15.03.14

2014 Rd.1 F1オーストラリアGP 金曜フリー走行

albert_park.jpg

いよいよ2014年のF1も開幕。
最初はオーストラリア、アルバート・パークの金曜日フリー走行から。

初日最速は大方の予想通り、メルセデス。
メルセデスだけが29秒台で、ハミルトンがトップタイム、ロズベルグが2番手。
それに続くのもほぼ予想通りなフェラーリ、アロンソ。
意外というか、やっぱりちゃんと速さを取り戻してきたレッドブル、ベッテルが4番手タイム。

それから、バトン、リチャルド、ライコネンと続き、結局上位はしっかりトップチームが占めている。

ちょっと心配なのは小林可夢偉のケータハム。
トラブルで2人ともほぼ走れずノータイム。
原因はわかっているので、明日までにちゃんと直すという事だけど、これは大きな出遅れ。

まぁ、まだフリー走行なので、各チームの本当の速さはわからないけれど・・・、どちらかというと驚きの結果という感じではないかな。
予選、決勝レースではまた違う感じになるのか、どうなのか。
とにかく、まずは土曜日の予選が楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2558

コメントする