05.03.14

鈴鹿レジェンドコレクション Vol.5 Red Bull Racing RB5

redbull_rb5_kyosho.jpg

鈴鹿サーキットとサークルK・サンクス限定、京商の1/64スケール鈴鹿レジェンドコレクション、第5弾。
2009年から2012年までの鈴鹿・F1日本グランプリウィナー4車種。

まずは2009年のRed Bull Racing RB5。

大幅にレギュレーションが変更された年で、大きくなったフロントウィングと、狭くなったリアウィング、スリックタイヤの復活が特徴。
その後のトレンドとなる、プルロッド式のリアサスもこのクルマから。

シーズン序盤にリードを築いたブラウンGPにタイトルは持って行かれたけれど、シーズン後半は間違い無くこのRB5が最速だった。

このサイズでこの出来はなかなか。
ただ、中国の生産ラインのクオリティは若干下がってないか?
なんか、フロア右後に変なヘコミがあったり、組み立て精度も若干甘いような・・・。

モデル自体が格好良いので、まぁいいけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2548

コメントする