28.02.14

Formula 1 on ZUME 終了

f1_on_zume.jpg

去年のハンガリーGPから始まったF1中継がタブレットやPCで視聴出来るサービス、Formula 1 on ZUME。
今年はいつから始まるのかなと思っていたら・・・、まさかのサービス終了。

去年はシーズン後半結構これで観る事が多かったので、今年も契約しようかと思っていたのに。

フジテレビのインターネット有料チャンネル、フジテレビNEXTsmartは月額1200円(税抜き)と、F1観るだけって考えるとちょっと高い。

今年は大人しくTVで観ようか。

鈴鹿でも手元でレース映像を見る事が出来て便利だったんだけどなぁ。

27.02.14

ヴィルヌーヴがインディ500に復帰!

jv_indy500_14.jpg

元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴが今年のインディ500に参戦するらしい。
元々F1参戦前は当時のCARTのチャンピオンでもあるし、インディ500も制しているので、復帰という形。

現在42歳。
ドライバーとしては結構な高齢になるけれど、41歳でF1復帰したシューマッハ以上の活躍が出来るかどうか。

まぁ、でも、ジャックのダボダボのレーシングスーツ姿をもう1回見たい気はするなぁ。

あと、ヘルメットのカラーリングが結構好き。

インディ500で周囲を驚かすような走りを見せてほしいところ。

26.02.14

スメドレーもウィリアムズへ

suzuka_f1_2013_fm.jpg

2010年のドイツGPでの「OK, so, Fernando, is, faster, than, you. Can you confirm you understood that message?」、それに続く「Good lad. Just stick with it now. Sorry.」という無線が有名なフェラーリでのマッサのレースエンジニア、ロブ・スメドレー。
どうやら、マッサを追ってウィリアムズ入りするらしい。
ただ、ウィリアムズでの役職はレースエンジニアではなく、ヘッド・オブ・ビークルパフォーマンスという新しいポジション。
またマッサのレースエンジニアをするのかと思ったけれど、そうじゃないらしい。

マッサとの関係は相当深かったように思えるので、スメドレー加入はウィリアムズでのマッサのパフォーマンスにも好影響を与えそう。
結構こういう部分が影響しそうなドライバーだし。

25.02.14

BUONA FORTUNA FESTA

buona_furtuna_festa.jpg

今週末、アルファロメオはBUONA FORTUNA FESTAというキャンペーンを開催するらしい。
限定モデルのラインナップや、お得なプラン、それに来場者への抽選プレゼントなんかもあるらしい。

久しぶりにディーラーに行こうかな。
コーヒー飲まないが、エスプレッソマシンが欲しい気がする。

行くなら行くで、オイル交換でもしたいところだけど・・・、それにはまだ早いか。

24.02.14

Maisto 2014 Corvette Stingray

maisto_corvette_stingray.jpg

たまに買物に行くコストコ。
コストコに行く時の密かな楽しみの1つが、Maistoの1/18スケールのミニカーが1500円ぐらいで売ってたりする事。
そんなコストコで、今回見つけたのはコルベットの2014年モデル。

Maistoの1/18、結構ラインナップはあるハズなのに、コストコだからなのか、店頭に並んでいたのはアメリカっぽいクルマばかり。
バイパーともちょっと迷ったけれど、最新モデルという事で、黒いメタリックなボディのコルベット・スティングレイ。

1500円ぐらいで買った事を考えると、なかなかの出来。
フロントタイヤはステアリングと連動して可動。
ボンネット、ドア、リアハッチも開閉可能。
C7型のコルベット、なかなか格好良い。

23.02.14

最近の燃費

alfa147ti_140223.jpg

基本、燃費というヤツをほとんど気にせず走っているので、滅多に見ない燃費計。
147買った当時は、色んな表示がされるのがちょっと嬉しくて、ディスプレイの表示をちょくちょく切り替えて見てた気がするんだけど、最近はもう全然。
で、不意に思い立って、最近の燃費を見てみる。

8.8km/L。

まぁ、悪くない。
以前は結構7km台だった気がするので、最近は乗り方が大人しくなっちゃってるんだろうな・・・。
たまにはもっと回そう。

22.02.14

バトンおめでとう

suzuka_13_fp_jb_01.jpg

ジェンソン・バトンが道端ジェシカと婚約したそう。
ずっと付き合ってるイメージがあって、結婚とかはしなさそうな感じがしてたんだけど、とうとう婚約。
まぁ、とりあえず、おめでとう。

お父さんが亡くなった影響とかもあるのかな?
もしくは、来年からマクラーレンがホンダエンジンを搭載する事に対するなんらかの布石か?

21.02.14

ラッシュ/プライドと友情

仕事帰りに、久しぶりに映画を観てきた。
"ラッシュ/プライドと友情"。
1976年のチャンピオン争いを中心に、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を描いたF1映画。

まぁ、とにかく良かった。

F1好き、クルマ好きには堪らない。

冒頭のF3のレースから早速、エキゾーストノートとレースシーンの描写、往年のレーシングカーの姿にやられる。

1976年のF1は生まれる前だから良く知らない。
だけど、ラウダの事故、そこからの復帰、最終戦富士でハントが逆転してのタイトル獲得という、シーズンの概要はF1の歴史の中でもよく語られる話だけに、大体は知っている。
それを、映画とはいえ、実際にそのシーズンを観てたかのように体験出来たように思う。

まぁ、結果は知っているんだけど、知っているからこそラウダがニュルブルクリンクで事故に向かっていく様子が重く響くし、知っていても富士でのハントの追い上げにハラハラしてしまう。

格好良過ぎるな。
ラウダも、ハントも、出てくるクルマも。

20.02.14

KAMUI KOBAYASHI KAMUI TV Vol.05

KAMUI TVのVol.5。
今回は、バーレーン合同テストに向けた意気込みと、可夢偉への質問受付方法との事。

なんでも、コメント欄に質問を書いたら、小林可夢偉が答えてくれるらしい。
答えられる質問と答えられない質問があるという事だけど、出来る限り答えてくれるみたいなので、色々な事を聞いてみたいところ。

どうも現在ルノーエンジン勢には厳しい状況。
開幕までになんとか出来るのかどうなのか。
バーレーンのテストではしっかり距離を稼いで有益なテストにしてもらいたい。

19.02.14

BMW Z4 Challenge

bmw_z4_challenge.jpg

PS3のGT6上で、実際のBMW Z4 GT3と競うタイムトライアルイベント。

2014年からSUPER GTに参戦する、BMW Sports Trophy Team StudieのBMW Z4 GT3 MY14が3月6日に行うシェイクダウンで初めて周回する際のタイムを、GT6内の富士スピードウェイでのタイムで上回る事が出来れば予選通過。

予選を通過したら本戦への出場権が得られ、そこでの上位10名はSUPER GTの第2戦特設ステージで、アジア8カ国のメンバーで行われるチャンピオンシップの参加権利が得られるそう。

そこで優勝すると、2014年6月にイスタンブールで開催されるサーキットイベント"M Power Experience 2014"に招待されるらしい。

とりあえず参加すればゲーム内でBMW M4 クーペが貰えるらしいし、まぁ、面白そうなので、ちょっと挑んではみたいところ。

18.02.14

ドーナツターン条件付きで

suzuka_f1_2011_sv_03.jpg

2013年のインドGPで4年連続のタイトルを決めた歓びから、ベッテルがホームストレートで披露してペナルティをもらったドーナツターン。
その後はドーナツターンをしてもお咎め無しだったけれど、2014年はそのドーナツターンに関して、キッチリとレギュレーションで明文化される事になったみたい。

これまで、レギュレーション第43.3条に「ドライバーはサーキットから直接パルクフェルメに向かわなければならない」とあったけれど、「安全に行い、他のドライバーやオフィシャルを危険にさらさない事」、「マシンの合法性に疑問がない事」、「表彰式を遅らせない事」を条件に、優勝ドライバーはパルクフェルメに戻る前に「優勝祝いの行為を行うことが出来る」という条文になったらしい。

そこまでレギュレーションに書かなくても良いんじゃないかなとも思うけれど、まぁ、これで優勝ドライバーは堂々と優勝パフォーマンスを披露出来るという事か。

ベッテルのペナルティも、ドーナツターンをした事がダメなんじゃなく、直接パルクフェルメに戻らなかった事がダメだったみたいではあるけれど。

17.02.14

フジテレビNEXTsmart

suzuka_1st_corner_2013.jpg

フジテレビが、日本初の24時間総合編成インターネット有料チャンネル"フジテレビNEXTsmart"というサービスを3月14日から開始する事を発表したそうで、これによってF1中継がインターネット環境でも楽しめるようになるみたい。
基本はフジテレビNEXT同じ内容での24時間ライブストリーミング。

気になる視聴料は月額1200円(税抜き)。

うーん、F1をPCやスマホで見るだけの値段として考えると高いな。
すでにフジテレビNEXTでF1を見るためにお金払ってるので、それにプラス1200円はちょっと厳しい。

去年後半から始まったFormula 1 on ZUMEに関しては、今年はどうなんだろ?
去年の終盤は結構これで見ていたんだけど。
多分F1を見るだけが目的で、価格だけ考えたらZUMEで良さそうな気がする。
放送内容的にはフジテレビNEXTの方が良いだろうけれど。

16.02.14

日が当たってると暖かい

alfa147ti_20140216.jpg

最近寒いなぁと思いつつ、147に乗り込むとまだエンジンもかけてないのに暖かい。
温度計の表示は24度。
それも、外の気温のハズだけど。
日が当たってると寒い日でもクルマの中は案外暖かいのに改めて気付く。

ここのところ雪が降ったり、やたら寒かったり。
そろそろ暖かくなってほしいなぁ。

15.02.14

アフィリエイトドライバーってなんだ?

sauber_simona.jpg

ザウバーが、女性ドライバーのシモーナ・デ・シルベストロと、アフィリエイトドライバーとして契約した事を発表。
・・・なんだ、アフィリエイトドライバーって。

ザウバー所属のドライバーとしてF1のスーパーライセンス獲得と2015年のF1デビューを目指し、チームのプログラムに参加するとの事だけど、テストやリザーブドライバーというワケでもないらしい。

一応、アメリカのインディカー・シリーズで表彰台獲得経験もある、ちゃんと実績あるドライバー。
それでも、2015年のF1デビューを目指してって・・・、何か新しい形でのドライバー育成でも考えてるのかな?
それとも、この契約によって何らかのスポンサーでも付くのかな・・・。

14.02.14

マルティニカラーのウィリアムズは見てみたい

kyosho_alfa3_155_v6_ti.jpg

何やら、グッズ販売サイトに画像が掲載されてしまったとかで、イタリアの飲料大手マルティニがウィリアムズのタイトルスポンサーになるという噂が出てる。

今現在はスポンサーも無く、紺色のカラーリングで走っているウィリアムズ。

それがマルティニカラーになるのなら、結構見てみたい気はする。
マルティニのあのカラーリングにはモータースポーツのイメージがあるし。

写真はF1じゃなく、155 V6 TIのミニカーだけど。

13.02.14

hachette 公式フェラーリF1コレクション vol.64 Ferrari F300 Michael Schumacher

ferrari_f300.jpg

一応、ちゃんとF1の時は買い続けてる、アシェット・コレクションズ・ジャパンから発売の分冊百科、"公式フェラーリF1コレクション"改め、"公式フェラーリF1&レーシングコレクション"。
64号はミハエル・シューマッハと共に1998年を戦ったF300。
グルーブドタイヤになって、車体も規定で横幅が狭くなった年。
なんか、当時は細長いクルマを見て、残念な印象だった記憶があるなぁ。
前年に続き、この年もタイトルには届かず、ランキング2位。

上方排気になっているので、スペインGP以降の仕様かな。
出来はまぁ普通だけど、オンボードカメラとか、ミラーとかがやけに外に向かって上向きなのが気になる。

12.02.14

小林可夢偉/KAMUI KOBAYASHI KAMUI TV Vol.04

ケータハムでのF1復帰が決まって以来、小林可夢偉が定期的に公開しているYouTubeでの動画、KAMUI TV。
ケータハム入り発表の動画や、ヘルメットのカラーリングに関する動画なんかがこれまでに公開されているけれど、Vol.04はケータハムF1チームファクトリーで行われたドライバー発表の­舞台裏。
普通はなかなか見る事が出来ない、F1ドライバーが契約書にサインするところまで収録。

こういうところのサインも、グッズに書いたりするサインと同じなんだ。

こういうのを随時公開してくれるのはなかなか面白い。
シーズンが始まっても色々な情報を公開してくれるのかな?

11.02.14

F1速報 2014 NEWマシン情報号

f1sokuho_2014_newcarlaunch.jpg

小林可夢偉の緑色な表紙に釣られて、F1速報 2014 NEWマシン情報号。
今年の新しいクルマも当然気になる。

やっぱり小林可夢偉が居るのと居ないのとでは、開幕に向けてのワクワクする感じが全然違う。
例え、最下位チームからの復帰だったとしても、インタビューを読む限りはかなり前向きだし、モチベーションも高そう。
そして、今年は必ず結果を出さないと後が無いとも。

まだ買ったばかりなので、各チームの新車解説はこれから読むけれど・・・、やっぱりクルマが格好悪いっていうのはどうしようもないなぁ・・・。
パワーユニットが新しくなっているというあたりなんかは、凄く興味深い部分ではあるんだけど。

10.02.14

洗車(下回り)

alfa147ti_140210.jpg

若干白っぽい路面の高速道路を走ったら、やっぱり気になるので下回りをざっと洗っておく事にした。
錆びるのイヤだし。

と言っても、出来る事は洗車場の高圧洗浄機で車体下面に向けてザァーっと水をかけるぐらい。
何もしないよりはマシなハズ。

そして、あまりに水が冷たいので、それ以外はざっとだけ。
それ程汚れてる感じでもなかったし。

写真見ると、ホイールが全然汚いな・・・。
もうちょっとちゃんと洗っておけば良かった。

09.02.14

久しぶりに147で

alfa147ti_140209.jpg

昨日は少し積もっていた雪もすっかり消滅。
天気も良いし、久しぶりに147を走らせる。

少し前に洗浄する系のガソリン添加剤を入れたので、ちょっと高回転まで回したりしつつ、高速道路も走ってみる。
意味があるのかどうか知らないけれど、何となく高回転まで回した方が、添加剤で綺麗になってくれるようなイメージがある。

高速道路、何となく路面が白っぽかったような気がするんだけど、凍結防止剤とか撒いてあったのかな。
だとしたらイヤだなぁ。
近いうちに下回り洗っとこう。

08.02.14

147の上にも雪

alfa147ti_snow_140208.jpg

前夜の時点では大雪になるなんて言われていたので、朝起きたら雨で拍子抜けしたけれど、それでもクルマの上には雪が積もってた。

仕事に行く前に見てみると、147の上にも少し積もってた雪。
改めて写真を見ると、雪の重みでアンテナが結構グニャッと曲がってるな・・・。
折れてないか、若干心配になる。

関東は本当に大雪らしいけれど、大阪は夜になるともう雪もなんにも無くなってた。
たまにはもうちょっと雪が積もったりしても良いのになぁ。

07.02.14

KYOSHO 1/64スケール 鈴鹿レジェンドコレクション Vol.5

kyosho_suzuka_5.jpg

これまでVol.4まで発売されてきた鈴鹿サーキットとサークルK・サンクス限定、京商の1/64スケール鈴鹿レジェンドコレクション。
今度、第5弾が3月発売。

今回は2009年、2010年、2011年、2012年の優勝車という、ほぼ最新のクルマばかり。
2009年・レッドブル RB5 S.ベッテル、2010年・レッドブル RB6 S.ベッテル、2011年・マクラーレン MP4-26 J.バトン、2012年・レッドブル RB8 S.ベッテル。
レッドブルは他の京商1/64ミニカー含めても初。
これはなかなか良いコレクション。

買おう。

これまでの4つも買ってるし。

鈴鹿サーキットでは3月1日、サークルK・サンクス、カルワザオンラインでは3月4日の発売。
1台1000円。
4車種入りボックスが4000円。

06.02.14

Ferrari Minicar Collection 9 NEO : LaFerrari

ferrari9_neo_lf.jpg

458 Italia GT2 カルワザ限定ver.に続けてのFerrari Minicar Collection 9 NEO通常版。
2つ買ったら2個ともLaFerrari。
格好良いから良いんだけど、そんなにダブってもなぁ・・・。
すでに、最初の黒いヤツと、サークルKサンクス&KYOSHOミニカーシリーズ発売10周年記念モデルのマットブラックとレッドメタリックがあるので、これでLaFerrariばかり5台。

今回は紺色のメタリックと、シルバー。
どちらも塗装が良い感じ。
特にシルバーは、粒子が細かくて、アルミっぽい仕上がりが良い。

組み立ててる時に追ってしまいそうなドアミラーは相変わらずだけど、良く仕上がってるところ。

しかし、F12は手に入らないなぁ・・・。

05.02.14

Ferrari Minicar Collection 9 NEO : 458 Italia GT2 KARUWAZA Ver.

ferrari_458_gt2_karuwaza.jpg

Ferrari Minicar Collection 9に続くFerrari Minicar Collection 9 NEOのカルワザオンライン限定バージョン。
458 Italia GT2 マットホワイト。

いつもカルワザオンライン限定バージョン買おうと思うんだけど、気付いた頃には大体売り切れ。
だけど、今回見た時にはまだ売り切れていなかったので、即購入。

フェラーリで白はそんなに好きじゃないんだけど、元の458 Italia GT2が格好良いのと、マットホワイトのツヤ無し具合がなかなか良い感じ。
ディティールも細かいし、ホイールまでマットホワイトだったり、シートは赤だったりで、色々こだわりも感じられる仕上がり。
マットホワイトという色味も、レーシングカーのベース車両と思えば雰囲気もある。

04.02.14

F1速報PLUS Vol.35 LAUDA VS HUNT

f1sokuho_plus_35.jpg

観に行きたいなと思っている映画"RUSH"。
今回の買ったF1速報プラスはその"RUSH"の特集。

70年代のF1というのは、自分がまだ生まれる前の話。
当然リアルタイムで見ていないので、ニキ・ラウダやジェームス・ハントのエピソードについては、F1を見始めてから得た知識で色々知っている部分はあるにせよ、ハッキリ言ってほとんど知らないと言って良いぐらい。

なので、その70年代がどんな時代だったのかという話は読んでいるだけでかなり面白い。
それに、過去から今までのF1での色々なライバル関係の特集も。

鈴鹿で日本GP前に流れた予告編を見て、これは見たいと思っていたけれど、これを読んでより一層RUSHを観に行きたくなった。
・・・思う壷か。
まぁ良いけど。

RUSH、今週公開かぁ。

03.02.14

Marussia MR03

marussia_mr03.jpg

2013年のコンストラクターズランキング10位。
11位のケータハムで走る小林可夢偉の直接のライバルとなりそうなのがマルシャ。
去年だったか、現行のレギュレーションをそのまんま解釈してクルマを作ると、マルシャになるなんて記事を何処かで見た気がするけれど、今年のMR03もそんな感じで、これといって特徴の無い仕上がり。

ノーズ先端は主流のアリクイ型。
真ん中あたりから直線的に下がっていく低いノーズ形状というのもあって、なんとなく一昔前のF1の姿に見えなくもない。

でも、ケータハムよりはちょっと速そうに見える形。

よっぽどの事がなければ、今年も最下位争いを演じる事になるであろうマルシャ。
でも、毎年徐々に真っ当なF1チームになっていっている気もするので、今年も頑張ってほしいところ。

02.02.14

Williams FW36

williams_fw36.jpg

マクラーレン以上にスポンサーロゴの無さが心配になる、ウィリアムズの2014年型、FW36。
紺色の車体はなかなか格好良いけれど、やっぱりアリクイみたいな、先だけ細いノーズ。

ちょっとウネウネした車体後半部。
ここ数年のウィリアムズの特徴となっている小型ギアボックスが生み出す、低くスッキリした後端部がポイントかな。

テストでもなかなかの周回数をこなし、マッサがトップタイムをマークする等、クルマの出来は悪く無さそう。

ここ数年低迷しているウィリアムズだけど、レギュレーションが大きく変わる今年、久しぶりに好成績が期待出来るかどうか。

01.02.14

Caterham CT05

caterham_ct05.jpg

2014年シーズン、復帰する小林可夢偉が駆るケータハムの新型がCT05。
注目されるフロントノーズ先端の処理は段付き。
これまでのようなノーズ途中でスパッと終わって、その先に細いノーズが付いてるような形状。
しかも、ノーズ中程にも微妙な段差有り。

何となく、取って付けた感が嫌いではないんだけど、このクルマ作りが大雑把にも見える。
サイドポッドも大きく、後端は全然絞り込まれていないし、面の構成も比較的単純に見える。
レギュレーションの枠通りに線を引いたら、大体こんな感じになりましたというような形。

ちゃんと空力考えてるのかなぁ?

初日はトラブルからなかなか発表も出来なかったケータハム。
その後は順調みたい。
今年は最下位脱出なるか。
小林可夢偉が乗るので、予想以上に活躍を期待したい。