21.04.14

2014 Rd.4 F1中国GP

chigp_14_fin_lh.jpg

前日の雨から天候は回復、
曇り空ながらドライコンディションで行われた2014年F1世界選手権第4戦中国GP、決勝レース。
運営側のミスから、1周前にチェッカーフラッグが振られ、レースが2周短縮されてしまうというアクシデントはあったものの、ポールポジションからスタートしたハミルトンが完勝。
3連勝で、今シーズン3勝目。
メルセデスは開幕4連勝。
しかも、全周リードラップで、1度もトップを譲っていない。

2位もロズベルグで、スタートで大きく落とした順位をキッチリと挽回してメルセデスの1-2に。

本当に速いメルセデス。
速い上に、勝ったハミルトンは一番燃料もセーブ出来ているらしい。
付け入る隙が全く見つからないけれど、この後F1がヨーロッパに戻る中で、巻き返してくるチームがあるのかどうなのか。

3位はようやく今シーズンフェラーリに初表彰台をもたらしたアロンソ。
スタートでマッサと接触するも、大事には至らなかった。
これがフェラーリ復調の第一歩となれば良いけれど。

4位はまたチームメイトのワールドチャンピオンを下してリチャルド。
5位に不調からなかなか抜け出せないベッテル。
6位ヒュルケンベルグ、7位ボッタス、8位にこちらも今年のクルマに苦戦中のライコネン。
9位ペレス、10位クビアトまでが入賞、ポイント獲得。

間違って出されたチェッカーフラッグの影響を受けて、唯一順位を下げたのが小林可夢偉。
ファイナルラップでビアンキを抜いて17位に上がったハズが、2周短縮でなかった事に・・・。
まぁ、本人が言うように、これが10位争いとかじゃなくて良かった。
渾身のオーバーテイクの場面もリプレイで見られたし。

これで開幕フライアウェイ4戦が終了。
ヨーロッパに戻っての次戦スペインGPまで少し時間が空くF1。
各チームのファクトリーから近くなるという事もあるし、次戦では多くの改良パーツが投入されるハズ。
このままメルセデス独走するのをレッドブルやフェラーリが放っておけるハズもない。
次のアップデートでキッチリと差を詰めてくれる事を期待。

スペインGPは5月11日決勝。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2595

コメントする