31.03.14

2014 Rd.2 F1マレーシアGP

malgp_14_fin_lh.jpg

2014年F1世界選手権第2戦マレーシアGP。
セパン・インターナショナル・サーキットで行われた決勝レース。
予選は雨に見舞われたウェットコンディションだったけれど、決勝レースは終盤雨粒は落ちてきたものの最後までドライコンディション。

そんな状況なので、しっかり実力を出し切ればやっぱりメルセデスが速い。

ポールポジションからスタートしたハミルトンが圧勝。
さらにロズベルグも2位で、メルセデスが1-2。

3位はスタートで順位を下げたベッテル。

4位は2ストップ戦略を採ったヒュルケンベルグとの争いを制したアロンソ。
5位には他より1回少ないピットストップで順位を上げたヒュルケンベルグ。
6位バトン、7位マッサ、8位ボッタス。
9位にマグヌッセン、10位にクビアトと新人が並んで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

小林可夢偉もほとんど走れないまま迎えた決勝レースという中で13位完走と、今のチーム状況を考えると十分な成果を持ち帰り、レースでも時折素晴らしい走りを見せてくれた。

前戦オーストラリアGPで表彰台に乗ったものの、レース後に失格となったリチャルド。
今回も終盤まで4位を走行していたのに、最後のピットストップでホイールがしっかり装着されていないまま発進。
ピットレーンをスタッフに押し戻されてタイムロス。
さらにアンセーフリリースでペナルティを貰い、さらにはフロントウィングの脱落と、散々なレース。
結局リタイヤを選んだけれど、どうにも流れが悪い。

ウィリアムズに移籍して早々「バルテリは君より速い」なんて、何処かで聞いたような無線を飛ばされたマッサは、その無線を無視。
結局、ボッタス共々前のバトンを抜けず、これは後々遺恨が残りそう。
雨で沈んだものの、ドライだったらもっと追い上げるレースをウィリアムズには期待していたんだけど・・・。

しかし、とにかく、メルセデスが速い。
このまま独走状態というのはちょっと微妙な状況かなぁ。
コーナーではレッドブルも速いので、ルノーのパワーユニットはもうちょっと何とかなれば、もう少し接戦になるんだろうけれど。
ただ、チームメイト同士の争いにはなりそうなので、ドライバーズチャンピオン争いは最後まで楽しめそう。

今度は連戦。
次戦は4月6日に決勝レースが行われるバーレーンGP。
またまたメルセデスか、それとも他チームの巻き返しはあるか。
でも、ヨーロッパに戻るまではそんなに状況も変わらないだろうなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2574

コメントする