29.04.14

ボディカバーが裂けた

alfa147ti_bodycover_2.jpg

雨上がりに、147にボディカバーをかけ、ミラーのところを引っ張ったら裂けた・・・。
微妙に濡れてたし、3年ぐらい使ってて、それなりに劣化してるし、被せる位置を整えようとして若干無理に引っ張ったのがまずかった。

今のボディカバーは2代目。
最初は純正、今使っているのは仲林工業というところのもの

まぁ、ミラーのところなので別に大きな問題は無いのだけれど・・・、見た目はちょっと良くないか。
そろそろやっぱり新しいにした方が良いのかな・・・。
最近はあまり水も弾いていなさそうだし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2603

コメント[4]

こんばんは。

春はやたら車が汚れますね~、風も強いんで洗車しずらいですし。
カバーって3年から4年くらいでモーレツに劣化しだしますよね。
せいぜい5年もてば良いのかなぁ。
破れたところは布ベースのアルミテープなどを貼って修繕すれば
しばらくは持つのではないでしょうか。

No.1371444のporcoさんのコメントへの返信

>porco さん

本当に、数年経つとかなり劣化して弱くなってしまいますね。
表面の質感が新しい時と全然違います。
まだある程度役目は果たしてくれているので、アルミテープなんかで補修して、もうちょっと頑張ってもらいたいですね。
ドアミラーのところなので、そんなに大きな影響は無いので。
しかし、春は本当にクルマが汚れますね。

紫外線や大気の成分によってこれだけ物質が破壊されるのですね。(汗)恐ろしいことです・・・。

カバーがクルマ自体に及ぶ被害を一心に受け止めてくれていると思えば数年でダメになったとしても起これません。
カバーが無ければこの劣化が直接塗装面や樹脂に・・・と考えると、  やはり恐ろしいです。
エリーゼはカバーかけてましたがMiToは野ざらしなんで。。

>porco さん

紫外線はかなり防いでくれていると信じてます。
その代償の劣化なのかなと。
なんとなく、赤いボディカラーは紫外線に弱いイメージがあって、少しでも劣化を抑えようと思って、ずっとボディカバーをかけている感じです。
ボディカバーの劣化具合を見て、それだけのダメージが塗装面に・・・と考えるとちょっと恐ろしいですね。

コメントする