01.05.14

セナ事故死から20年

kyosho_senna_mclaren.jpg

色々なところで追悼イベントが開かれたり、雑誌やTVでも特集されていたりだけど、今日5月1日はアイルトン・セナの命日。
セナが事故死してから、もう20年になるらしい。

当時はまだ中学生だったけれど、夜中に録画したF1を翌朝見てた。
ちょうど連休で、田舎に行くかなんかの朝だった気がするけれど、録画したサンマリノGPを見ると、いつもとは違った雰囲気のフジテレビF1中継。
あの頃ですら、もうレースで簡単に人が死ぬような時代じゃないと思ってた上に、それがまさかアイルトン・セナだったという事で、かなりショックだった。
暗い気分のまま、フェリーに揺られて田舎に向かったのをなんとなく覚えている。

その後急速に安全対策が進められ、当時はなんかクルマが格好悪くなっちゃったなぁなんて思っていたけれど、セナ以来、F1ではレース中にドライバーの事故死は起こっていない。
それなりに危ない場面は度々見るけれど、それだけF1は安全になったって事なんだろう。

もうサンマリノGPもF1のカレンダーの中に無いけれど、その後この時期になると綿毛の舞うイモラの雰囲気も結構好きだったなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/2605

コメントする