけれど・・・。

まぁ、でも、こうやってレギュレーションが大きく変わると、その中での最高の答えを導きだすための手法が色々と違って面白い。
さて、どの形状が正解なのか。

クルマの先端なので、テスト中や、シーズン開幕後に形状が大きく変わるチームも出てきそうだな。

25.01.14

Lotus E22

lotus_e22.jpg

続々発表される2014年の新型車。
どのチームも細く垂れ下がったノーズ先端を採用してくるのかなと思ってたら、ロータスはちょっと違う回答。

E22のノーズは、真ん中が短く、左右両端だけ低く下がっていくよう延長されたようなノーズ。
セイウチノーズと呼ばれたウィリアムズFW26を思い出す形状。

横から見た時にはこっちの方が違和感無くて、まだ良い感じかな。

よーく見ると、なんとなく右の方が長い気がするんだけど、どうなんだろ?
なんか意図があるのかな?
それとも目の錯覚か。

ウィリアムズFW26は大失敗に終わったけれど、ロータスE22はどうか。
代表のブーリエが離脱し、かなり不安を感じる体制のロータス。
去年成長を見せたとはいえ、グロージャンとマルドナドというクルマを壊す可能性の高そうな2人のドライバー。
当たればそれなり活躍しそうだけど。

24.01.14

McLaren Mercedes MP4-29

mcLaren_mercedes_mp4_29.jpg

フォース・インディアに続いてマクラーレン。
噂されたメインスポンサーのロゴは見当たらず、オレンジの車体でもなく、これまで通り銀色でツヤツヤなMP4-29。

フロントノーズは今年の定番になりそうな、アリクイとか、エイリアンとか呼ばれる、先端のみ細く垂れ下がった形状。
これ、ホントに格好悪いと思うけれど、レギュレーション通りに作るとこうなるんなら仕方無い・・・。
せめて来年からはこんなノーズ形状にならないレギュレーションにしてほしい。

写真を見て気になったポイントは、フロントサス。
どうも、1年でフロントプルロッドは諦めてしまったらしい。
低いノーズの方がプルロッドは使いやすそうにも思うけれど、あんまりメリットは無いと判断されたのかな。

それと、やっぱりリアセクションのボリューム。
エンジンと、ターボと、電気関係のシステムがやっぱりそれなりの大きさなんだろうなと感じられる。

なんか、今年のクルマは見た目では評価し辛いかも。
レギュレーションは大きく変わったし、どうしても格好悪いノーズに目が行ってしまうし。
とりあえずは、走り出して、それからかなぁ。

23.01.14

Force India VJM07

force_india_vjm07.jpg

2014年シーズン新型車お披露目第一号はフォース・インディア。
VLM07、まだ真横からの写真が公開されただけだけど、目を引くのはカラーリング。
これまでの白ベースから、黒をベースにしたカラーリングになった。
そこにオレンジと緑が乗っかるのはこれまで通り。
これまでのインドらしいカラーリングから若干違和感有り。
ペレス加入によって、メキシコ企業のスポンサーロゴも入るようになった。

横からだと、先端が低くなった事ぐらいしかわからないけれど、気になるのはノーズの形。
格好悪くなる格好悪くなると言われているからか、先端部分の形状が見えにくい。

さらに気になるエキゾーストやディフューザーの処理なんかもこのアングルじゃあわからない。

早く色んな角度から見れる形で公開して欲しいなぁ。
1月28日からのヘレステストまではこの画像のみかなぁ。

22.01.14

可夢偉は10番

昨日、小林可夢偉のケータハム入りが発表され、正式にF1復帰が決まった時に気になってた、パーマネントナンバー。
今シーズン以降はチームやランキングが変わっても使い続ける番号だけど、小林可夢偉は10番を申請したらしい。

第1希望は4だったものの、すでにチルトンに取られていたため、第2希望の10になったみたい。

10番は2009年にトヨタからF1デビューした時の番号。

チームメイトのエリクソンは9らしく、なんだか可夢偉がセカンドドライバーみたいに見えそうだけど、そこのところは今年から関係無し。

21.01.14

小林可夢偉、ケータハムからF1復帰!

kamui_caterham_f1.jpg

昨日、正式発表があるまでは信じないと書いたところだけど・・・、ようやく来た!
ケータハムが2014年のレースドライバーとして小林可夢偉を起用するという正式発表。
ようやく小林可夢偉のF1復帰が決まった。

最下位の緑のチームからの参戦だけど、小林可夢偉なら最下位チームでも何かやってくれる、・・・・と思う。

そして、それが2015年につながればなお良い。

緑のレーシングスーツ姿が早く見たい。
テストでの初走行が待ち遠しい。
パーマネントナンバーは何番だ?

20.01.14

小林可夢偉のケータハム入りがほぼ確実らしいけれど・・・

kamui_amagasaki_11_1.jpg

イタリアのAutosprintが報じたとか、井上隆智穂氏が呟いたとかで、どうも小林可夢偉がケータハムでF1復帰するのがほぼ確実らしい。
だけど、まだ正式発表は無い。
ちゃんと契約が交わされたとしても覆る事すらあるF1。
少なくとも正式発表があるまではまだ信じられない。

いや、小林可夢偉が復帰するというニュースはホントに嬉しいんだけど、もうちょっと確実な情報が欲しいなぁ。

19.01.14

この警告を見ると、余計に寒い

alfa147ti20130119.jpg

今日は友人宅に行くため、久しぶりに147を走らせたけれど、乗り込んでキーを差し込んだら、やっぱり雪の結晶のアイコン。
雪もチラついていたし、実際寒いんだけど、これを見ると余計に寒く感じる。
温度計によると、1.5度。
寒いな、やっぱり。

大阪は雪が積もる事なんかほとんど無いけど、滑るのはイヤなので、少しゆっくりめに走る。

18.01.14

ハッピーセットにトミカ

happyset_tomica.jpg

1月24日からマクドナルドのハッピーセットのオマケがトミカらしいので、トミカ目当てに久しぶりにハッピーセット買いに行ってみようかと思ったけれど、やっぱり子供向け。
ラインナップは働くクルマばかり。
1台ぐらい、ちょっと速そうなクルマでも混ぜててくれたら良いのに。

ただ、通常のトミカより大きめらしいのと、各車種それぞれギミックが付いてて、動かして遊んだり出来るらしい。
パトカーや救急車のサイレンが光ったり、消防車のハシゴが動いたり、トラックに荷台が動いたり。

地味だけど、フォークリフトがちょっと欲しいかも。

17.01.14

ピレリがF1へのタイヤ供給契約を3年延長

ピレリがF1へのタイヤ供給契約を2014年から2016年までの3年間延長。
すっかり忘れてたけれど、今年のタイヤってどこになるか決まってなかったんだった。
まぁ、実質ピレリが契約を延長する事は決まってたんだろうけれど。

これで、後3年はピレリで安泰。

F1のタイヤについての性能や耐久性の事は置いといて、ピレリっていうメーカー自体は結構好き。
なので、ピレリのF1継続はちょっと嬉しい。
自分のクルマのタイヤがF1でも使われてるのと同じメーカーのヤツだって思えるところもポイント。

今年はエンジン含め、大きくレギュレーションが変わるので、タイヤは安定志向になるんじゃないかと言われている。
これで、全開で攻められないとか、すぐに磨耗するとか言われないようになれば良いけれど。

ピレリに改善して欲しい点は、耐久性というよりは、タイヤカスの多さかな。
レース終盤、タイヤカスだらけで、ラインを外してオーバーテイクするのも躊躇するような状況はどうかと思うので。

16.01.14

VOTE FOR THE NAME

vote_the_name.jpg

フェラーリが2014年のF1を戦う新しいクルマの名前決めるため、投票を受付中。
候補は、"F14 T"、"F14 MARANELLO"、"F14 SCUDERIA"、"F166 TURBO"、"F616"、の5つ。
投票の結果は1月24日に発表されるらしい。

どうも、今のところ優勢なのは"F14 T"と"F166 TURBO"。

個人的にはフェラーリF1の名称は、参戦した年度から取るより、排気量やシリンダー数に由来する方が好き。
なので、"F166 TURBO"か、"F616"が良いなぁ。
希望を言うと、ターボと付いてない"F166"というのが良い気がするが、"F616"に投票しようかな。
・・・なんか一番人気無いけど。

15.01.14

週刊"日産フェアレディZ"

基本的に、週刊で何か作る系は買わないと決めてるんだけど、今日本屋で見かけて、つい手に取ってしまい、今回の部品のボンネットを見てちょっと買いそうになった。

・・・1/8スケールってかなり良いなぁ。

Zのボンネットがちょっと重量感あって良い感じ。
作り上げたらかなり満足度高そう。

まぁ、買わなかったけれど、

最終的に何号まで発売されるんだろ?
創刊号は790円。
2号目以降は税抜き1705円。

14.01.14

ルノー ルーテシア レンタカーキャンペーン

2014年1月17日(金)から10月31日(金)の間で、オリックスレンタカーでルノー ルーテシアが借りられる"ルノー ルーテシア レンタカーキャンペーン"が実施されるらしい。

ルーテシアはどんな感じなのかちょっと乗ってみたい気がするので、試乗よりじっくり乗れそうなレンタカーは気になるんだけど、値段も平日24時間だと50%オフの5,775円だったり、ルノーのディーラーでクーポンを貰うと、さらに1000円安くなったりと、結構特典色々。

さらに、レンタカー利用でミニカーが貰える特典まであるみたいで、ミニカー欲しさに利用してしまいかねない。

で、INVITATIONカードなるものも貰えるらしく、それを持って、これまたルノーのディーラーに行くとまたまた何か貰えるらしい。

まぁ、レンタカーに乗って興味持ってもらって、ディーラーに来てもらって、クルマ買ってもらおうという流れのキャンペーンなんだろうけれど、レンタカーでちょっと変わったクルマが借りられるというのはそれだけで嬉しいかも。

13.01.14

Final Race - 2014 Felipe Massa's karting event

マッサが毎年シーズンオフにカート大会を開いているのは知っていたけれど、実際のレースの模様は初めて見た。
なんか、みんな結構本気。
結構激しいバトルを繰り広げているし、接触有り、クラッシュ有り。

そして、リウッツィが優勝。
マッサ3位表彰台。

リウッツィは余裕の圧勝。
F1ではパッとしなかったけれど、なんか速い時は速いんだろうな、この人。

なかなか良いイベント開催してるなぁ、マッサ。

12.01.14

決まってないのはケータハムだけかぁ・・・

suzuka_13_fp_cp_01.jpg

発表された2014年F1のエントリーリストによると、現状でドライバーが決まっていないのはケータハムだけ。
マルシャもチルトンの残留を正式発表したし。

2013年最下位チームのドライバー、通常であればそれ程気になるという事は無いんだけど、小林可夢偉がその有力候補と言われているだけに、その動向がすっごく気になる。
目にするのは結構良い情報ばかりなんだけど・・・、どうなんだろ。
最下位チームだろうがなんだろうが、是非とも復帰して欲しい。

11.01.14

2014年からのF1ドライバーの固定ナンバー発表

fia_logo_091213.jpg

2014年から採用されたF1ドライバーの固定ナンバー。
現時点でのエントリーリストとともに、固定ナンバーも発表された。

1 Sebastian Vettel, Red Bull
3 Daniel Ricciardo, Red Bull
44 Lewis Hamilton, Mercedes
6 Nico Rosberg, Mercedes
14 Fernando Alonso, Ferrari
7 Kimi Raikkonen, Ferrari
8 Romain Grosjean, Lotus
13 Pastor Maldonado, Lotus
22 Jenson Button, McLaren
20 Kevin Magnussen, McLaren
27 Nico Hulkenberg, Force India
11 Sergio Perez, Force India
99 Adrian Sutil, Sauber
21 Esteban Gutierrez, Sauber
25 Jean-Eric Vergne, Toro Rosso
26 Daniil Kvyat, Toro Rosso
19 Felipe Massa, Williams
77 Valtteri Bottas, Williams
17 Jules Bianchi, Marussia
TBA Max Chilton, Marussia
TBA, Caterham
TBA, Caterham

チャンピオンのベッテルはナンバー1。
ただし、チャンピオンじゃなくなったら5になるらしい。

ヒュルケンベルグが27。
そのナンバーを取ったからには、いずれはフェラーリに乗ってもらわないと。

あちらでは不吉とされる13を選んだのはマルドナド。

チーム内でのナンバーがバラバラなので、一覧で見ると若干わかりにくいけれど、すぐ慣れるかな。

10.01.14

ようやく初GT6

発売日に買ったものの、なかなか暇が無くて全く手を付けてなかったPS3のGRAN TURISMO 6
ようやく初めて起動。
相変わらずオープニングムービーからして良い感じ。

ステアリングじゃなく、普通のコントローラーで遊んだけれど、なかなか楽しい。
最初のクルマぐらい好きに買わせて欲しいが、まぁいい。
何となく、色々易しくなっているような印象。

とりあえず、国内B級ライセンスまでは取得。
ちゃんと全部ゴールドにしたら、プレゼントカーでMiToが貰えたので、ちょっと嬉しい。
折角だし、しばらく主力はMiToで行こう。

次は是非ともステアリングコントローラーを引っ張りだして遊びたい。

09.01.14

F1速報 2014 新年情報号

f1sokuho_2014_newyearnews.jpg

2014年最初のF1速報、2014 新年情報号。
綴じ込み付録の"MULTI 21"カレンダーがちょっと良い感じだけど、特集はフェラーリ。
まぁ、アロンソとライコネンとチャンピオン2人を揃えたドライバーラインナップ。
今年のフェラーリは勝っても負けても面白くないワケが無い。
上手くいくのかどうなのか、結構気になるところなので、この特集はなかなか面白い。

他にも心配なシューマッハの記事や、可夢偉の復帰の可能性についても。

まだ1月だけど、2014年の新型車が発表され始めるのももう少し。
早く始まらないかなー、今年のF1。

08.01.14

今度はFerrari Minicar Collection 9 NEO

kyosho_ferrari_9_neo.jpg

お馴染みの、サークルK・サンクス限定、京商の1/64ミニカーコレクション。
次はどうやら、先日発売されたばかりのフェラーリ・ミニカーコレクション9の色違いバージョン、フェラーリ・ミニカーコレクション9NEO。

前回の8と同じで、色違いが追加だけど、前回少し間を空けての発売だったのに対して、今度は間髪入れずにNEOが追加。
フェラーリの時はやっぱり売れるんだろうなぁ、メーカーもこれで稼いでおこうという感じなんだろう。

2014年2月4日発売予定。

フェラーリ・ミニカーコレクション9の方もまだ全車種揃ってないので、買っちゃうんだろうなぁ。
とりあえず、F12が欲しい。

07.01.14

トミカも値上げ

tomica_aventador.jpg

トミカ、気になる車種ぐらいしか買わないので、あまり持っていないけれど、2月1日から値上げするらしい。
生産国における人件費の上昇や原材料の高騰を内部努力で吸収しきれなくなったらしい。

京商の1/64ミニカーはいつの間にか徐々に値上げされていってるけれど、ミニカーの生産コストってどんどん上がってるんだろうなぁ。

しかし、単品モデル1台90円の値上げ。
一応、トミカって子供向けミニカーのはずなんで、子供がお小遣いで買うとしたら90円アップって結構痛い気がしないでもない。
ミニカー買う子が減らなければいいけどなぁ。

06.01.14

ぶつからない!?ミニカー IMPREZA

eyesight_impreza.jpg

先日入手したぶつからないミニカーのスバルのXV HYBRIDに続き、アイサイト搭載ミニカーをもう1台入手。
今度はインプレッサ。

こちらも、何か前方に障害物があると、スッと止まる電動ミニカー。
XV HYBRIDはヘッドライトとブレーキランプが点灯したけれど、インプレッサはライト関連のギミックは無し。
ヘッドライトは点かないけれど、前方の障害物はちゃんと認識して止まる。

一応、2台同時に走らせてみたけれど、斜めだとぶつかってしまう・・・。
まぁ、あくまで運転支援システムなので・・・。

05.01.14

サークルKサンクス&KYOSHOミニカーシリーズ発売10周年記念モデル

kyosho_10_ferrari_lf.jpg

12/31、大晦日に発売されたサークルKサンクス&KYOSHOミニカーシリーズ発売10周年記念モデルのLa Ferrari2台セット。
マットブラックと、レッドメタリックのスペシャルカラーで、通常バージョンと違って、シートが赤だったり、ミラー面が塗装されたりという特別バージョン。

無事サンクスで発見し、購入。

フェラーリ ミニカーコレクション 9でLa Ferrariは入手済みだけど、赤いモデルも欲しかったので、確実に色がわかるこれは丁度良い。

レッドメタリックはギラギラしててなかなかの格好良さ。
マットブラックの方も、ホイールまでマットブラックだったり、ルーフはツヤがあったりと、細かいところまで拘りが感じられる仕上がり。
普通のモデルよりはちょっと高いけれど、これはなかなか良い感じ。

04.01.14

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.62 Ferrari 312 F1-66 Lodovico Scarfiotti

ferrari_312_f1_66.jpg

アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"改め、"公式フェラーリF1&レーシングコレクション"。
61号に続いて、62号もF1。
モンツァを制した最後のイタリア人、スカルフィオッティの312 F1-66。

312 F1はすでに67年のモデル68年のモデルはラインナップ済みで、今回は312F1シリーズ最初のモデルの66年のモデル。
後に続く2台に比べて、ウィングが無かったりと、最初のモデルだけあってシンプルな印象。
67年のモデル同様、車体後半部のメカメカした感じがなかなか良い。

03.01.14

2014CALENDAR

alfa_4c_calendar.jpg

いつもお世話になっているディーラーから届いていたカレンダー。
今年は、やっぱり4C。
2014年と、4Cが微妙に掛けてある。

しかし、上からでも、前からでも格好良いな、4C。

今年、2014年には、日本でも実車が見られるのかな?
本当に早く実物が見てみたいクルマ。

02.01.14

Aston Martin LMP1 & Dodge Viper SRT10

aston_lmp1.jpg

大晦日に届いたちょっと嬉しいプレゼント。
いつも、ブログにコメントをいただいたりしているThink147さんから京商の1/64ミニカー、Aston Martin LMP1とDodge Viper SRT10が届いた。

どっちも格好良いが、Aston Martin LMP1はアストンマーティン ミニカーコレクションでいくつか買ったものの入手出来なかった、一番欲しかったモデルなので、かなり嬉しい。
水色とオレンジのGulfカラーがたまらない。

Dodge Viperも結構好きなクルマ。
黒いボディカラーはなかなか迫力あって良い感じ。

01.01.14

あけましておめでとうございます

newyear2014_ferrari.jpg

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年、2014年は午年という事で、やっぱりフェラーリ。
鈴鹿で撮ったF138で。

今年が皆様にとって良い年でありますように。